1. トップページ
  2. 八月美咲さんのページ

八月美咲さん

出没地
趣味
職業
性別
将来の夢
座右の銘

投稿済みの記事一覧

1

ピンクのカルメラ

15/09/05 コメント:0件 八月美咲 閲覧数:1128

 釘が打ちつけられた台を錆びたパチンコ玉が上から下に転がり落ちる。右にいったり左にいったりジグザグしながら落ちた先には赤い大きな丸がしてあった。
「当たり〜!」
 オレンジ色の電球に焼けた黒い肌をテカらせながら店子は声を張り上げる。わたしはピンク色の丸い大きなカルメラを手渡され、少し戸惑いながら横にいる中武くんを見た。
「すごいやん、良かったやん」
 本当は小・・・

1

眠れぬ夜

15/08/07 コメント:0件 八月美咲 閲覧数:1021

 ねずみはひと晩じゅう細い声で鳴き続ける。
 キィィー。
 金属を擦るようなそれは布団にもぐって耳をふさいでも聞こえる。
 キィィー。
 こんな夜は眠れない。

 誠実でやさしい夫だった。ねずみ取りにかかったねずみを決してわたしに見せようとしなかった。
 木版にバネがついたトラップは挟まれると一瞬だがその衝撃で死に様がひどい。
「真理ちゃんは、あっち・・・

2

なにかが静かに溶ける音がした

15/07/25 コメント:0件 八月美咲 閲覧数:1302

 その男はわたしの手を握りしめた。
 一、二、三、四、五秒。
 冷たいのに汗ばんだ手の平が気持ち悪い。
「三百円のおつりになります。ありがとうございます」
口元だけ笑顔でその目はわたしの体の上を髪の毛一本の先までヘビのように這いまわる。でもそんなことには慣れてしまった。わたしの毎日でヘビが現れない日はない。
「久しぶりね、近藤くん」
 わたしはそう言うと困惑と・・・

1

小さな罪悪感そして憂鬱

15/06/29 コメント:0件 八月美咲 閲覧数:1316

わたしはここ五年間、三日に一度ほどの間隔で小さな罪悪感に襲われ続けている。このままいけばそれは二十年近く続く予定だ。
 その小さな罪悪感を生み出す原因は、
「カメの水槽掃除」
 カメは金魚などと比べとても水を汚す。夏場は毎日、冬場でも冬眠をさせなければ週に一度は水換えをしなければいけない。 
 わたしが飼っているのは一匹の雄のミドリガメで、五年前彼氏なのか彼氏じゃないのか分・・・

3

寄り添う影

15/06/17 コメント:3件 八月美咲 閲覧数:1228

ジョリ、ジョリ、ジョリ。裸電球の下、私は剃刀で彼の毛を剃る。体中の毛という毛を剃るので大変だ。これが毎日なので、彼の肌は赤く敏感になりところどころ血が滲んで痛々しい。けれども私達がこの町で暮らしていくためには必要なことで、彼はじっと耐えている。
「ごめんね、今日もこんなしなびた野菜ばかり」
 私は定食屋からもらってくる野菜をきれいに洗い皿に盛る。毎日そこで皿洗いをしている私の手は赤ギレ・・・

  1. 1
ログイン