1. トップページ
  2. ミロのヴィーナスのモデル

欽ちゃんさん

僕の作品を読んで何か感じるものがあるといいです。 気が向いたら良し悪し問わず、コメントいただけると嬉しいです。

性別 男性
将来の夢 顔が笑いじわだらけのじいちゃんになる
座右の銘 明日会えるけど今日も会いたい

投稿済みの作品

0

ミロのヴィーナスのモデル

16/12/05 コンテスト(テーマ):第122回 時空モノガタリ文学賞 【 美術館 】 コメント:0件 欽ちゃん 閲覧数:674

この作品を評価する

美術館に勤務して30年
私が生きている間にこの日が来るとは想像もしていなかった
ルーヴル美術館からミロのヴィーナスが10日間限定で特別展示されることになったのだ
1964年に国立西洋美術館と京都市美術館に展示されて以来、52年ぶりの来日である
美術館には至極の作品をひと目見ようと開館の1時間前にも関わらず行列ができていた
開館時には6時間待ちになるだろう

チケット売り場にも長蛇の列ができていた
私は枚数を聞いてはチケットと現金のやり取りをひたすらに繰り返していた
忙しくともこれがミロのヴィーナスの魅力なんだと思えてなんだか嬉しかった
その時、ヤツは現れた

「何名様ですか?」
「あの、お金もらいに来たんですけど」
「え?」
「ミロのヴィーナスのモデルをしてたモンですけど、著作料もらいにきました」

顔を上げると身長150cmくらい、小太りでアフロのように髪の毛を爆発させたおばさんが立っていた
服に描かれたチーターの柄はおばさんの豊満なお腹に押されて、ちょっと笑っているようにも見える
いや、ってかこんな丸わかりの詐欺あるのか!?

「えっと、どういうことでしょうか?」
「いや、だから言うてるやん。ミロのヴィーナスの原形はわたしやねん。だから美術館がわたしに著作料を払うのは当たり前の話やろ」

無理がある。この詐欺には圧倒的な無理がある。ミロのヴィーナスが発見されたことと同等の奇跡的な無理がある
面影のなさっぷりはドラゴンボールに出てくるザーボンの変身前と変身後に似ている
私の怪訝な表情を読み取ったようにおばさんは話を続けた

「まぁモデルをやったのは若いころやったさかい、そら面影は80%くらいしか残ってへんけどな。歳には勝てへんわ〜」
「あの...このミロのヴィーナスが発見されたのは1820年と言われてまして、今は2016年ですので...」
「なんや!あんたは女性の年齢を探るんか!けったいな子やわ〜」
「いえ、生きてること自体がおかしいかと」
「ええこと言うやん。若く見えるやろ♪」

完全にヤバいやつだ

「発見された場所はギリシアのミロス島ですし...」
「芸術家を目指しとったヤマちゃんがな、あぁヤマちゃんって近所に住んどった酒屋の息子なんやけど、わたしをモデルにしたいーって言うやん。そらこんなべっぴん見つけたらモデルにもしたなるやろ。ミロのヴィーナスはヤマちゃんの最初の作品やねん。ほんでな、その作品を持って海外に武者修行に行ったんや。でもな、武者修行中に大切な作品をパクられてもうてん。ほんまどんくさいやっちゃで」

なんだろう、この人の住んでいた町は宇宙空間にでもあるのだろうか

「美術館に入らないのであれば横にずれていただけますか?他のお客様も待たれていますので」
「なんでやねん!著作料もらったらどいたるがな!」
「とても信用できるお話しではございません。警備員を呼びますよ」
「ちょ!待ちーな!わかった!ほんならな、あんたミロのヴィーナスの両腕がないのはなんでか知ってるか?」
「いえ、諸説ありますがすべて仮説なので存じません」
「ほんなら教えたるわ。これで信じるやろ」
「なぜでしょうか?」
「それはな...」
「はい...」
「酒屋のヤマちゃんが制作中にな、頭を上げた時に腕にゴチン当たってん!ほいで折れてもうたんや!笑えるやろ!がははは」
「警備員さーーーーーーん!!!!!!!!!!」
「なんでやねん!」

こんなにも不毛で理不尽な『なんでやねん』は初めて聞いた

「もうええ!!もうええわ!!!」

圧倒的にこっちのセリフだ

「館長と直接話をつけてくるわ!あんたじゃ話にならん!」

そう言い残すとおばさんは列を抜けると、館内に向かってズカズカと歩いて行った
5分後、2人の警備員に両腕を担がれて引きずられるように美術館の敷地の外へ連れていかれた

なんだろう。もしかしたらあのおばさんはミロのヴィーナスのモデルだったのだろうかと思えてきた自分がいる
ミロのヴィーナスの才色兼備なイメージは、ミロのヴィーナスを神聖化しすぎるあまりに作られた偶像だったのだろうか
いや、しかしそれは違う
ミロのヴィーナスの作者は紀元前130年頃に活動していた彫刻家と云われている
年齢、2146歳...
ミロのヴィーナスの魅力が生んだ史上最もくだらない詐欺師は、その日のyahooニュースでTOPになった


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

ログイン