1. トップページ
  2. のっぺらぼう

林一さん

性別 男性
将来の夢
座右の銘

投稿済みの作品

0

のっぺらぼう

16/08/02 コンテスト(テーマ):第115回 時空モノガタリ文学賞 【幽霊 】 コメント:0件 林一 閲覧数:859

この作品を評価する

「その女が振り向くと、そこには目も鼻も口も付いていない、ツルンとしたな顔が……」
「キャー!」
「もう、ユキはほんとに怖がりね。今時、のっぺらぼうの話なんかでこんなに怖がる人いないわよ」
「だって、顔がない人間なんて想像しただけで怖いじゃない」
「まあそうだけどさあ」
「怖い話はもうやめようよ」
「じゃあ気分を変えて、恋愛の話でもしよっか。最近どうなの?」
「実はね、ちょっと前に知り合った人がいるんだけど、毎日ラインしてるんだ」
「へーそうなんだ。どんな人なの?」
「二つ年上の大学一年生でね、趣味がテニスとピアノと食べ歩きなんだって」
「それって、全部ユキと同じ趣味じゃない。すごい偶然ね」
「うん。だから話が合うのよ」
「で、イケメンなの?」
「俳優の向井旬似のイケメンらしいよ」
「らしいって、どういうこと?」
「まだ会ったことないんだよね。ネットで知り合ったから。でも、今度の週末にご飯に行く約束してるんだ。すっごい楽しみ」


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

ログイン