1. トップページ
  2. チャンネル 『1059』

鮎風 遊さん

この世で最も面白い物語を見つけ出したい。 そのために、ひとり脳内で化学反応を起こし、投稿させてもらってます。 テーマに沿った個別物語の他に、いくつかのシリーズものをコツコツと書き続けさせてもらってます。 その主なシリーズものを紹介させてもらいます。  ☆❤☆❤☆ 新シリーズ 『ツイスミ不動産』 __ 2017.07.16よりスタートさせてもらいました。 カサリンとクワガタ野郎があなたが求める終の棲家を紹介いたします。  ☆❤☆❤☆ 『刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)』 __ 2017.05.21 ただ今、27話 __ 1話完結の2000文字推理小説です。この少ない文字数の中で、百目鬼刑事と部下の芹凛(せりりん)がいかに事件を解決していくか、その醍醐味を味わって頂ければ、光栄です。 これからも引き続き難しい事件に挑戦して参りますので、よろしくお願いします。  ☆❤☆❤☆ 『漢字一文字の旅』 __2017.04.04 ただ今、連載41__ 漢字にまつわるエッセイです。  ☆❤☆❤☆  『歴詩』 __歴史上の人物になりかわって、その波瀾万丈の生き様の思いを詩に綴らせてもらってます。 本作品については、フォト音(on)小説という形で、you tubeにもUPさせてもらってます。 詳細はこちらHPです。  ☆❤☆❤☆  http://ayukazeyuu.net/index.html  ☆❤☆❤☆                         よろしくお願いします。              

性別 男性
将来の夢 この世で最も面白い物語を見つけ出したい。
座右の銘 Do what you enjoy, enjoy what you do.

投稿済みの作品

2

チャンネル 『1059』

12/10/18 コンテスト(テーマ):第十六回 時空モノガタリ文学賞【 テレビ 】 コメント:7件 鮎風 遊 閲覧数:3042

時空モノガタリからの選評

最終選考

この作品を評価する

「花形博士、この世紀の大発見、ビジネスとして世に打って出たらどうでしょうか?」
 助手の河瀬は恐る恐る進言した。「うーん、どうしようかね」と、博士に少し迷いがあるのか、曖昧な返事しか返ってこない。
「そうですか。博士の場合、もし奥さんが知れば離婚問題に発展しかねませんからね。じゃ、この発見、封印してしまうのですか」
 河瀬が残念そうに表情を曇らせた。それに反し、今度は花形博士は背筋をビシッと伸ばした。
「だが、妻からは、ここぞという時は、男ならリスクを取るものよ、と常々言われてるんだ。高解像度テレビのチャンネル『1059』、これで……この混沌とした現代社会はもっと混乱するかも知れないが、いずれ誰かが見つけるだろう。だから決断しよう、これを世に出すことを」

 これは世紀の大発見だと言える。
 自分があの世へと召される年齢を知ることが可能だ。さらに、その後の天国で……誰と暮らすかもわかる。
 その認識方法を博士が発見した。
 
 それは特に学問的なことではない。
 要は、高解像度のテレビモニターを自分の横に配置し、チャンネル『1059』にセットする。そして前面からモニターごと自分の姿をカメラで撮影する。その映像をモニターに送ると、モニター画面には己(おのれ)の姿と、その横にあるモニターが映し出される。
 その画面内のモニターを覗いてみると、そこにはまた己の姿とモニター画面がある。さらにそのモニターにある映像を見てみると、自分の姿とモニターがあり、そしてまたまたそのモニター映像に……。
 それはいくつものドアーを開けて、まるで奥へ奥へと入って行くかのように際限なく続く。

 しかし、最近まではこの秘密のチャンネル『1059』の存在は知られていなかった。また解像度も低かったし、かつ画像拡大機能が不充分であった。そのため、少し奥へと進んだ段階でピンぼけ状態となった。これにより自分の姿を精度良く視覚認識できなかった。
 だが、花形博士はここに技術を集中させ、モニター画面を1つ1つ開けて、奥の世界にいる自分を緻密に調査した。するとどうだろうか、奥へと進むにしたがって、今の自分の容貌が微妙に違って行ってるではないか。いや、もう少し正確に言えば、確実に老けた自分がそこにいたのだ。

