1. トップページ
  2. *七*さんのページ

*七*さん

自由人です。よろしくお願いします。

出没地 住んでる町の時計塔の前
趣味 ・読書 ・音楽を聴く
職業 学生
性別 女性
将来の夢 誰かを笑顔にできる仕事
座右の銘 マイペース

投稿済みの記事一覧

1

願いの話

14/04/01 コメント:0件 *七* 閲覧数:824

「大っ嫌い。もう近付かないで」
開口一番、彼女はそう言い放って走り去って行った
別に傷ついてはいない
こうなるであろうことが分かっていたからだ

「はぁ……」
体に入っていた力が一気に抜けた
自分を支えていた力がなくなり、その場にしゃがみ込む
頭上ではこれまで十数年の最高気温を更新させた働き者の太陽がこれでもかというくらいアスファルトを照らし出してい・・・

1

その、狭間で  1

13/11/06 コメント:1件 *七* 閲覧数:1476

「お客さん、そろそろ終いですよ」
突然かけられたその声に、ハッとして顔をあげた。
ケータイで時間を確認しようとするも、入れたはずのポケットの、どこを探しても見つからない。
「そんなに慌てんでも大丈夫ですよ。あっこにありますから」
慌てる私をさもおもしろそうに眺めていたその人は、狭い通路の奥を指さした。
たくさんの本がつまる本棚と本棚のあいだ。古い本から新しげな本までそ・・・

1

「出逢い」の話

13/11/05 コメント:1件 *七* 閲覧数:1212

これは、とある二人のお話。

ーーーいまはむかし、深い森のなかにひっそりと抱かれる、小さな村がありました。
村は年中まっしろな霧に包まれて、外界から見ればその存在すら忘れられていました。

その村には、わずかながら村人がいました。
老若男女とわず仲のいい村人達と、それを取り仕切る村長
村には小さな川が流れ、木の実や作物も生活する分には不自由はありません。<・・・

0

『なにか』の話

13/10/11 コメント:0件 *七* 閲覧数:1013

「ただいまー····」
そう言って部屋に入ってきたそいつに、心の中で おかえり と告げる。
「心の中で」な。これ重要。
オレ、しゃべれねーし。
しゃべろうとしたら、口はおろか、指先すら動かんかったわ。
ってかそもそも人間じゃねーし。ましてや生物じゃねーよ。生きてねーわ。心臓ないし。

見た目的にいうと動物なんだが・・・

  1. 1
ログイン