1. トップページ
  2. 人生で一番面白かったことって大体ちょっとくだらない

杏花さん

こんにちは、杏花(きょうか)と申します。小説は始めて3年程です。少しでも皆様に楽しんでいただけたら、と思います。

性別 女性
将来の夢 常に自分らしい創作をする。あわよくば評価される!
座右の銘 勝とうとしなきゃ勝てない!

投稿済みの作品

0

人生で一番面白かったことって大体ちょっとくだらない

16/10/15 コンテスト(テーマ):第119回 時空モノガタリ文学賞 【 お笑い 】 コメント:0件 杏花 閲覧数:646

この作品を評価する


少女A

「一番面白かったこと……?そうですねえ」

約2分の間のあと、一瞬目を見開き口元が緩み始める。

「私この前友人としゃぶしゃぶ行って、馬鹿みたいに食べたんですよ。そんでまあ、かき氷とか綿あめとか、甘いものも置いてあるようなお店だったんで、口直しにそっち食べながら駄弁ってたんですよ」

ここで、一瞬思い出し笑いが入る。

「そう、それで。フフッ、なんか、あの子はもう食べ終えてて、肉が乗っていた皿に使い終わったソフトクリーム用のお皿置いてたんですよ。で、私はわらびもち食べてたんですよ。でも結構おなかいっぱいになって、駄弁りながらゆっくり食べてたんですよ。もう、スプーンすら持ってない状態で」

少女A、急に手を叩き始める。

「そしたら、パートのおばちゃんが来て『空いてる皿お下げしまーす』って言って空の肉の皿の上に食べかけのわらびもち乗っけて持って行っちゃってー!しかもちょっと立ち寄った感じで、すぐどっか行っちゃってぇー!私もうあの時「あっ……」しか言えないし友達大爆笑だし、もう食べすぎてお腹苦しいのに笑いすぎてもうしんどかったー!」


強制終了。次の人間に移行。担当を交代する。


男性H

「私、ビールのせいで、こんな腹になっちゃって。アハハ……。なんで、ちょっとダイエットしようとジムに通い始めたんです」

一瞬腹の肉を持ち上げる動作をするけど、オッサンめっちゃ肉つまめてる。ていうより持ってる。

「そう、それで、私が通える時間は結構お年寄りが多くてですね、特にプールなんかは結構人がいるときもあるんですが。基本泳がないで歩くんですがね、ある日目の前にいた方ががなかなか強烈でしてね」

笑う、というよりやたら深刻な面持ちをしはじめるオッサン。

「当たり前なんですが、勿論プールなので水着なのですが、結構ちゃんとした水着の方が多いのです。が、その人は普通のビキニでした。そして、その方も私に負けず劣らずの中々な体系の方だったのですが、やたら歩き方が不自然でした。基本ウォーキングのように手を動かす方が多いのに、どこか気にするような動きでした」

オッサン、俯いた。

「よく見るとですね、紐なんですよ。上も下も。しかもサイズが合っていないのか、下はずり落ちるし上はずり上がる。必死に治すんですよ。その場で見ていると複雑だけれど思い出すとちょっとフフッてなります」

見たら笑う自信ある。オッサンのチェック終了。担当交代。



チャラ男O

「友達が罰ゲームで90歳のおばあちゃんのナンパに成功したとき」

終了。次の人間に移行。担当を継続する。


事務員B

「前いた部長がすごいうざくって、もうなんかめっちゃセクハラするんですよー。酔うと躓いたふりして、胸触ったりぃ」

髪の毛をいじりながら、足を組みはじめる。

「なんでぇ、部長が酔った時に、男の同期に詐欺メイクして、ウィッグ被らせて、ホモバーに連れて行かせたらなんかそこのお客さんにお持ち帰りされたみたいでぇ、それ以来なんか痔の疑惑湧いてるんですよくっそ笑えるぅー」

声もそうだが、やたら手の叩く音も響く。次に移行する。担当継続。


大学生U

「やたらしっかり柔軟やっていたオッサンがプールに飛び込んだ瞬間、水着の真ん中が綺麗に避けてケツが浮いてきました」

合格。次に移行する。担当継続。

主婦T

「旦那の浮気が発覚したとき、なんか凄い慌てて弁解してて……。お前が一番とか、もうしないとか。でも、私一言も言ってないんですよねぇ」

何を?と問うと主婦Tは笑い始める。

「だって、私『メール来てたよ』とか『ワイシャツに口紅ついてたよ』とか『キャバクラの名刺ポケットにあったよ』ぐらいしか言ってない……。『浮気』なんてワード一回も出してないのに、面白いですよね」

強制終了。目的とは違う回答として上記の内容を破棄する。

少年N、その姉Y

「おばあちゃんが、あんぱんまんの、ぬいぐるみ持ちながら、鉄腕アトムをうたったとき」
「ちょっと惜しかったねえ」

どう惜しいのか、という質問をする。

「空を飛ぶところまでは合ってたんですけどねぇ」
「おしいおしい」
「まあどちらも科学の子でもある気はしますがね、祖母らしい間違えでしたよ」


実験終了。サンプルを帰還させる。


「おー、終わった?」
「お疲れ様です。あの、あんぱんまんって何ですか?」
「喋るパン」
「パンが喋るとは。なるほど、科学ですね」
「どういう仕組みなんだろうな!」
「我々ではまだ人間を理解するのは難しいですね」
「笑いの力で人間と仲良くって考える上司もちょっと理解できないけどな!」
「全くです」


この後『子供向け番組でよく見るばい菌の着ぐるみをきた男にアンケートを取られた』と語る人が、出たとか、出ないとか。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

ログイン