1. トップページ
  2. 第九十一回 時空モノガタリ文学賞 【 アニメ 】

第九十一回 時空モノガタリ文学賞 【 アニメ 】

今回のテーマは【アニメ】です。

恋愛・ちょっといい話・伝説・不思議な話など、
小説・エッセイ等の散文であれば
スタイルは問いません。
体験や事実に基づく必要もありません。

時空モノガタリ賞発表日:2015/10/19

※同一投稿者からのコンテストページへの投稿作品数は2〜3作品程度とさせていただきます。
※R18的な暴力表現・性描写はお控えください。
※二次創作品の投稿はご遠慮ください。
※「極端に短く創作性のない作品」「サイト運営上不適切な内容の作品」は削除対象となりますのでご了承ください。

ステータス 終了
コンテストカテゴリ
投稿期日 2015/08/24〜2015/09/21
投稿数 49 件
賞金 時空モノガタリ文学賞 5000円 ※複数受賞の場合あり
投稿上限文字数 2000
最大投稿数
総評

入賞した作品

13

私だけのアニメは ―断片的かつ微妙なmy historyっぽい話―

15/09/21 コメント:19件 光石七

 それらのアニメにはタイトルが無かった。ストーリーも定まっておらず、途中で巻き戻って別な展開に進むこともしばしばだったし、未完のまま打ち切られるものも多かった。それらのアニメを観ていたのは私だけだった。作っていたのも私。私の思い描くキャラクターたちが、私の望むストーリーに沿って、私のイメージする絵柄で動き、私の思う声で喋る。その時その時で漫画やテレビなどの影響を受けながら、私は一人の少女を主人公に・・・

6

やわらかな檻

15/09/19 コメント:7件 そらの珊瑚

 絵を描くことが好きで入ったアニメーターの道だったが、納期の前にはこうして決まりごとのように徹夜が続く。

 おれはアニメーション制作会社の下請け会社に雇われているのだが、身分はフリーランス。商売道具の鉛筆一本さえ自腹だ。月収十万あればいいほうで、同期の仲間の半分はすでに辞めている。
 オレは都内の実家暮らしなのでまだいいが、隣りの席のミミちゃんは地方出身者。アパート代や生活費が・・・

2

メロンソーダが好きなタヌキ

15/09/10 コメント:2件 安城和城

 仕事から帰りテレビを点けてみると、暗い顔をしたタヌキのアニメがやっていた。画面右上に『メロンソーダが好きなタヌキ』なるテロップが表示されている。……メロンソーダが好きなタヌキ?
 帰りがけに買ったビールを冷蔵庫に入れるのも忘れ、俺はぼんやりとテレビを眺めた。セリフがないし、おそらくショートアニメだろう。タヌキは無言のまま、排気ガスのキツそうな現代社会をとてとてと歩いていく。……歩いている。・・・

5

アニヲタ観察日記

15/09/10 コメント:6件 上村夏樹

 私の名前は新田美月。中学三年生の女の子だ。

「今日は夏休みの自由研究を発表してもらいます。発表したい人は挙手してください」

 理科の先生が尋ねるけど、教室内は静まり返っている。無理もない。一番手というのは、得てして緊張するもの。みんながやりたがらない気持ちはわかる。
 ここは学級委員の私の出番だ。私がトップバッターとなり、みんなの緊張を和らげよう。私は黙って手を・・・

最終選考作品

7

スネヲノキモチ。

15/10/07 コメント:5件 滝沢朱音

この世界は果てしなく平らで、一生この平面から抜け出せないと知っていながらも、ボクはその果てを目指して走ったのだ、全力で。
 だって、君なら耐えられるかい? 愛しい人を目の前で奪われることに。

 主役として甘やかされたあのメガネは、設定(この世界の絶対的なルールだ)によると、グズでのろまでどうしようもない男だけど、本当は違う。
「やってらんねーな、永遠の小学生なんて」

3

大学デビューしたアニメオタクに降り注ぐカラオケという名の危機

15/09/13 コメント:6件 夏川

 俺の趣味はアニメ鑑賞である。

 高校生の頃は毎日教室の隅で同好の士と昨夜見たアニメの話で大盛り上がりしていた。それはそれで楽しい毎日ではあったが、青春アニメにあるような煌びやかな高校生活とは言い難いものだ。
 どういう訳か「アニメ」というのは他の趣味よりも下等であるかのような扱いを受ける傾向にある。イケメンならまだしも、俺のようなモッサリ男が「アニメ好きなんだー」などと口を滑・・・

3

兄め!

