1. トップページ
  2. よたかさんのページ

よたかさん

本業はWeb制作ですが、ネット小説を書いてます。 最近、『中年の上司』として無料素材のサイトに“モデル”で登録しました。よかったらお使いください。 http://pakutaso.com/middleage.html

出没地 なごや
趣味 サッカー、読書
職業 自営業
性別 男性
将来の夢 新世界をつくる
座右の銘 今日は進捗あります

投稿済みの記事一覧

0

初恋

16/09/18 コメント:0件 よたか 閲覧数:721

 彼の初めての買物は『小学1年生』という月刊誌だった。
 卒園式が終わったあと、祖母から貰った小銭を握りしめて、商店街の端っこにある本屋へ駆け込んだ。
 これからは小学生らしい本≠読もうと思って、彼が選んだ本が『小学1年生』だった。
「これください」そう言って、本とお金を自分の視線と同じくらいの高さのカウンターの上に載せた。
「あっ、10円足らんね。買うとやったら、さっ・・・

1

妹と、菓子パンと、10年目の謝罪

15/05/30 コメント:2件 よたか 閲覧数:1009

かなり無理をし、勇祐が大学の法学部へ進学したのは、高2の時に付審判制度を知ったからだった。付審判が認められるのは1%もない。でも冤罪で射殺された父の事件を再調査できるかもしれない。勇祐は家計の足しにバイトを続け、奨学金を受けるため勉強をした。

引き蘢っていた美弥も中学から登校していた。勇祐に教えられて興味を持って、目的の為に勉強する兄をみて覚悟を決めた。

勇祐は大学3年・・・

1

妹と、菓子パンと、海を越えて

15/05/13 コメント:2件 よたか 閲覧数:1082

「お父さんは海をこえて来たの」

 小さな蛍光灯の白々としたキッチン。正方形のダイニングテーブルに、まだ夕食の食器が置いてある。食後のお茶を湯飲みに注ぎながら、雅美は勇祐と美弥にそう言った。
 2人とも父親が日本人でない事くらい知っていた。浅黒い肌を揶揄われた事もあった。だけど父は優しかったし、雅美も強かったから4人でガンバって生きてきた。去年の夏、警官の発砲で父が他界するまでは・・・

1

妹と、菓子パンと、ふぅとひと吹き

15/04/26 コメント:2件 よたか 閲覧数:1106

 放課後、美弥は昇降口から校門へ向かった。美弥にとっていつもの事。ただ、いつもより校門の外が騒がしい。何台も車が停まってて、見た目にスマートな大人たちが何人もいた。
 美弥が『何だろう?』と思う間もなく大人たちは美弥を見つけて呼ぶ。校門の外へ手招きをした。
 美弥は恐くて立ちすくんだけど、後からやって来た同級生が「みやちゃん。テレビに出るの?」「すごーい」とか言いながら美弥の手を引いて・・・

1

妹と、菓子パンと、テーブルの置手紙

15/04/10 コメント:4件 よたか 閲覧数:1215

 夜勤明け。雅美がドアを開けると、差し込む朝日が奥まで照らす。いつも蛍光灯で白々しい部屋が自然光で満たされる。雅美は狭い玄関に潜り込み、キッチンの床に荷物を下ろしてドアを閉じた。
 明るさが失われ雅美は取り残されてしまった気がした。十数センチの玄関の段差まで足を上げるのも億劫に感じた。

 去年、夫が冤罪で射殺された。

 デイケアの仕事を辞めて、夜勤のある特別養護老・・・

2

妹と、菓子パンと、押し入れと

15/03/23 コメント:6件 よたか 閲覧数:1328

 勇祐は学校帰りの、買い食いが日課だった。柔らかくて口の中で溶けて甘さが広がるような、たっぷりのカスタードクリームにチョコが掛かっている菓子パンが好きだった。

 パンを食べて歩いていると、足を踏み出すごとに背中が伸びて、歩幅が広くなって元気になってくような気がした。最後の一口を放り込む頃には、固い表情が優しく柔らかくなり、足も軽くなっていた。

「ただいまぁ」そう言ってド・・・

3

わたしはネコじゃない

15/03/22 コメント:4件 よたか 閲覧数:1130

 笑顔をみると、ココロの体温が2度あがる。
 名前を呼ぶと、胸が一杯で呼吸ができない。

 彼女の事がスキ。ずっとソバに居たいから、カフェでカップを傾ける彼女のテーブルまで行ってソファー席の隣に座った。彼女はこちらを見て笑顔。読みかけの文庫本の栞を挟み直して、頭を撫でてくれる。柔らかなタッチで背骨が震えて爪先まで伝わる。あぁ幸せ。

 彼女の名前を呼ぶ。だけどその声は・・・

1

渋谷のさくら

15/03/04 コメント:2件 よたか 閲覧数:1038

『出張で新宿のホテルです。ひとりの夕食になりそうなので、誰か付き合ってください』
 生まれて初めて“出会い系掲示板”にそう書いた。

 かなり年上の女性かもしれない。見栄えが悪いかもしれない。すごく太っているかもしれない。最中に恐い男が踏み込んで来るかもしれない。
 その時は好奇心や、出張でハメを外したい気分も手伝って、興味本位で書込んだ。

 女性から返事なん・・・

2

デザインと芸術

14/01/08 コメント:1件 よたか 閲覧数:1040

「デザインと芸術の違いは何でしょう?」
 太一は、デザイン専門学校の授業での教師の質問を思い出していた。
 
 太一は絵を描くのが好きでずっと絵を描いて来て、高校は美術科に入れたが、美大受験には失敗した。太一は浪人しても行きたかったが、親からの援助が受けられず、結局手近なデザイン専門学校に入り2年後に卒業して、地元の小さな広告代理店にデザイナとして入社した。

 デザ・・・

1

ブラックアウト

14/01/08 コメント:0件 よたか 閲覧数:1032

 体を動かすエネルギーは2種類しかなくて、糖分と脂肪なんだ。そしてこの2つのエネルギーって特性とか使われ方とかかなり違ってる。

 有酸素運動とか、無酸素状態とかいろいろな蘊蓄があるんだけど、一番知っておかないといけないのは、脳と眼は『糖分でしか動かない事』なんだ。

 僕がはじめてそれを実感したのは、高校の部活の時だった。

 自転車競技部に居た僕は、授業が終・・・

  1. 1
ログイン

ピックアップ作品