1. トップページ
  2. マスカレード――仮面舞踏会――

葵 ひとみさん

「フーコー「短編小説」傑作選8」にて、 「聖女の微笑み」が出版社採用で、出版経験があります。 第114回 時空モノガタリ文学賞 【 パピプペポ 】最終選考を頂きました。 第116回 時空モノガタリ文学賞 【 裏切り 】最終選考を頂きました。 心からありがとうございます。 感想、心からお待ちしています^▽^ Twitter @Aoy_Hitomi

性別 男性
将来の夢 毎日を明るく楽しく穏やかにおくります。
座右の銘 白鳥の湖、努力ゆえの優雅さ――。

投稿済みの作品

0

マスカレード――仮面舞踏会――

16/07/13 コンテスト(テーマ):第113回 時空モノガタリ文学賞 【 ダンス 】 コメント:0件 葵 ひとみ 閲覧数:852

この作品を評価する

私は京都クラブ・サロメのクィーン、

ロイヤル・ピンクのドレスとティアラの髪飾りを今夜は身に纏っています。

そして、あれが私のお店の名物の新人黒服さんです。

今宵の余興の仮面舞踏会は彼の道化ぶりがお客様に好評で企画さ

れたようなもの。

さて、おもしろおかしく店内でバンドの演奏がはじまりました。

――まわるまわる貴方はピエロ、

私のまわりをおどけてダンス、私は心の中で嗤っている。

まわるまわる貴方はジョーカー、

ダイヤのクィーンの私のまわりをふざけてダンス、

私は心の中で嗤っている。――

まわるまわる今夜はマスカレード、

今宵は私はヴーヴ・クリコのローズラベルまで用意したの、

何故って?

私の心の暗闇に秘めたる煉獄の炎のように紅い想いが遂げられる、

踊りに加わった時にさりげなく私はあの黒服の手の甲に口づけをする、

紫色のダリアを華道嵯峨御流に添えるように繊細かつ

大胆に。

そして、六月に清楚な真っ白なユリに生まれ変わった私はあの黒服に抱きしめられる、

光眩しい海が見渡せる白亜の教会で、

私たちの婚礼が挙げられた。

二人の想いは出会った時から永遠にダンスを続けている――




参考音楽「まわるピエロ」歌 作詞 作曲 バンド Circumzenithal Arc

(サーカムゼニタルアーク)


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

ログイン