1. トップページ
  2. みな様へ、 犬一匹からのご挨拶

鮎風 遊さん

この世で最も面白い物語を見つけ出したい。 そのために、ひとり脳内で化学反応を起こし、投稿させてもらってます。 テーマに沿った個別物語の他に、いくつかのシリーズものをコツコツと書き続けさせてもらってます。 その主なシリーズものを紹介させてもらいます。  ☆❤☆❤☆ 新シリーズ 『ツイスミ不動産』 __ 2017.07.16よりスタートさせてもらいました。 カサリンとクワガタ野郎があなたが求める終の棲家を紹介いたします。  ☆❤☆❤☆ 『刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)』 __ 2017.05.21 ただ今、27話 __ 1話完結の2000文字推理小説です。この少ない文字数の中で、百目鬼刑事と部下の芹凛(せりりん)がいかに事件を解決していくか、その醍醐味を味わって頂ければ、光栄です。 これからも引き続き難しい事件に挑戦して参りますので、よろしくお願いします。  ☆❤☆❤☆ 『漢字一文字の旅』 __2017.04.04 ただ今、連載41__ 漢字にまつわるエッセイです。  ☆❤☆❤☆  『歴詩』 __歴史上の人物になりかわって、その波瀾万丈の生き様の思いを詩に綴らせてもらってます。 本作品については、フォト音(on)小説という形で、you tubeにもUPさせてもらってます。 詳細はこちらHPです。  ☆❤☆❤☆  http://ayukazeyuu.net/index.html  ☆❤☆❤☆                         よろしくお願いします。              

性別 男性
将来の夢 この世で最も面白い物語を見つけ出したい。
座右の銘 Do what you enjoy, enjoy what you do.

投稿済みの作品

1

みな様へ、 犬一匹からのご挨拶

12/10/09 コンテスト(テーマ):【 犬 】 コメント:8件 鮎風 遊 閲覧数:2852

この作品を評価する

 初めまして。
 僕は犬一匹です。
 せっかくの機会、この場を借りて、みな様へちょっとだけですが、ご挨拶申し上げます。


 僕がこの家に住み出して、随分と歳月が流れました。
 そう、それは10年前です。生まれたての僕はダンボールの箱に入れられて、公園に捨てられていたのです。当時、幼なかったエッコとヨックンがクンクンと泣いていた僕を家に連れて帰ってくれました。

 ダンナと奥さんはしぶしぶだったのですが、子供たちの願いを聞き入れて、僕を家に招き入れてくれました。そして身体を洗ってくれて、暖かいミルクまで飲ませてくれたのです。あのまま公園でもし捨てられたままだったら、多分お陀仏だったでしょうね。まあ言ってみれば、際どいところで命拾いしました。

 自分で言うのも恥ずかしいのですが、10年前の僕は結構可愛いかったのですよ。
 エッコとヨックンが朝起きると、まずおはようと挨拶に来てくれてね、ご飯を食べさせてくれたりしたのですよ。それにエッコなんか、学校から帰ってくると、僕の所へ飛んできて、「カッワイイ」といつも頬ずりしてくれました。それをダンナと奥さんが微笑んで見ていました。
 僕はそんな時に幼いながら思ったんですよ。こんな幸せな日々が続いて欲しい。そして、この家族をずっと守って行こうと。

 それは、この家で暮らし出して1週間経った昼下がりのことでした。奥さんは普段の疲れが出たのか、ソファーで横になり昼寝をしていました。僕はというと、奥さんの足下で、つけっ放しにされたテレビをウトウトしながら観ていたのです。
 だけど、そんな時に、なにか変だなあと感じたのですよね。焦げたような臭いがして、それがどんどん強くなってきました。
「これは、ちょっとヤバイぞ」
 僕はそう思いました。そしてなにか身の危険を感じ、パピーながらも「キャンキャン」と鳴き続けました。
 奥さんは僕の甲高い声に目を覚まし、「あららららっ、どうしましょう。ヤカンが真っ赤で、取っ手が燃え出してるわ!」と、大びっくり。
 そうなんですよ、奥さんはお湯を沸かしていたのを忘れ、寝てしまっていたのです。
 要は……空だき。今にも壁に引火しそうになっていました。

