蹴沢缶九郎さん

どうもはじめまして、蹴沢缶九郎と申します。暇つぶしに読んで頂ければ幸いです。「小説家になろう」でも同ニックネームで掌編小説を書いてます。http://mypage.syosetu.com/707565/ よろしくお願いします!!

性別 男性
将来の夢
座右の銘 明日は明日の風が吹く

投稿済みの作品

0

行動

16/05/31 コンテスト(テーマ):第110回 時空モノガタリ文学賞 【 雨 】 コメント:0件 蹴沢缶九郎 閲覧数:1331

この作品を評価する

「何でこうなった…」

僕の目の前には雨に打たれ、頭から血を流し倒れている男の遺体がある。

「誰がやった…僕か…僕なのか…」

混乱する頭で記憶を辿っていく…。そうだ、僕は数時間前、この男と酒を飲んでいた。カウンター席でたまたま居合わせた男と意気投合し、一緒に飲んでいたんだ。初めは楽しかったが、その内、男と口論になり、店の外に出て男に殴られ…、かっとなってつい、近くに落ちていた石で男の頭を…。

「こいつが悪いんだ!! そうだ!! 殺されるような事をしたこいつが悪い!! 僕は悪くない!!」

僕は男の遺体に構わず、その場から逃げ出した…。


事の一部始終がスタジオのモニターに映し出され、クイズ番組の司会者が言った。

「『遺体を前にした青年のとる行動は?』 正解は『逃げる』でした。桜井さんチーム見事正解です。50ポイント獲得!! それでは続いての問題…」


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

ログイン