1. トップページ
  2. 新倉真さんのページ

新倉真さん

出没地
趣味 ギター演奏、映画鑑賞、自己啓発、その他多数
職業
性別 男性
将来の夢
座右の銘 なるようになる

投稿済みの記事一覧

0

Tawashi

12/09/17 コメント:0件 新倉真 閲覧数:1569

「いらっしゃいませ」の声。

僕は店の奥に進む。

そこにあった亀の子たわしを手にして、かわいいあの子の前に立つ。

「いらっしゃいませ」
 彼女はいつものように微笑んで、僕もいつものように財布から小銭を出す。

 僕は毎日、あのコンビニへと通う。
 そして、手にはいつも亀の子たわし。

 雨の日も、風の日も、晴れて清々しい昼・・・

0

星屑のイリュージョン

12/09/17 コメント:0件 新倉真 閲覧数:1826

 ざわつくホームで、
 駅メロが鳴る。

 僕はそこから見える遠くに目を這わせ、彼方にある豆粒のような光を凝視する。

 光は大きくなる。
 大きくなるごとに僕は現実を知る。

 夢に敗れて、逃げる僕を……。
 囃し立てて、また駅メロが高鳴る。

 ぐいっと持ち上げたスポーツバッグは、まるでこの街での記憶。
 手元に蟠って、肩・・・

0

勝つ!カツ!

12/05/14 コメント:0件 新倉真 閲覧数:2120

朝靄の中。彼は直走る。
汗まみれのスウェットスーツを纏って、今日も淡々と日課のロードワークに勤しむ。
過酷な減量と練習。
肌はかさかさと乾いて荒れ、時に目眩することもある。
『何の為にこんなことやっているんだ?』
 そんな自問自答すら、脳裏を掠める。どうしても弱気になる。彼は打ち消すように栄光へと向かう自分の姿を思い浮かべる。
シュッ シュッ
拳を振るって・・・

0

レイトショー

12/04/25 コメント:0件 新倉真 閲覧数:2103

 折からの強い雨。僕はずぶ濡れになった。
 映画を見ようと家を出たまでは良かったが、天気は気象庁を見限って、突如、僕等の街に大雨を降らせた。僕はバス停からの道則、長めのジョギングを強要された。
 バッグを頭に乗せて、逃げるようにこの映画館に飛び込む。
 濡れネズミ参上。割り切って、そのくらい言えれば大したものだろう。でも、僕のキャラじゃない。それどころでもない。シャツが肌に張り付・・・

0

Rain drops

12/04/22 コメント:3件 新倉真 閲覧数:2453

車窓の外。ぽつりぽつりと傘を差した人が行き交う。
ぽつり、ぽつり。
雨粒が車窓にへばり付き、街頭やネオンに感応して、星の無い空に光を添えた。
昔と少しも変わる事のない風景は、無自覚なままに思い出を呼び起こしていた。
彼女といた日々……。
傘の花が街並を彩るこの季節。
 僕は嫌でも思い出してしまう。 

「―――る?ねえ、健」
 僕は夢想を止め、・・・

0

grand parasol

12/04/19 コメント:0件 新倉真 閲覧数:2161

じめっとした感触。
水気を含んだワイシャツとスラックスが肌に纏わり付く。
和也はシャツの胸辺りを摘んで、気食の悪い肌触りを引き剥がす。
間もなく、駅の構内から出る頃だ。手にした傘のホックを外して、ばらんばらんと手元で回す。出るなり、両手に持ち直して開くと彼の広い肩幅よりさらに広い一画が、彼の占有の場となる。和也が歩く。目の前に人がこちらに来る。避け合って、そのまま歩く。
当・・・

  1. 1
ログイン