 火事にもなりかねないヤカンの空だき、奥さんは慌ててガスを止めに走りました。そして、濡れたふきんを燻(くすぶ)るヤカンに被せ、無事鎮火させました。
「ワンちゃん、賢いわね。もう一歩で火事になるところだったわ。ありがとう」
 奥さんはそう言って、僕を思い切り抱き締めてくれました。

 公園で拾われて、お世話になり始めた家、幼いながらも何かお役に立ちたいと思っていた矢先の出来事でした。そしてこういう形で早速感謝されて、僕は嬉しかったです。
 だけど残念なことなのですが、その時まだ僕には名前がなくってね、ワンちゃんとしか呼ばれなかったのですよ。これがいささか不満でした。
 それで、ちょっと拗(す)ねるように、何も返事せずに横を向いていたのです。そうしたら、奥さんがハッと気付いてくれました。
「ゴメンね、ワンちゃん、そういえば、まだ名前がなかったわよね。そうね、どんな名前が良いかしら?」
 それからです、しばらく考えて、「良い名前があったわ」と奥さんがじらしてきました。「わんわん」と僕が催促すると、おもむろに発表がありました。
 それは……「危機一髪よ」……だって!

 その日から僕の名前は「危機一髪」です。
 名は体を表す。振り返れば、現在に至るまでたくさんの危機一髪を経験してきました。そしていつの間にか、あれから10年の歳月が流れ、人間で言えばもうアラ還年代になってしまいました。
 ここまではダンナに奥さん、それにエッコとヨックンの家族みんなのお陰で自由気ままに暮らさせてもらいました。感謝の気持ちで一杯です。
 しかしですよ、なにか予感がするのですよね、このままの平穏な日々だけでは終わらないと。我が生涯において最大の危機が起こるのではと、ちょっと不安です。
 でも、またその時は、得意の危機一髪で乗り越えたいと思います。
 機会あれば、その顛末をまたご報告させてもらいます。

 みな様方におかれましても、多くの危機があろうかと思います。
 どうかスルッと危機一発ですり抜けて、人生生き延びていかれますようお祈り申し上げます。

 本日は犬一匹からのほんのご挨拶だけでした。ありがとうございました。

                    危機一髪より


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

12/10/09 泡沫恋歌

鮎風さん、拝読しました。

「危機一髪」とは、ずいぶん際どい名前ですね。
普通は「キキ」ちゃんとでも呼ぶのでしょうか?
賢い犬は家族の宝です。
これからもキキちゃん活躍してくださいね。

12/10/09 草愛やし美

拝読しました。

危機一髪、凄くよいネーミングですよねぇ、……ってことにしておきましょう(苦笑)

男の子なので、愛称は「いっぱつ」とかって呼びますか? でもそれでは、どこかのお笑い芸人さんたちの仲間と思われてしまうかもですね。楽しいお話でよかったです。

12/10/09 そらの珊瑚

鮎風さん、拝読しました。

童話のような味わいのあるお手紙でした。
名犬ラッシーみたいに賢いワンちゃんですね♪

12/10/09 鮎風 遊

泡沫恋歌さん

際どすぎますかね。

危機でなく、キキ、良い名前ですね。
そんな犬を飼ってみたいですな。

12/10/09 鮎風 遊

草藍さん

はい、お笑い犬です。
おもろいヤツですよ。

楽しんで頂き、光栄です。

12/10/09 鮎風 遊

そらの珊瑚さん

童話コメディーですね。

今回は2000文字に入らず、後日談が抜けてます。
はい、それはもう吉本ですわ。

12/12/22 ドーナツ

はじめまして 危機一髪くん。
なんとも、律儀なお姿 というか、凛々しいというか。
またスリリングな体験しましたら、是非 教えてくださいね。
高見沢さんは ご存知ですか?
彼のとこに行くと おもろいことあるかもです。

今後のご活躍 期待しております。
ではまた。
にゃんこ同盟ファン一同より。

13/11/29 鮎風 遊

ドーナツさん

コメントありがとうございます。

そうですか、にゃんこ同盟ですか。
わんこ同盟、仲良くさせてください。
よろしく。

ログイン