15/09/12 コメント:3件 霜月秋介

 私の兄は高校三年生だ。私の兄の部屋はとても混雑している。天井までの高さがある本棚をぎっしりと埋める漫画本に、床にはアニメのDVDやアニメのヒロインのフィギュアが、足の踏み場を見つけるのが困難なほどに散乱している。そして部屋のBGMは、テレビから流れてくるアニメヒロインの萌えるような声だ。そう、兄は世間でいうところの、アニメオタクである。兄め!
 もともと兄は、好きなことに集中すると周りが見・・・

4

トゥルーワールド、トゥルーエンド

15/08/30 コメント:4件 泉 鳴巳

 「フツー」の学園生活を送る、それが俺のモットーだ。
 目立つことはせず、かといって阻害や迫害を受けないよう上手く立ち回り、平穏な日々を送る。平和の探求こそ人生の至上命題。

 俺こと水上タカシは、この春高校二年生になった。
 今日も今日とて俺は、早すぎず遅すぎず、ほどほどの時間を見計らって登校する。
 「中だるみ」の学年とはよく言ったもので、入学時の緊張感も薄れ、ま・・・

6

会心の一撃

15/08/29 コメント:10件 海見みみみ

 映画の試写会会場。そこで俺は不覚にもボロボロと涙を流し号泣していた。
 観ていた映画は『ライブマスター!』最近流行しているアニメ作品の映画版だ。この映画はアイドルのライブを通じて、母と娘の絆を描くという作品だった。
 俺には母親がいない。高校生の時に母は他界してしまった。それだけにこのライマス(ライブマスターの略称)の親子描写はストライクゾーンに入り、見事泣かされてしまった。
・・・

1

アニメだらけの世界で

15/08/24 コメント:4件 るうね

 田島は新聞のテレビ欄を見て、顔をしかめた。
 アニメだらけ。
 お笑い番組やニュースなど、ほとんどない。
「いつから、こうなっちまったんだろうな」
 視聴率の下落に悩まされてきたテレビ局が、ある程度視聴率が見込めるアニメ番組を、こぞって流し始めたのはもう十数年も前。それはエスカレートし、いまでは朝から晩までテレビはアニメづくしである。あのN○Kですら、新聞のテレビ欄はアニ・・・

投稿済みの記事一覧

2

ゾートロープ

15/09/21 コメント:2件 留々家

 美術館に着いてみると、俊司はぎょっとした。親子連れの客に混じって、若いカップルが少なからず来ているのだ。恋人がいるような連中はアニメなんか観ないし、ましてや企画展「アニメーションの世界」なぞデートのプランに挙がるはずはないという俊司の思い込みは砕かれた。しかし回れ右して帰るわけにもいかない。カップルの群れに怖じ気づいたようで癪だし、なによりこの展示を楽しみにしていたのだ。
 企画展の順路の・・・

4

2.5次元の魔法少女

15/09/21 コメント:8件 冬垣ひなた

「あーや、お昼のご飯だよ!」
美月はおしゃもじを持ったまま、娘の沙羅がいるリビングを覗いた。いつもならワンパクマンのお茶碗を持って飛んでくるのに、今日に限ってやけに大人しい。
「あーや!」
おもちゃが散らばったままの床に沙羅は座り込んでいる。
「ママ」
沙羅が振り回している宝石のついたピンク色のステッキは、4歳児が持つには大きすぎて、ハンマーにしか見えない。
そ・・・

0

線を引くオバサン

15/09/21 コメント:0件 ケイジロウ

 それにしても同僚の藤森さんが歌ってる曲ひどいわねぇ。早く終わんないかな。まずこの画面に出てるカップルが問題なのよ。さっきも君たち出ていなかったっけ?この曲は誰の曲で、詩が今後どういう展開になっていくのか知らないけど、絶対にこの二人別れるわ。だってさっきも別れてたもん。で、男は雨の中走り出すんでしょ。あぁつまんない。
 私がアニメオタクだということを最初に断らなくてはならないわね。アニメがあ・・・

