1. トップページ
  2. 反面教師型ロボット ・パピプペポ

鮎風 遊さん

この世で最も面白い物語を見つけ出したい。 そのために、ひとり脳内で化学反応を起こし、投稿させてもらってます。 テーマに沿った個別物語の他に、いくつかのシリーズものをコツコツと書き続けさせてもらってます。 その主なシリーズものを紹介させてもらいます。  ☆❤☆❤☆ 新シリーズ 『ツイスミ不動産』 __ 2017.07.16よりスタートさせてもらいました。 カサリンとクワガタ野郎があなたが求める終の棲家を紹介いたします。  ☆❤☆❤☆ 『刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)』 __ 2017.05.21 ただ今、27話 __ 1話完結の2000文字推理小説です。この少ない文字数の中で、百目鬼刑事と部下の芹凛(せりりん)がいかに事件を解決していくか、その醍醐味を味わって頂ければ、光栄です。 これからも引き続き難しい事件に挑戦して参りますので、よろしくお願いします。  ☆❤☆❤☆ 『漢字一文字の旅』 __2017.04.04 ただ今、連載41__ 漢字にまつわるエッセイです。  ☆❤☆❤☆  『歴詩』 __歴史上の人物になりかわって、その波瀾万丈の生き様の思いを詩に綴らせてもらってます。 本作品については、フォト音(on)小説という形で、you tubeにもUPさせてもらってます。 詳細はこちらHPです。  ☆❤☆❤☆  http://ayukazeyuu.net/index.html  ☆❤☆❤☆                         よろしくお願いします。              

性別 男性
将来の夢 この世で最も面白い物語を見つけ出したい。
座右の銘 Do what you enjoy, enjoy what you do.

投稿済みの作品

2

反面教師型ロボット ・パピプペポ

16/08/13 コンテスト(テーマ):第114回 時空モノガタリ文学賞 【 パピプペポ 】 コメント:2件 鮎風 遊 閲覧数:888

この作品を評価する

「皆さん、他人への思いやりを芽生えさせ、平穏に暮らして行けるように導いてくれる反面教師型ロボットを、ついに我々は開発に成功しました。そのロボの人格のモデルとなった5人のスタッフたち、ここは愛称で呼びますが、ヒカラビ男にヒヨコネエ、雲隠れニーと口まめ女、それと指折りあんちゃんに心より感謝したいと思います」
 今宵は開発完了の打ち上げ会、課長が大袈裟に挨拶をし、そばのロボットにハグする。こんな展開にヒヨコネエが「課長、私たちの根性悪さがコピーされたロボなんて、人気出ませんよ。葬り去りましょう」といつも通りかん高くピイピイと鳴く。まことに五月蝿い。
 だが、そんなことはなんのその、今度は口まめ女が「ねえねえ、A社の営業課長って、苦み走ったいい男でしょ。この間若い女と腕組んで歩いてたわ。きっと不倫よ」とペラペラしゃべり、あとは「課長、不倫経験ありますか?」と顔を覗き込む。
 まったく場にそぐわない話題。指折りあんちゃんが指を口に当てると、横で身を潜めていた雲隠れニーが「課長はダサイ、オサムさんだぜ」と囁く。
 みんな一瞬理解不能。されど10秒後、ハッと気付いた課長が「俺が不倫できないほどダサイ男ってか。もう頭にキタ、ノタケシだ!」と万人向けの駄洒落反撃を執行した。ここは上司を立てたのか、まばらだがパチパチパチ。まさに打ち上げ会は盛り上がりつつある。なのに、雲隠れニーが水を差す。「ちょっとオチッコ、行ってきマ〜ス、ゾエヨウイチ」と臭すぎる駄洒落をかまし、プラプラと部屋から出て行った。
 これに指折りあんちゃんが苛ついたのか、「いつもの雲隠れニーの音信不通の行方不明、帰還は1時間後です。課長、ヤツを見捨てて乾杯しましょう」とこぜわしくポキポキと指を鳴らす。
「ちょっとアンタ、その貧乏くさい音出すの止めてくれない、不快だわ」
 ヒヨコネエの文句が尽きない。一方ヒカラビ男はこの不穏な空気の中でシレッとビールを飲み始めてるではないか。この男には協調性がない。感情から所作までパサパサなのだ。

