1. トップページ
  2. 千也子さんのページ

千也子さん

出没地
趣味
職業
性別 女性
将来の夢
座右の銘

投稿済みの記事一覧

0

追憶の灯り

15/08/29 コメント:2件 千也子 閲覧数:1165

 中央広場では、楽団の軽やかな舞曲が響く。辺りは夕間暮れ、大衆でさんざめいていた。
 女性は色鮮やかなレースのヴェールを纏い、男性も古典模様の腰布を巻いている。舞い始めるとふわりと布が翻り、そこら中で花が咲き乱れている様に街は輝いた。
 頭上を見れば、付近の店や家々の屋根にも人が多い。往来の出店や広場、裏通りを練り歩く道化師達もあまねく鑑賞できる、言わば特等席だから。僕も宿屋の屋根に座・・・

0

エモノのアイ

15/08/06 コメント:0件 千也子 閲覧数:1270

 ネイは白いダイニングテーブルに置いた鍵を見つめている。
 郵便受けにいつもの憂鬱な白い封筒でなく、花柄の封筒を見つけたのは昨日の事だった。
「メイ……」
 差出人を見て小さく声を上げると、他の郵便物を無造作にバッグに放り込み足早に自室へ向かった。例の白い封筒もめっきり届かなくなり、すっかり安堵していた頃だった。
 メイは、ネイの双子の姉である。顔の形はもちろん、美しい瞳の・・・

1

風が飛ばすは塵なのか

15/07/13 コメント:0件 千也子 閲覧数:1242

 駐車場からオフィスのあるビルまでを歩く数分程度の道のりに、老舗のホテルがある。有紀が通るのはホテルの専用駐車場脇の道で、人も車も通らない裏路地のような所だった。
 ブロック塀から手入れのされていない敵意むき出しの植木がせり出し、地面にはかつてはきれいに敷かれていたであろうホテルを一周する煉瓦の歩道。割れて抜けて雑草が隙間を埋めるガタガタ道で、有紀の同期が過去に躓いて足首を捻挫したこともあっ・・・

  1. 1
ログイン