0

「やってやる」

15/09/20 コメント:0件 こうちゃん

 
 「スーパーサイヤ人になる」

  蝉の合唱隊も土に還り、半袖から長袖のパジャマに変えて布団に潜り込む頃、
 幼少期から一貫して心の片隅に存在する、この言葉を思い出した。

  子供の頃に観たアニメといえば多々あるが、私が特に好きなドラマは言わずと
 知れた「ドラゴンボール」である。知らない方もいると思うので簡潔に説明する
 と、ドラゴンボールと・・・

0

あんまりだ

15/09/20 コメント:0件 ふた

 たしかに、入ってみたいとは思った。個性ゆたかも度が過ぎるほどのメンバーに囲まれて、あわただしくも充実した毎日。季節のうつろいと共に、確実になにかが変わってゆく、光に満ちた世界。
 自分もあの一員になれたら、と。何度も妄想したし、本当に入れたらと願うこともあった。
 しかし、これは。
「あんまりだ」
 何度目かの嘆きをこぼす。見慣れた全身鏡から目を逸らして部屋を見回す。ああ・・・

1

きらきらかがやく

15/09/20 コメント:0件 ふた

 椅子からずり落ちたまま、母親を見上げる。
 いったいいつから。音もなく背後にいて僕をびびらせた母親は、無表情で部屋中を見回していた。そうして、おもむろに口を開く。
「最近、ユキちゃんの様子がおかしいでしょう」
「おかしいって言い方は……、あ、そ、そうですね、はい」
 部屋中に飾られたアニメグッズを眺めている母親に僕はびびりつづける。
 ユキ。幼馴染みは、たしかに最近・・・

0

親友の彼氏は現実味がないほどにイケメンでした

15/09/20 コメント:0件 青空雲

 親友の彼氏は、とてもイケメンらしい。
「ねえ、聞いてよ綾ちゃん! 昨日ね、りっくんの寝顔を眺めていたらいつの間にか朝になっててね、びっくりしちゃった!」
 学校のお昼休み。私、上野綾は親友の江本加奈ちゃんののろけ話を聞きながらご飯を食べている。
「それでね、りっくんったら朝起きたらまず『おはよう』って言ってくれるんだけど、その声がまた凄く良くてね……朝からドキドキしちゃったよっ・・・

0

カウントアップ

15/09/20 コメント:0件 ねむていぞう

 え〜、世の中にはホント、不思議なことがございまして。科学では解明しきれないことも多々ある。たとえばってえと、いつの間にか知らないうちに別の世界へ行ってしまった、なんてことも間々あることでして……。いやいや、そんなことがあったら大変ですな。
「おい、おまえさん、お目覚めがイ」
 そんな声で定吉は気がついた。すると、目の前には知らない男が立っていて、自分に話しかけてくる。
「ここは・・・

0

至福のひととき

15/09/20 コメント:0件 霜月秋介

 その人は、アニメが好きな人でした。

 その人は私の会社の同僚で、私の右隣のデスクに座って仕事をしていました。

「あ、今日はトラエモンの日じゃないか」

 彼は、自分のデスクの上のカレンダーを見ながら、時々そのようなことを口にしていました。彼のデスクの上のカレンダーには、その日にテレビで放送されているアニメがメモ書きされていたのです。それほどアニメが好きでし・・・

8

僕もいっぱい勉強して、アニメを描くお仕事をしたいと思います

15/09/19 コメント:7件 草愛やし美

 僕のママは壊れたアンドロイドなんだ。パパは気づいてないけど僕はゼッタイのゼッタイだと思ってる。だって、同じことばっか言ってるもん。
「匠海、宿題はしたの! またゲームしている、ダメじゃない怠けるから成績悪いのよ、頑張らないと高校に行けないわ。良い学校いけないと困るのはあなたよ……これだけ言ってもわからないの」
 わかってるママ。僕、今やろうって思ってたんだよ。ああ、ママは壊れたアンド・・・

