1. トップページ
  2. 漢字一文字の旅 連載41

鮎風 遊さん

この世で最も面白い物語を見つけ出したい。 そのために、ひとり脳内で化学反応を起こし、投稿させてもらってます。 テーマに沿った個別物語の他に、いくつかのシリーズものをコツコツと書き続けさせてもらってます。 その主なシリーズものを紹介させてもらいます。  ☆❤☆❤☆ 新シリーズ 『ツイスミ不動産』 __ 2017.07.16よりスタートさせてもらいました。 カサリンとクワガタ野郎があなたが求める終の棲家を紹介いたします。  ☆❤☆❤☆ 『刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)』 __ 2017.05.21 ただ今、27話 __ 1話完結の2000文字推理小説です。この少ない文字数の中で、百目鬼刑事と部下の芹凛(せりりん)がいかに事件を解決していくか、その醍醐味を味わって頂ければ、光栄です。 これからも引き続き難しい事件に挑戦して参りますので、よろしくお願いします。  ☆❤☆❤☆ 『漢字一文字の旅』 __2017.04.04 ただ今、連載41__ 漢字にまつわるエッセイです。  ☆❤☆❤☆  『歴詩』 __歴史上の人物になりかわって、その波瀾万丈の生き様の思いを詩に綴らせてもらってます。 本作品については、フォト音(on)小説という形で、you tubeにもUPさせてもらってます。 詳細はこちらHPです。  ☆❤☆❤☆  http://ayukazeyuu.net/index.html  ☆❤☆❤☆                         よろしくお願いします。              

性別 男性
将来の夢 この世で最も面白い物語を見つけ出したい。
座右の銘 Do what you enjoy, enjoy what you do.

投稿済みの作品

0

漢字一文字の旅 連載41

16/12/26 コンテスト(テーマ):第97回 【 自由投稿スペース 】 コメント:0件 鮎風 遊 閲覧数:1194

この作品を評価する

 旅はなにも距離を彷徨(さまよ)うものではない。
 脳の中でも歩ける。

 旅は道連れ、世は情け。 
 皆さまからの熱い情けを受けて、連載10で煩悩の数108漢字を終えました。
 そして、連載11より再スタートさせてもらいました。
 さらに連載41より再々スタートです。
 これからも御一緒に、果てることがない旅が続けられたら嬉しいです。 

 この〈自由投稿スペース〉で、お付き合いのほどをよろしくお願いします。

 また、本エッセイは平凡社出版、著・白川静先生の「常用字解」、並びに著・白川静先生/津崎幸博先生の「人名字解」から、漢字解釈について引用させてもらってます。



連載41 開 酉 台 喧 汁 特

41−(1) 【開】

 【開】、門を閉める横木を表す「閂」(さん、かんぬき)と「廾」(きょう)との組み合わせ。
 「廾」は左右の手を並べた形の漢字で、「閂」(かんぬき)を「廾」で取り外す。
 これがまさに【開】(かい、ひらく)だとか。
 うーん、なるほどと納得してしまう。

 さてさて、この漢字一文字の旅、1年ほど休まさせて頂いておりました。
 理由は、ちょっと疲れ、温泉宿で休養させてもらっていたとご理解ください。
 そのせいで……、『旅で最も手間取るのは、敷居をまたぐ時だ』。
 これはマルクス・テレンティウス・ウァロという人の言葉です。

 確かにその通りかもね。
 だが「閂」(かんぬき)を両手「廾」で取り外し、敷居をまたぎ、新たな旅へと――再【開】。

 『砂漠を旅する者は、星に導かれて進む』
 このM・トケイヤーの言葉を心に刻み、今度はゆっくりとした旅を続けさせてもらいます。


41−(2) 【酉】

 【酉】、酒樽の形で「酒」の元の形だとか。
 読みは(ユウ、さけ、とり)。その中の(とり)は音を借りる仮借用法だそうな。

 2017年の干支は10番目の【酉】(とり)、いわゆる鶏(にわとり)だ。
 なぜ鶏なのだろう。
 9番目が申(さる)、11番目が戌(いぬ)、この犬猿の仲の間に入って、間柄を取り持ったのが鶏だったから……だとか。
 まあ、そのようにしておきましょう。

 さて、鉄の女と呼ばれた英国初の女性首相サッチャーさんは【酉】に例えて言いました。
「鳴くのは雄鶏(オンドリ)かもしれません。しかし、卵を産むのは雌鶏(メンドリ)です」と。
 男どもはこれに「御意」と答え、何事にも従わざるを得なかったそうだ。

 そして東洋では「雌鶏メンドリ勧めて雄鶏オンドリ時を作る」という格言がある。
 これは夫が妻の言いなりとなり、操られること。

 うーん、予感がする。
 2017年の酉年は、ますます女性の勢いが増し、男どもはコケコッコーと。
 いやいや、もう結構、結構! と鳴くしかない事態になるのでは……、と。


41−(3) 【台】

 【台】、元の字は「臺」(だい)、「高」の省略形と「至」を組み合わせた形だとか。
 「至」は矢が到達することで、古い時代重要な建物を建てる時、矢を射て、その建設場所を選定した。
 その神聖な建物が【台】だそうな。

