1. トップページ
  2. 文月みつかさんのページ

文月みつかさん

すてきな本や物語にたくさん出会って、いろんな作品を楽しく書いていけたら幸せだなと思います。

出没地 100エーカーの森
趣味 読書
職業 作家ですと言えるようになりたい
性別 女性
将来の夢 ポジティブな人間になる
座右の銘 寝る子は育つ

投稿済みの記事一覧

0

魔女とクッキー

19/05/07 コメント:0件 文月みつか 閲覧数:49

 17歳の乙女には花も恥じらうという噂だが、花が恥じらっているのは一度も見たことがない。
 常々、女子力がないと言われてきた。幼少期に遊んだのは人形ではなくブロックやジグソーパズルの類。今でも服と髪型にこだわりなし。化粧はまだ未体験。そんなんだから友人にも何かと話のネタにされる。曰く、ゆらぎは一生彼氏ができない、女を捨てている、男子更衣室に入ってもバレない、将来は進化して男になる、料理もでき・・・

2

あの子の故郷は遠い地の果て

19/04/02 コメント:2件 文月みつか 閲覧数:118

 昼時の学食は食べ物の匂いと学生たちの活気に満ちていた。
 マーニャは「いただきます」と手を合わせ、塗り箸で華麗に醤油ラーメンをすすった。
「いつもラーメンで飽きないの?」
 私が聞くとマーニャは少し首を傾げて答えた。
「今日は少し塩気が強いです」
「つまり毎回微妙に味が違うのを楽しんでいると?」
「はい。ラメンは私が日本にやってきた主な理由の一つです」
・・・

2

おめでたい家族

19/02/23 コメント:4件 文月みつか 閲覧数:228

「母上様」
「何よ改まって気持ち悪い」
 食後のティータイムを楽しんでいるところに、長女の緑が現れた。
「こちら、デパ地下で手に入れた高級かりんとうでございます。ちょうどお茶の時間のころ合いのようだったので」
 「高級」のところを強く発音し、お菓子の袋をテーブルの端にうやうやしく乗せる。
「おかしいわね。これと同じものを近所のスーパーで見かけたことがあるんだけど」

  1. 1
ログイン