1. トップページ
  2. みんなの居酒屋

takasanさん

江戸時代が好きで時空空間でタイムスリップするのだ。

性別 男性
将来の夢 時空をこえて江戸時代に出現すること。
座右の銘 人生いたるところにせいざんあり。

投稿済みの作品

0

みんなの居酒屋

12/03/28 コンテスト(テーマ):第二回 時空モノガタリ文学賞【 居酒屋 】 コメント:0件 takasan 閲覧数:2172

この作品を評価する

今夜もいろいろな酔っ払いが集まるこの店は、僕が3年前から経営している。お酒も飲み放題でつまみもなんでも食い放題でアリ2000円でおもいきり酔えるところでありみんなこの店のために毎日を生活している、なぜにこんなに安いのかと不思議に思う方もいると思うので説明すると、この店の物はすべて飲み客のもちこみなのだ、ここは完全な会員制でありその会員の条件として会費はないかわりにつきに最低1回以上はなんでもいいから家庭の不要なものを持ち国ことがその唯一の条件なのだ、まあここへくれば不要物の整理ができてかついろいろなひとたちとの交流が簡単にできるということである、ただしこの店の家賃支払いのためにくるたびに2000円をとりそれを家賃と光熱費にあてている、いまのところそれでなんとかやりくりしているのだ、最近やけに若い女の会員がふえた彼女らは個別にかくグループになり週1回の割合でやってきては毎週の出来事や世間話に熱をあげているそばでみていてもなんとも楽しそうでもある、お酒は僕の友人で酒屋をやっているとんぺいというやけに酒嫌いの酒屋の跡取りであるが売れ残りのお酒を毎日のように配達してくれていておもに若い女のグループではもてもての存在である。僕は僕でお酒はビールしかのめなくて、つまみのお菓子が大好きなのである。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

ログイン