 しかし、常用漢字の【台】は建物の意味はなく、神が寄りつく高殿のことだとか。
 ということで、ちょっとややこしい漢字なのだ。

 年末になると今年1年を表す漢字が清水寺で発表される。
 2016年の漢字は「金」となった。

 そしてそれ以外に、日本気象協会が発表する――今年の天気を表す漢字一文字がある。

 2016年気象予報士が選らんだ漢字は――【台】。
 理由は夏から秋に台風が連続で上陸した。中には北海道にも上陸し、またUターンして本州に戻ってきた台風もあった。

 されども一方で、一般人が選んだ気象一文字漢字がある。過去も含めて並べてみよう。
 ・・・・ 気象予報士 ・・・ 一般人 ・・・      
 2016年・・  台  ・・・・  雨  ・・・
 2015年・・  変  ・・・・  雨  ・・・
 2014年・・  災  ・・・・  雨  ・・・
 2013年・・  暑  ・・・・  荒  ・・・

 どうも一般人は【台】より、最近の異常気象によるゲリラ豪雨の方が印象が深いようだ。


41−(4) 【喧】

 【喧】、口偏に「宣」(せん)。
 この「宣」(せん)には「宣室」と呼ばれる半円形の部屋があり、祖先の霊を祭り、裁判などが行われたようだ。
 そこからなのだろう、発令を「宣言」ということらしい。

 そして「口」の方はもちろん象形。
 だが、これは人の口ではなく、祝詞を入れる器の形だそうな。

 口偏に口という字がある。
 それは一文字で「口口」。
 (ケン)と読み、意味はやかましいこと。
 しかし、本来は祝詞を入れた器を二つ並べたものだそうな。

 さらに、口を四つ組み立てた漢字がある。
「 口口
  口口 」
 (シュウ)と読み、やっぱり滅茶苦茶やかましいことだとか。
 しかし、これも本来は祝詞を入れた器を四つ、いや多く並べた形だそうな。

 【喧】に付く「口」は元来
「 口口
  口口 」だったとか。

 これにより【喧】の意味は祝詞を入れた器を多く並べて、大声を張り上げて祈ってる様ということだ。
 故に【喧】は「やかましい、かまびすしい」の意味になった。

 この【喧】が並んだ四字熟語、【喧】々囂々(けんけんごうごう)は当然――多くの人が銘々勝手に発言して大変やかましいさま、の意味となる。

 一方、はばかることなく正論を堂々と主張するさまの意味の侃々諤々(かんかんがくがく)という四字熟語がある。
 【喧】々囂々(けんけんごうごう)と侃々諤々(かんかんがくがく)、この二つはよく混同される。

 そしてもっとごちゃ混ぜにした形が「【喧】々諤々」(けんけんがくがく)だ。
 残念ながらこんな言葉はない。なぜなら、やかましいが理論整然ってあり得ないからだ。
 多くの人が集まり、「【喧】々諤々」(けんけんがくがく)と議論された、などといい加減なことを言わぬように。
 そこで、正解は短縮させて、「ケンゴウ」、「カンガク」と覚えておこう。

 ということで、本日はちょっと【喧】だったかな


41−(5) 【汁】

 【汁】、「氵」に「十」、十ほどの多くのものを混ぜて作られた液体のことだとか。
 だが現実には「果汁」、「肉汁」、「墨汁」と単品でも液体であれば【汁】のようだ。

 英語で「soup」(スープ)、スペイン語では「sopa」(ソパ)。
 世界三大スープは……、これが諸説いろいろだ。
 トムヤンクン、フカヒレスープ、味噌スープ、ブイヤベース、ボルシチがだいたい定番の候補のようだ。

 ちょっと待った!
 筆者は叫びたい。一番は「ソパ・デ・シエテ・マリスコス」だろ、と。
 メキシコで味わった、要は「七つの海汁」だ。
 七つの海は歴史とともに変遷したが、今は北大西洋、南大西洋、北太平洋、南太平洋、インド洋、北極海、南極海だ。

 これら七つの海からの幸、エビ、イカ、タコ、貝、魚類が凝縮されたソパ。
 これぞ地球海洋生命体の堂々…美味汁だ、と主張したい。

 【汁】、とにかく「氵」に「十」だけに、十人十色てところかな。


41−(6) 【特】

 【特】、「牛」とじっと立つ意味を持つ「寺」で、じっと立った牛。すなわち立派な牡牛だ。
 ここから「めだつ、とくべつ」という意味になったとか。

 米国の大統領、世界の予想に反しトランプ氏となった。
 英語名は――Donald John Trump。
 では中国名では――「特朗普」。だが巷では――「川普」。

 中国語発音では特朗普はトゥーランプー。
 川普はチュアンプー。
 中国人の耳には「Trump」はトゥーランプーではなく、チュアンプーと聞こえるようで、川普(チュアンプー)が巷ではよく使われているようだ。
 しかし、公的にはあくまでも特朗普の字を使えと指示が飛ばされてるとか。

 うーん、「特朗普」ね。
 この漢字から読むと、アメリカ大統領は牡牛で朗らか。だけど普通ですね。
 どうもこれが公の見解のようだ。

 そして世間では、「川普」。
 もっと上から目線で、川のようにありきたりの普通ですね、ってことかな。

 さすが中国は4000年の歴史、曹操に比べれば、トランプ大統領は【特】別ではなく、「普」通の人ってことなのかも知れないなあ。



コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

ログイン