1

夢の精

15/09/19 コメント:2件 くにさきたすく

 夢の中で、ミサキはテレビを見ていた。
 日曜早朝のアニメだ。
 夢の力で構築されたのは、どこかで見たことがあるような無いような美少女戦士たちのアニメ。
 ミサキ自身も幼少の頃、彼女たちの様な戦士に憧れを抱いていた。大人になったらああなりたいと本気で考えていた。
 テレビの中でカラフルな装束をまとった勇気あふれる美少女たちが、ヘイトス国の王子ゾウオージ率いる悪の軍団と戦って・・・

1

空も飛べるはず

15/09/18 コメント:1件 かめかめ


「目覚めよ」

 その看板に気付いたのは四日前。ビルの屋上にある巨大なパネル。白地に黒の角ゴシックで、その一言だけが書いてある。

 いったい誰に向けた言葉なのか、何に目覚めればいいのかさっぱりわからない。「起きろ」という意味ならば、看板に書いたところで寝ている人には見えはしない。

 会社の行き帰りに立ち止まっては看板を見上げ、首をひねった。
<・・・

0

マジカル・りりんちゃん

15/09/17 コメント:0件 小陸暗

「私のこと、好き?」
およそ日本人にはありえない色の瞳を輝かせて、画面の中の彼女が問う。僕は自信を持って答える。君のことが大好きだ、世界中の何よりも!

とはいえ、それを全世界に公表できるかと言うと、話は別だったりする。

マジカル・りりんちゃん。
健全な男子高校生である僕が彼女に出会ったのは一年ほど前のことだ。妹が朝から見ていた女児向けアニメのヒロインで、いわ・・・

0

アニメよりも現実を

15/09/16 コメント:0件 パキラ

本当にアニメというものは不愉快だ。

煽てられた主人公中心に世界が回り、ご都合主義も、超展開もなんのその。
叶えられない現実の分だけ理想を詰め込み、どうやらおかしくなっているのも目を瞑られる。

俺はアニメなんて見ない。あんなものは現実との乖離を実感させ自分を惨めにさせるものと知っているから。だから、見ない。

でも、興味はある。
別に展開が気になる・・・

6

世界で一番有名なネズミ

15/09/15 コメント:7件 そらの珊瑚

 夜、1Kのアパートに帰ると、世界で一番有名なネズミがいた。身長約1メートルってところか。
「おかえり」
「……ただいま」
 アニメと同じ、ちょっと人を小馬鹿にしたような声だった。
「おどろかないのかい?」
「いや、逆におどろきすぎて、なんというか。でも、なんで? なんで? ドッキリ?」
「一般ピープルの、しかも就活中の、おまけに二十九社連続不合格のキミに、誰が・・・

3

命を吹き込む

15/09/15 コメント:5件 alone

子供のころ、寝るまえに母が話してくれた一匹のトラのお話が大好きだった。
困っているネコの女の子を助けたり、みんなをいじめる悪いライオンをやっつけたり、トラはいつも誰かのために頑張っていた。
悲しくて涙を流したこともあれば、興奮のあまり眠れなくなったこともあった。トラの活躍が知りたくて、もっと話してと母にせがんだこともあった。
トラのお話は面白くて好きだった。でももっと大好きだった・・・

3

もしあなたなら、どんなアニメを作りますか?

15/09/15 コメント:7件 鮎風 遊

 男二人が額を突き合わせ、アニメ月刊誌を読んでいる。
 一人はアニメ制作会社の社長、もう一人は企画部長。そして真剣に目を通しているページは、読者からの意見欄だ。そこへ秘書が入って来る。
「業界新聞の記者の方が投稿記事に対してのコメントを頂きたいと、今受付に見えてます。どう致しましょうか?」と指示を仰ぐ。
 社長は没頭し過ぎているのか顔も上げずに、「10分ほど待ってもらってくれ」と・・・

5

工学部物理学研究棟別室(別名:アニメラボ)

