1. トップページ
  2. 祝う気ゼロ

霜月秋介さん

しもつきしゅうすけです。 日々の暮らしの中からモノガタリを見つけ出し、テーマに沿って書いていきます。

性別 男性
将来の夢
座右の銘 不言実行

投稿済みの作品

3

祝う気ゼロ

16/12/11 コンテスト(テーマ):第123回 時空モノガタリ文学賞 【 クリスマス 】 コメント:4件 霜月秋介 閲覧数:1090

この作品を評価する

 雪は降り積もり、道路を白く覆う。冬は、いろんなものが覆われる時期だ。
 今日は十二月二十四日。世間の認識ではクリスマスイブ。しかしそれだけではない。今日は俺の、十四歳の誕生日だ。
 今夜は家族全員、家でパーティーをする予定だ。買い出しにいった母が、家に帰ってきた。買い物ついでに、近所のケーキ屋に予約していたケーキを取りにいってきたのだろう。俺の誕生日ケーキが入っているらしい、正方形の白い箱を抱えてきた。そしてそれを、居間のテーブルの真ん中に置いた。祖父と祖母はケーキに無関心なのか、テレビから目を離さない。姉は料理を台所から運んでいる。俺はケーキの箱をみてソワソワしている。
「さ、お父さんは残業で遅くなるらしいから、先に始めちゃうわよ」
 母は、テーブルの上に置かれた箱の蓋をはずし、白い円型のケーキが姿を現した。そして母はロウソクを立て、そして火を灯し、部屋の電気を消した。あとは、家族で『ハッピーバースデー』を合唱し、今日の主役である俺が、火を消せば儀式完了だ。
「ん?」
 俺はふと、ケーキに乗っかっているメッセージカードに目をやった。小さく書かれてて気づきにくかったが、そこには『メリークリスマス』と書かれている。
 そういえば、ケーキに火を灯したのに、家族は誰も『ハッピーバースデー』も歌いだそうとしない。それどころか、姉が「メリークリスマス!」と叫びながら、手に持っていたクラッカーを鳴らした。火薬のニオイと、細い紙テープが宙を舞っている。
 おかしい。今日はクリスマスイブである以前に、俺の誕生日のはずだ。目の前のケーキは、俺の生誕十四周年を祝うためのものだ。しかし誰も、俺の誕生日を祝おうとしない。
「あ、あれ?みんな、今日が何の日かわかってるよね?」
 俺がみんなに声をかけると、姉と母は渋い顔をしてこっちを見ている。
「なに言ってるの?今日はクリスマスイブでしょ?」
「ポイント五倍の日でしょ。だからさっき、まとめ買いしちゃったわ」
 姉と母のとぼけた回答に、俺はだんだんイライラしてきた。
「そうじゃなくて!じいちゃんは勿論、今日が何の日かわかってるよね!?」
 声をかけられた祖父は、右耳の後ろに手を添えて、「あぁぁ?」と聞き返してきた。
「ばあちゃん、ばあちゃんは勿論、わかってるよね?今日が何の日か!」
「うんうん。わかってるよぉ。一年がたつのは早いわねぇ。おめでとう」
 祖母の満面の笑みに、俺は心底ホッとした。
「あけましておめでとう…」
 付け加えられた祖母のそのひとことに、俺は耳を疑った。
「ばあちゃん…?」
 ホッとしたのも束の間だった。最近祖母の様子がおかしいことには気付いていたが、知らず知らずのうちに、祖母の痴呆は進んでいたのだ。
「いったいどうしたっていうのよ?」
 フライドチキンを幸せそうに頬張りながら姉が俺に尋ねる。母は事務的にローソクの火を吹き消して部屋の電気をつけた。俺の役目が…!なんてことだ。みんな俺の誕生日を忘れてしまっている!去年までは祝ってもらえたのに!
「お…ぉぉおかしいだろ!!お前らそれでも俺の家族か!!なんで誰も俺を祝ってくれないんだよ!そうかよ!俺の誕生日なんて心底どうでもいいんだな!俺よりもイエスキリストとかいう、会ったことも無い得体の知れない奴の誕生日を祝うんだな!わかったよ!」
 姉は思い出したように、フライドチキンの油がついた手をペロペロ舐めながら、
「あ、そういえば今日アンタの誕生日だっけ?おめでとう。何歳だっけ」と、心底どうでもよさそうな顔つきで言った。
「すっかり忘れてたわ」と母。ケーキからロウソクを次々と抜き取っている。祖父はテレビをつけて漫才を観始めた。祖母は初日の出でも眺めているようにうっとりしている。
「もういい!!」
 家族の態度に、俺は怒りを覚えた。怒りのあまり、家を飛び出した。誕生日は自分を産んだ両親に感謝する日だと誰かが言っていた。しかし誕生日を忘れられて、どう感謝しろというのだ!?
 街中を走っていると、俺は人にぶつかってその場に転んだ。
「あれ?九郎?どうしたんだ?こんなところで…」
「父さん…!」
 なんと俺とぶつかったのは、俺の父だった。
「丁度よかった。お前に渡したい物があるんだ」
 父は、手に持っていた小包を俺に手渡した。包みを開けてみると、中身は俺が前から欲しがっていた、好きなアニメのヒロインのフィギュアが入っていた。
「お前の為にと思って、手に入れるのに苦労したんだぞ。今日に間に合うように…」
「父さん…」
 父だけは、俺の誕生日を忘れていなかった。そう思うと俺の目に熱いものがこみ上げてきた。
「これは父さんからのクリスマスプレゼントだ!メリークリスマス!」


 冬は、いろんなものが覆われる。俺の誕生日は、クリスマスに覆われてしまった。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

16/12/27 霜月秋介

朔雲みう様、コメントありがとうございます。
クリスマスに限らず、祝日に生まれた人は大抵、学校や会社が休みなので、誕生日を周囲の人間に祝って貰えない人が多いと思います。祝日に生まれた私も学生時代、そうでした(笑)

17/01/01 滝沢朱音

冬、雪が道を覆うように、誕生日がクリスマスに覆われてしまう。端的な表現がいいですね〜
大人になれば割り切れるようになるとしても、覆われた寂しさは消えないだろうなと。
誕生日のトレードができたらいいのに笑

17/01/02 霜月秋介

滝沢朱音さま、コメントありがとうございます。

お褒めに授かりまして光栄の至りです。冬は雪によって色んなものが覆われますよね。雪に限らず、寒さで人は防寒具や布団に覆われたりもするなと、そう思ってこの掌編が生まれました。クリスマスイブが誕生日なら、逆に人から忘れられないですよね(笑)

ログイン