1. トップページ
  2. 【まいご】

KOUICHI YOSHIOKAさん

性別 男性
将来の夢
座右の銘

投稿済みの作品

0

【まいご】

16/07/25 コンテスト(テーマ):第86回 【 自由投稿スペース 】 コメント:0件 KOUICHI YOSHIOKA 閲覧数:789

この作品を評価する

ショッピングセンターで迷子になった女の子
スキップかろやか泣いてなんかいません
「お母さんどこかな、ルンルンルン」
歌いながら きょろきょろ うろうろ ウインドウショッピング
熊さんのぬいぐるみ 机にかざってみたいな 可愛いな
ソフトクリーム 食べたいな あとでお母さんと一緒にね
こんなに大きいショッピングセンターだけど
こんなにでっかい いっぱい 人ばかりだけど
「鳥の広場」で待っていれば 必ず迎えにきてくれるはず
でもね、女の子 頭をひねって考える
そういえば「鳥の広場」はどこかしら
あっちに行けばいいのかな こっちに行けばいいのかな
いっ階かな に階かな わからない どうしよう
大きな大人は怖いから 知らない子供は恥ずかしい
たずねたくても 声をかけることができません
そっちに行けばいいのかな とにかくまっすぐ走ってみる
近くのひとが慌てだし 自然に道がひらけていく
ショッピングセンターを全力で走る女の子
お店が 人が 目の前をながれていく
どんっ、とぶつかって お尻をついて見あげれば
花屋の店員さん おどろいて
持っていた赤いチューリップ 床に一本落してしまう
エプロンをたたんでしゃがんだ店員さん
落ちたチューリップ そのままに 女の子の手を握って
「どうしたの、いたくなかった」と聞きながら
やさしく女の子に微笑みかける ああ、お母さんと同じ匂い
「あのね、あのね、あのね・・・」
迷子に気づいた女の子 ぽろぽろ、ぽろぽろ 泣き出した
花屋の店員さん 床から拾った赤いチューリップ
   そっと 女の子に渡して 頭を撫でました


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

ログイン