15/09/14 コメント:8件 泡沫恋歌

 大和大学工学部物理学研究棟の中に研究員たちにも知られていない謎のラボがある。
 劇薬保管倉庫の奥、物理学研究棟別室と呼ばれる小部屋が存在する。最近、学生たちの間でおかしな噂が流れた。それは劇薬保管倉庫の奥から幼女の歌声が聴こえてくるというのだ。『関係者以外立ち入り禁止』の札が掛かった扉、そこにはDr.山田とその助手佐藤が隔離されている。
 この小部屋に籠って二人がどんな研究をしている・・・

0

くの一の恋

15/09/13 コメント:0件 ハヤシ・ツカサ

 私以外に、三人。いま、目の前にいるひとりの男性を奪うべく、私は人生初の合同コンパに参加中である。絶対勝つ。勝たなければ、帰らないと決めたから。
 何度も持ち込まれた見合い話。どうして、世の中にはこうもマザコンで、ネガティブで、おまけに髪の毛は無いに等しく異性との会話が続かない駄目野郎ばかりが集まるのか。別に高スペックを望んでいるわけではない。普通の一般女性として、ただ単に幸せな主婦になりた・・・

2

リセット

15/09/12 コメント:4件 つつい つつ

 教室に入ると有希乃が真っ青な顔で私のほうへ駆け寄ってきた。
「美沙、今月でスタレボ終わるんだって!」
「嘘でしょっ……そんな」
 スタレボは男性アイドルがデビューしてトップに登りつめる様子を描いたアニメで、もう三年以上放映が続いていて、私は小学生の頃からスタレボにハマり、この前も劇場版アニメの第三弾を有希乃と観に行ったばかりだった。
「美沙、私、秋人君にもう会えないなんて・・・

0

夏休み

15/09/11 コメント:0件 poporo

ピピピッ、ピピピッ、ピピピッ、
「ん、んぅ…7時、か…ふぅ」
『おはようございます。トモヤさん。今日は2030年8月2日木曜日。天気は晴れです』無機質な機械声のモーニングコールで智也は目を覚ました。『今日の予定は…』「うるさいよ…ユイ…」トモヤがユイと名付けているのは、人工知能を搭載したライフアシストの事だ。と言っても姿形はないプログラムで、あらゆる電子機器にリンクして常に主人の生活を・・・

0

ごめんねおばあちゃん

15/09/10 コメント:0件 水原あさり

9月9日はれ
せんせい、あのね。
きのうぼくががっこうをやすんだのは、
おばあちゃんがしんじゃったからです。

おそうしきは、
みんななんでかおそろいのくろいふくをきて、
でもぼくはしょうがっこうのせいふくでいいってゆわれて、
びーずのついたうでわをして、ないてました。
びーずのうでわは、なかをのぞくとふとったおじさんがみえて、
これな・・・

1

吹雪メルヤを殺さないで。

15/09/09 コメント:2件 浅月庵

 少年漫画雑誌で連載中の”勇気の魂”がアニメ化するらしい。開始当初からずっと話題の人気作だ。
 単行本10巻程度でメディア化なんて先走りな気もするけど、勢いのある漫画はさっさと映像化する、といった傾向通りなのかもしれない。

 私は無類の漫画、アニメ好きなのだけど、数々の漫画ランキングで1位を獲る”勇魂”は食わず嫌いというか、周りが熱狂していると逆に冷めてしまうというか、ずっと敬・・・

0

幸せのアニメをもとめて

15/09/08 コメント:0件 アシタバ

 昨日。30歳手前のひきこもりの姉が言っていた。
 この世には見たものを幸せにできるという『幸せのアニメ』があると。
 僕は思う。姉よ。
 都市伝説を語っている暇があったら、そのジャージを脱ぎ捨てて、さっさと職か結婚相手を探した方がよいのではないか?


