1. トップページ
  2. キッドさんのページ

キッドさん

キッドです。名前の由来は偉大なプロレスラーから。 主に 小説家になろう http://mypage.syosetu.com/912998/ comico http://novel.comico.jp/author/1728430202/ で怪談、作詞、BL、恋愛、電波系のSFを中心に書いております。 ホラーとSFが好きですが、なんでも書きます。よろしくお願いします。

出没地 三ツ寺、桜木町、ほか何処でも。
趣味 プロレス観戦 映画鑑賞 ベースギター ドライブ 前はバイクも乗ってました。YAMAHAがスキ。
職業 会社員。
性別 男性
将来の夢
座右の銘 招かれる者は多いが、 選ばれる者は少ない。

投稿済みの記事一覧

0

東京夜走老婆。

17/02/13 コメント:0件 キッド 閲覧数:666

 蒲田駅前からほど近いとある居酒屋。座敷に上がってビールと食事を注文して、上機嫌のヨシダさんにいつものように怪談をせがんだ。
「ヨシダさん、なんか怖い話ない?」
 大ジョッキに残ったビールを飲み干し、ヨシダさんは小さくゲップをしてニヤリと笑うとぽつぽつ話し始めた。

 俺が東京に出てきたばかりの頃だ。最初にタクシーの運ちゃんをやったのが実は東京でよ。知ってのとおりバツ・・・

0

ナタデココブーム再来!

17/02/13 コメント:0件 キッド 閲覧数:589

ライフラインってあるじゃないですか。電気、水道、ガス。
当然メキシコにもあるんだけどもね。
使った分の料金を払い、今日も快適生活。お湯は出るし火は着くし夜は明るい。
はずなんだけど…流石はメキシコ、ここでも一筋縄ではいかない。

Q.料金未払いの場合どうなるか。

A.突然停まる(事前の通知とか何にもない)

ガスと水道はそうだった。電気は…あ・・・

0

HIV検査に行ってみた。

17/02/11 コメント:0件 キッド 閲覧数:660

今日は保健所に行ってきました。
ずーいぶん綺麗で明るく、快適な施設になっておりました。
子供のための施設、医師会などの事務局などなどと一緒に。

血液検査。

はい、エイズの検査です。
セーラームーンのポスターに見守られ(放送当時マーキュリーが好きだった)つつ問診票を記入。
決まった曜日の決まった時間しか実施されていないのだけれど、今日はスンナリ呼ば・・・

0

これはなんだ、の話。

17/02/09 コメント:0件 キッド 閲覧数:611

ずっと、ここ数年(なんだろうこれは)と思う感覚を持っていた。
私がこよなく愛する浜名湖の冬。
青い空に煌めく湖面、里山いっぱいに広がる蜜柑の黄色。
それを362号線を走りながら見上げたり見渡したり。

あの青空と、蜜柑の木立の連なった風景に感じる(これはなんだ)という感触は、いったい何だ?

と思っていた。
したら今日、御熱が出てぱっぱらぱーの状態で・・・

0

新宿白昼夢。

17/02/05 コメント:0件 キッド 閲覧数:896

 冬の午後。柔らかい陽射しが騒々しい街中に降り注ぐ土曜日。
「新宿の皆さ〜〜ん!ギルガ、メッシュ!!」
 巨大な液晶画面に大写しになった眼鏡の男が甲高い声で叫ぶと、横断歩道を歩いている男たちだけがブンっと音がする程勢いよく液晶を見上げた。自分と同じぐらいか、それより年上であろう男たちの群れ。男しかいない街。新宿。アルタ前。ありふれ過ぎているくせに、実際に足を踏み入れる事は稀な場所。

0

キャベツには何をかけて食うべきか。

17/02/03 コメント:0件 キッド 閲覧数:711

今日の夕食は揚げ物に大量のキャベツであった。
近所にある百貨店の揚げ物屋さんのコロッケやらヒレカツやら。

そして当然付け合せには大量の刻みキャベツ。
これを一体どうしたものか。

元々私はキャベツが大好きだし、生でも煮ても焼いてもとにかく沢山食べる。
煮て食べるならスープの味つけ次第って感じもするが、焼いて食べるならやはり塩コショウか醤油だろうか。

0

首なし自転車

17/02/01 コメント:0件 キッド 閲覧数:771

 ちょうど今頃の、冬の寒ーい時期の事でした。
 高校2年。当時イッコ上の知子さんと仲良くなりたくて、彼女の家まで自転車で送って行ってた日々がありました。残念ながらその恋は実りませんでしたが、代わりにこんな思い出が残りました。

 知子ちゃんの家は私の住む街の端っこ、山際の本当の北端にありました。まわりは里山にカキ畑。田んぼ。果樹園と用水路、時々民家。そんなド田舎です。その中を最近・・・

0

瑠璃色の蝶

17/02/01 コメント:0件 キッド 閲覧数:902

ウチの婆さんは霊感というハッキリしたモノこそ無いが、お婆ちゃんによくある妙な勘の鋭さだとか、物事を見抜く力みたいなものは人一倍あった。
豪快で、とにかく気の強いところがあった婆さんだったが、その為か心霊体験っぽいものもちょくちょくしているようだった。

晩年、糖尿病の合併症で入退院を繰り返していた時のこと。
病院の廊下を嫌な臭いのする人がずるずると歩いて行って、そいつが止ま・・・

  1. 1
ログイン