 このような部下の振る舞いを見ていて、課長はあらためて思う。
 何もかもパサパサのヒカラビ男、ピイピイ文句ばかり言うヒヨコネエ、いつもプラプラとどこかへ消えてしまう雲隠れニー、ペラペラと秘密を漏らしてしまう口まめ女、ポキポキと耳障りな音を発する指折りあんちゃん。よくぞここまで苛つかせてくれる部下が揃ったものだと。
 しかし、それは逆転の発想だった。こんなイライラさせる気性が凝縮されたクソッタレロボット、それがもしこの世に存在したならば、それは飼い主に対しての反面教師となり、性根はこうあるべきではないと他人への思いやりが醸成されるだろう。いや、きっと美しく生きて行くための手助けになるはずだ。
 ここは社是にある社会貢献の一貫。課長は経営に熱く上申し、必死の思いで承認を得た。そして時を経て、ここに世界最強にうざい人工知能ロボットが完成したのだ。課長の目には涙が。
 だが、上司の心、部下知らず、ヒヨコネエは「いつもの嘘泣きっスか。バレミットモナイわ」と突っ込み、さらに口まめ女からは、早速どこかで喋りたいのだろう、「未発表のこいつの名前、ここで披露してくださいよ」と迫ってくる。
 うん、確かに言われてみればそうかも。そろそろ名前を部下たちに周知させるタイミングだ。課長は仁王立ちとなり、高らかに吠える。
「こやつの名前は――反面教師型ロボット・パピプペポ――じゃ!」
 その後、「命名理由は君たちの胡散臭いアイデンティティー、つまりパサパサ、ピイピイ、プラプラ、ペラペラ、ポキポキをこいつの人工脳に注入してやったからだ」と続けた。
 人知れず帰還済みの雲隠れニーを含め5人は口をポカーン。この放心状態にさらに課長は「アンドロイド・パピプペポは出来たてのほやほや、販売前の試行が必要。あとで1匹ずつ持ち帰り、今夜より共に暮らすこと、業務命令じゃ」と口を尖らせた。性格悪い5人であっても滅私奉公人、従わざるを得ない。渋々連れて帰った。

 強烈に苛立たせてくれるアンドロイド・パピプペポ、しかし3ヶ月も一緒にいれば、まさにロボの振り見てわが振り直せだ。徐々にではあるが、無感情でパサパサのヒカラビ男に潤いが生じ始め、ヒヨコネエのせっつきピイピイは素直なハイハイに変わり、プラプラとどこかへ消える雲隠れニーは持ち場に根が生えた。ペラペラと喋ってしまう口まめ女は最近は口を一文字に閉じ、ポキポキと耳障りな指折りあんちゃんはみんなのために骨を折ってくれるようになった。
 この結果に自信を得た課長は「可愛いパピプペポ、これでA社開発、ばたばた、びくびく、ぶよぶよ、べこべこ、ぼちぼち、謳い文句は虐めて憂さ晴らし可のサリーマン型ロボ・バビブベボに勝てるぞ、ヨッシャ−!」と拳を堅く握り締めるのだった。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

16/08/24 泡沫恋歌

鮎風 遊 様、拝読しました。

この部下たちは、揃いもそろってアスペルガー症候群ではないかと思いますね。
最近では上司のための、アスペの部下からメンタルを守る本というが出ているらしいです。

反面教師型ロボット ・パピプペポ、自分と良く似た奴が側にいたら、自分の欠点が分かって
反省してマトモになるかもしれない。

とっても面白いアイデアだと思いました。

16/09/01 そらの珊瑚

鮎風 遊さん、拝読しました。

「ロボの振り見てわが振り直せ」そんなコンセプトで出来たアンドロイドで
矯正された社員たち、なんだか普通になっちゃって残念です(笑)
面白かったです。

ログイン