 一日の大半はアニメを見ることに費やしている姉に頼まれて、大学生の貴重な休日に僕は近所の古本屋にやって来た。・・・

0

ルルの春休み

15/09/07 コメント:0件 ちほ

 庭では可愛い花々が咲き、昨夜の小雨の名残でピカピカと水滴を光らせている。綺麗。今日はわたしの十三歳の誕生日で、レーネ海岸沿いにある大好きな別荘へ家族で遊びに行く。部屋を出ると、隣室から妹が飛び出してきた。まだ九つのアンナだ。羊のぬいぐるみを抱き、わたしには目もくれず階段を下りていく。挨拶を忘れる子じゃないのに。玄関では、使用人たちが荷物を馬車まで運んでいた。忙しいせいか、誰もわたしがいることに気・・・

1

杏ちゃんに羽が生えてきた

15/09/04 コメント:2件 みや

三ヶ月になったばかりの長女の杏の背中に羽が生えてきた、と最近そんな変な事を二歳の長男の陸が言い始めた。

「あんちゃんにね、はねがはえてきたんだよ」
「ママには見えないけど?」
「はえてきたの!」

二人の子育てに忙しい私はそんな陸の言葉に、陸には杏が天使に見えるんだね、と感激する気持ちにもなれず、子供は無邪気でいいわよね、と溜息しか出ない。まだ手が掛かる赤ちゃ・・・

6

ニュー・アニメ・パラダイス

15/08/29 コメント:6件 クナリ

 幼馴染のアキユキの右目にアニメが映ることに気づいたのは、私達が小学校五年生の時だった。
 私は母がアニメ嫌いで、家では観ることが出来なかったので、なんと有難い超能力だと大喜びした。
 学校から帰ると、私は友達と遊んで来ますと言って家を飛び出し、裏山の段ボール製の秘密基地でアキユキと落ち合う。
 彼の右目にはアニメ限定で、テレビの電波の受信、録画、再生の能力が宿っていた。お陰で深・・・

0

ソラえもん

15/08/27 コメント:0件 飛鷹朗

うい、今日も飲みすぎたかな。
しかし我が家が近いというのにこの足の重いこと。
待っているのがあの鬼瓦、アニメで言えばジャイ子だよ。
のび太かぁ、いいよなあ。ジャイ子と結婚するはずが、ドラえもんのおかげでしずかちゃんだ。
とび太なんだけどな俺の名前。名前は似てるんだ。
おれの過去も何時の間に変ってて、帰ったら、ジャイ子じゃなくてしずかちゃんが待ってたなんてことはないかな・・・

2

二つの私

15/08/26 コメント:0件 水原あさり

「え?北村さんて、魔法少女じゅえるたんの声優さんなの!?」
「まあ、一応...」
「えー!すげー!」

この合コンでは、私が声優をやっていることは絶対に言うまい。
そう思っていたのに、バイト仲間の小百合が口を滑らせて、ばれてしまった。

ガヤガヤとした、品性の欠片もない安いチェーン店の居酒屋。
私は気まずくなって何とも言えない表情を浮かべたまま、下・・・

1

勝ち組と負け組

15/08/26 コメント:0件 りん

この作品は、下にあるものと同じです。
下にあるストーリーは、ログインせずに書いてしまったものです。
申し訳ありません。


アニメってさ、イケてないキャラがいるから、カッコいいキャラが引き立つんだよね。可愛くない子がいるから、可愛い子がより一層映えるんだよね。目立たないモブキャラがいるから、主人公が目立つんだよね。
人は誰しもカッコいい側、可愛い側、主人公で・・・

4

マンガって勉強になるよ

15/08/26 コメント:6件 こぐまじゅんこ

 私は、幼いころから、母に、
「マンガを買うぐらいなら、本を買ってあげる。」
と言われて育った。
 母が、単にマンガが嫌いというだけで、私の家には、マンガ本は一冊もなかった。
 
 だけど、子どもというものは、親に禁止されても、かくれて読むものである。
 私は、友だちの家で、マンガをたくさん読ませてもらった。
 りぼん・なかよし・花とゆめetc.
<・・・

0

will アニメ化!?

