1. トップページ
  2. うたかたさんのページ

うたかたさん

どこにでもいる高校生です!

出没地 福島駅前
趣味 文章を書くこと、音楽を聴くこと、写真を撮ること
職業 高校生
性別 男性
将来の夢 安定した職に就くこと
座右の銘 今を真剣に

投稿済みの記事一覧

2

時を越えた記憶

18/09/15 コメント:1件 うたかた 閲覧数:46

 時は2118年、十年前ほど前にタイムマシンで過去や未来に行くことが民間人でも可能になり、社会ではそれに関する法律も制定された。もちろん、自由に行けるわけではなく、タイムマシンを管理する政府機関に行って正しい申請を行う必要がある。この日俺は、丁度十年前の日に戻るためにこの期間を訪れていた。

「それでは、こちらへどうぞ」

「わかりました」

 俺は返事をしたが・・・

0

この世界の真理とは

18/09/08 コメント:1件 うたかた 閲覧数:57

 とある場所でとある人物が本を読んでいる。
 その本には一体何が書かれているのであろうか。感情が不図揺らいだ、かと思った瞬間、夢が覚めた。
 白く凹凸のある天井。小鳥のさえずり。全身を包む布の柔らかさ。布団の暖かな香り。これらを認知した僕は一体どういう仕組みでこれらを捉えているのだろうか。
 或いはこれらが存在していて、自らも存在し得るのであろうか。
 そのような自分の最も・・・

0

いつの日か

18/08/05 コメント:0件 うたかた 閲覧数:59

 その日、俺は草原の上をただ一人彷徨っていた。周りに広がる生え始めの草木は、心地よい風に微かにすらされている。辺りは紅の日差しに塗りつぶさせれ、途方もないこの旅路に終焉を告げようとしていた。日の入りはもうまもなくである。
 君は確かに言った。この山を越えた向こうにいると。しかし、実際はどうだ。町どころか人すらいない。さらに言えば動物の姿さえ全く見えないのである。
 俺の衣服は、冷たさを・・・

0

いつの日か

18/08/05 コメント:0件 うたかた 閲覧数:34

 その日、俺は草原の上をただ一人彷徨っていた。周りに広がる生え始めの草木は、心地よい風に微かにすらされている。辺りは紅の日差しに塗りつぶさせれ、途方もないこの旅路に終焉を告げようとしていた。日の入りはもうまもなくである。
 君は確かに言った。この山を越えた向こうにいると。しかし、実際はどうだ。町どころか人すらいない。さらに言えば動物の姿さえ全く見えないのである。
 俺の衣服は、冷たさを・・・

0

コメディによるコメディ

18/06/24 コメント:0件 うたかた 閲覧数:110

「コメディってなに?」
 僕は君の問いかけに明確に答えることはできなかった――


 何気ない日常にはたくさんの『コメディ』と呼ばれるものが存在している。それはテレビやラジオ、インターネットにおける画像や音声、映像作品にとどまらず、私たちの家族や友人、あるいは通りすがりの人にでさえ適応される、人と人とのかかわりの中で繰り広げられているものなのである。
 そんな『コメデ・・・

0

心にコメディを

18/06/17 コメント:0件 うたかた 閲覧数:154

 人口減少とともに労働力不足が加速する日本。その不足を補う目的で人工知能を搭載したアンドロイドがいくつもの企業から製品化され、発売されている。しかし、ある企業が開発したアンドロイドは人の心をほぼ完全に再現した機能を搭載し、その扱いについて政府でも議論が行われ始めている。  そのアンドロイドが突然、僕の部屋の前に倒れていたのだ……。  僕は一人暮らしをしている学生だ。今日は休日であるから近くのコン・・・

  1. 1
ログイン