 花形博士はチャンネル『1059』で、15のモニター映像まで進入した。そしてそれを拡大したら……「おっとっとー」と、おったまげた。
 黄金の蓮の花が一面に咲く水辺に自分が立っているのだ。そして思った、ここが多分天国なのだろうと。
 さらに20のモニター画面まで進むと、なんと1人の女性が寄り添っているではないか。微細に確認すると、それは妻ではない。密かに想いを寄せる助手の光子だった。

 この瞬間に博士はハッと気づく。
 1つ1つモニター画像の奥へと入って行くことにより、そこには1年1年歳を重ねた自分がいる。そして15年目に……天上界へと。さらにその5年後に、光子があの世で連れ合いになってくれている、と確認できた。不埒(ふらち)なことだが、ちょっと嬉しい。

 とにかく大発見だ。なぜなら、この方法を使えば残りの寿命もわかるし、天国での連れ合いも誰だかわかる。これにより人生設計を組み直せるのだ。
 しかし危ない。博士の場合は妻ではなく、光子だ。
 もしこんな夫の、つまりいささか破廉恥な黄泉の国、それを妻が知ったら、首を絞められるかも知れない。いやいやひょっとすれば……妻は他の男と天国で……仲良くかも? 
 という風な疑惑もあちこちで生まれ、世の中は混乱すること間違いなし。

 博士は正直躊躇した。しかし、ちょっと死ぬまでに金持ちになってみたい気もする。
 貧乏助手の河瀬も一儲けしたいと、そんな強欲が見え見えだ。こんな葛藤の末、花形博士は『天国のぞき見システム』として、世に打って出ることを決断した。


 あの世で、あなたは誰とご一緒しますか?

 高解像度テレビ
 チャンネル『1059』で……お教えしましょう!

 あなたの死期と……冥土の連れ合いを


 こんなキャッチフレーズで、『天国のぞき見システム』は売れに売れた。そしてやっぱり世の中は混乱した。離婚騒動に、刃傷沙汰までもが。
 しかし、二人とも一儲けし、実に金持ちの日々だ。
 だが、ある日、河瀬助手が申し訳なさそうに話してきた。
「博士、すみません。私の天国での連れ合いは……光子さんになったようです」
 しかし意外なことだ。花形博士は軽い笑みを浮かべ、世俗を超越したかのように答えるのだった。

「ああ、もういいんだよ。『1059』、すなわち『天国』での連れ合いは妻に戻したよ。河瀬君、今度、新々発見のチャンネル『259』を覗いてごらん。そこには、愛を裏切って……『地獄』に落ちた自分がいるからね」


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

12/10/19 泡沫恋歌

鮎風さん、拝読しました。

なるほど、自分の寿命と天国での暮らしが見れるのなら、是非見てみたいような気がします。
しかし『1059』で覗いた未来は決定ではないんですか?
その後の行動によってチャンネル『259』に逝くこともあるんですね。
それは怖ろしいことです。

12/10/19 そらの珊瑚

鮎風さん、拝読しました。

1059だからてんごく、259だからじごくなんですね。
天国でもつれ合いになりたいと思っている夫婦はきっと幸せでしょうね。
死んでからは別々がいい、なんて思っているカップルはいそうです。
とりあえす私は1059は覗かないでおきましょう。

12/10/21 草愛やし美

鮎風 遊さん、拝読しました。

1059と259、なるほどそういう隠語でしたか。わかれば世間は混乱することでしょうね。

だけど、この博士が人の生き方を決めていたとしたらどうしますか。実際にあちらの世界へ逝ってみないと真実はわからないのですから――全てが博士の創造の映像だったとすればこんな怖いことないです。もしやと疑う人がきっと出て来るのではないのかと考えてしまいました。

13/11/29 鮎風 遊

泡沫恋歌さん

コメントありがとうございます。

『1059』から『259』に。
決してこのチャンネルを選ばないように。

13/11/29 鮎風 遊

そらの珊瑚さん

コメントありがとうございます。

とにかく死んでからいろいろでして。
覗かない方が良いかもね。

13/11/29 鮎風 遊

草藍さん

コメントありがとうございます。

そうですね、恐いですね。
しかし、案外明るく楽しかったりして。
覗いてみたいような気もします。

ログイン