15/08/25 コメント:0件 リードマン

アニメを視ながら、自分の出番は無さそうだと考える自分、どうかしている。
例えば、登場人物達が酷い逆境に立たされているとして、彼等が神様って奴の介入を望むだろうか? 多くの答えはNOだろう。お呼びじゃないって奴だ。
人間が、人間として繰り広げるからこそ、人生という名のドラマは面白いのだから、彼等の輝きを無にしない為にも、頂上の力なんてものはあるべきじゃないのだ。すなわち、シナリオを書き変・・・

2

パラパラ漫画

15/08/25 コメント:4件 W・アーム・スープレックス

達也は、ひとりベッドから出ると、一階のキッチンにおりていった。
そのときちょうど、君江がそばをとおりかかった。
二人は顔をあわすこともなくすれちがった。君江はそのまま玄関におり、靴をはきはじめた。化粧もおえ、バッグを肩に、これから出勤するところだった。
達也はキッチンのテーブルに腰をおろすと、目の前に置かれた生パンをトースターにいれてスィッチをオンにした。パンが焼けるまでのあいだ・・・

1

コウノトリ再配達

15/08/25 コメント:2件 Fujiki

「はい、○○市役所子ども家庭課でございます」
「うちの子がコウノトリにさらわれました。すぐに返してください」
「はあ、なぜさらったのがコウノトリだと?」
「そりゃ分かりますよ。羽が部屋じゅうに落ちてるんですから。ガラス窓まで割って、子どもがケガしてたらどうしてくれるんです?」
「まあ落ち着いて。コウノトリは理由もなしに子どもを連れ去ったりはしません。まずは状況を聞かせてくだ・・・

0

妄想と情熱と破裂しそうな心の切り裂く幻想を描いたアニメ

15/08/24 コメント:0件 高木・E・慎哉

鼓動が激しく破裂しそうだった。
アニメを描いていたアニメイラストレーターの久二寿彦きゅうじとしひこは、狂おしい気持ちで、アニメを描いていた。
このアニメを描かないと、命はない。

それは、三ヶ月前のことだった。
寿彦は、いつも通りアニメを描いていた。
その時だった!
突然、カラスの群れが、寿彦を襲った。
ビックリした寿彦は、慌てて逃げた。

0

幽霊とピアノとクレイアニメ

15/08/24 コメント:0件 ちほ

 柱時計が、夜六時を打った。と同時に、ピアノが美しい旋律を奏ではじめる。しかし幾らも進まないうちに演奏は止まり、陶器を床に叩きつける音が始まった。いつものことだ。この屋敷には幽霊がいる……と思う。
「行きましょう、先輩。二階です」
 おれは冷静なふりをしたが、二階への階段を登ろうとすると足が止まる。後ろから続いて登ろうとしている先輩に、思い切って小声で打ち明けてみた。
「庭から先・・・

2

ゆんなちゃんは俺の嫁!

15/08/24 コメント:4件 るうね

 ちゃらららーん、ちゃらららーん、ちゃらら、ちゃらら、ちゃらら、ちゃらら、ちゃらら、ちゃーらーらららららー、らーらら、ららら♪

 メンデルスゾーン作曲の結婚行進曲≠ェ流れる中、俺は教会の中を歩き始めた。隣には、俺の嫁、神崎ゆんなちゃん――の3Dアニメーション。アニメキャラだ。そう、俺はアニメキャラと結婚するのである。
 アニメキャラとの結婚を認める法律が国会で成立したのは、も・・・

2

アニメの世界に入ったところで、主人公にはなれないのよ?

15/08/24 コメント:2件 るうね

「あー、アニメの世界に行きて―」
「なに馬鹿なこと言ってるのよ」
 独り言のつもりだったぼやきを、隣を歩いてきた幼なじみが聞きとがめたようだ。
「んだよ、美佳」
「アニメの世界に入りたいって、卓郎、それ本気?」
「悪いかよ」
「アニメの世界に入って、どうしようってのよ」
「そりゃもちろん、可愛い女の子たちとキャッキャウフフするに決まってんだろ」
 俺・・・

2

こちら国分寺アニメーション!

15/08/24 コメント:4件 海見みみみ

 誰しもなりたい職業という物がある。私がなりたかった職業、それはアニメ制作に関わる仕事だった。

「平本、原画残りいくつ!」
「私の分は高田さんの原画を回収すれば完了です!」
「それなら早く回収行ってこい!」
「はい!」
 威勢のよい声に追いやられ、私は走りだした。
 ここは国分寺アニメーション。その名の通りアニメを作る会社だ。ここで私、平本ナミは制作進行・・・

ログイン