1. トップページ
  2. 孤独な彼

さきさん

性別 女性
将来の夢 世界で活躍する
座右の銘 夢は逃げない逃げるのは自分だけ

投稿済みの作品

1

孤独な彼

16/12/17 コンテスト(テーマ):第96回 【 自由投稿スペース 】 コメント:0件 さき 閲覧数:685

この作品を評価する

彼は一人砂浜に立っていた。
夏は砂浜が見えなくなるほど人がひしめき合っているが、
その時は誰も砂浜に寄り付かないほど寒かった。こんな寒い
時に砂浜に来る人など彼ぐらいだろう。
彼は空を見上げ何かぽつりと言った。彼の声は波の音と混じ
り合う前に、彼の声は波の音にかき消さるように消えていっ
た。風は彼の細身の体を突き刺すような冷たい風だった。
彼はゆっくりと歩き出した。彼の足音、彼から放つ全ての音
が冷風や波の音に消えていった。やがて彼が残した足跡さえ
も冷風によって消えていった。
まるでなにもなかったように。
彼がここに存在していたことを示す全てのものが消えていく
ようだった。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

ログイン