1. トップページ
  2. しのき美緒さんのページ

しのき美緒さん

はじめまして^^ よろしくお願いいたします。

出没地 東京駅付近
趣味 読書と創作、写真
職業
性別 女性
将来の夢
座右の銘

投稿済みの記事一覧

2

涼風至

18/08/09 コメント:2件 しのき美緒 閲覧数:232

 健吾さん……健吾さん
 懐かしい声がした。見ればすぐ目の前に藍地に白く露芝を染め抜いた和服の膝があった。女が正座をしている。健吾はパチパチと瞬きをして目だけを上へ上へと動かしていった。白地に紅葉を織りだした絽の帯、きちんと合わせた胸元から覗く真っ白な半襟。すんなりとしたうなじが緩みのひとつもない顎(おとがい)へと続く。紅など注さずともほんのりと赤く艷やかな唇。一重の薄いまぶたの下には健吾を・・・

4

花には水を、妻には愛を

18/08/07 コメント:2件 しのき美緒 閲覧数:326

 ぼくね、みどり先生が大すきだったんだ。
 それでパパにそうだんしたの。そうしたらパパは

「お花を持っていこうか。女の人はお花が好きなんだよ」

と教えてくれたの。だから毎朝、家のかだんにさいているお花をつんで、ようちえんに持っていってたの。最初はコスモスだったかなぁ。

「敦君おはよう」

朝、ようちえんの校門で先生たちはみんなにごあいさつ・・・

2

エンディング・ノート或いは終わりの始まり

18/07/12 コメント:4件 しのき美緒 閲覧数:458

 「あなた、いったい何をしていらっしゃるの?」
 シルクジャージーの濃紺のワンピースにほっそりとした身を包み、百貨店の紙袋を提げた京子は、ダイニングに一歩踏み込むや、その光景に驚いて声をあげた。
 京子が丁寧にワックスで磨き上げる無垢材のダイニングテーブルの上一面に書類が乱雑に積み重ねられ、ペンやラインマーカーが転がっている。その中で夫の宏が、電卓を手に何やら懸命にノートに書き付けてい・・・

4

エルピス――最後に残るもの――

18/07/05 コメント:4件 しのき美緒 閲覧数:484

 高山一樹は走っていた。
ニコライ堂の前の坂を大きなストライドで息を一つも乱さずに上り、それから聖橋口改札の前を左へ折れた。そのまま電車に乗っても良かったのだが、学生時代から馴染んだこの街を味わっておきたかったのである。丸善では学生たちが静かに立ち読みをしている。その向かいには老舗画材店が変わらずにあった。一階入り口付近には最近流行のマスキングテープや、輸入品の美しいカード類がディスプレ・・・

  1. 1
ログイン