1. トップページ
  2. それでも僕は君に恋をする

冬垣ひなたさん

時空モノガタリで活動を始め、お陰さまで4年目に入りました。今まで以上に良い作品が書けるよう頑張りたいと思いますので、これからもよろしくお願いします。エブリスタでも活動中。ツイッター:@fuyugaki_hinata プロフィール画像:糸白澪子さま作

性別 女性
将来の夢 いつまでも小説が書けるように、健康でいたいです。
座右の銘 雄弁は銀、沈黙は金

投稿済みの作品

6

それでも僕は君に恋をする

16/03/14 コンテスト(テーマ):第103回 時空モノガタリ文学賞 【 同棲 】 コメント:10件 冬垣ひなた 閲覧数:993

この作品を評価する

 マンションの呼び鈴が鳴ったのは、何年ぶりの事だろう?
 フィギュアに囲まれ独り暮らしを謳歌していた僕がドアを開けるとそこには、2次元の嫁に負けぬくらい斬新なスタイルの女の子が立っているではないか。
「こんにちは」
 彼女の体は、うっすらと向こうの景色が透けて見える。腰を抜かした僕はずり落ちた眼鏡を上げながら、彼女に聞いた。
「ききききき、きみ、もしかしてユーレイ?」
「いいえ」
 天使のような彼女は微笑みを浮かべ、こう言った。
「未来人なんです」
 その時だ、僕たちが時空を越えて恋に落ちたのは。


「私の名はマナ、22世紀から来ました。突然ですが今日から一カ月ここで暮らします」
 何、そのどこかで見たようなシチュエーション。
「早速ですが……そこに寝てください」
 そして、超高速展開!
 僕は思ったが、従ってしまうのは男のサガというもの。
 そしてマナは控えめに、床に身を横たえた僕の足首を掴んだ。
「腹筋、いちっ!」
 マナの声と共に、僕の上半身はバネの入ったように跳ねあがる。
「腹筋、にっ!」
「うぉっ!」
「腹筋、さんっ!」
 どうしたことだろう?僕の体は自由意志を奪われ、マナの号令と共にせっせと筋トレを始め出す。ひょろひょろの僕はすぐに悲鳴を上げた。


「未来人は過去に最低限の干渉しかしてはいけないの」
 腹筋、背筋、腕立て伏せ、ランニング……マナと一緒に暮らし始めてから毎日続いたが、そんなわけで強制筋トレの理由を明かしてはくれなかった。
 でもそれ以外の、彼女との暮らしは楽しかった。
 ど・う・せ・い。
 なんて甘美な響き何だろう?
 朝一緒に起きてパンを頬張る幸せ。
 テレビを見て相槌を打ってくれる幸せ。
 手作り弁当を食べる昼休みが待ち遠しくなる幸せ。
 会社から帰った僕を、彼女が出迎えてくれる幸せ。
 お風呂上がりの色っぽい彼女を見る幸せ。
 一生独りかと思っていたのに、マナと暮らすなんて、夢のようだ。一日50回の腕立て伏せなんてどうという事はない。
 親になんて紹介しよう?
 二人の子供はなんて名前つけよう?
 僕の夢はどんどん先走る。
 けれど、僕は透明なマナに触る事は出来なかった。マナは干渉を許しさえすれば、今買った林檎を手に取りかじる事も出来るのに。
 僕はマナに触れられたかった。けれど僕の布団であどけない寝顔を見せるマナは、部屋の隅っこで毛布にくるまる僕に触れてくれることはなかった。
 こんなに好きなのに、一カ月しかいられないなんて。
 2次元の嫁はいくらでもいたけれど、本当は分かっていた。
 彼女達は寂しさは埋めてくれるかもしれない。
 けれど人は何かが足りないから、幸せを作っては隙間を埋めようとするのだ。


 僕が大きい買い物袋を抱えるのも楽しくなった頃、約束の1ヶ月目はやって来た。
「マナ、これからも一緒に暮らそう!」
 僕は言ったが、マナは首を横に振った。
「私が介入できるのはここまでです」
 マナは真剣な僕に眼差しを向けた。
「一緒に暮らしてみて、どうでしたか?」
「え?」
「恋を夢見るのは、悪い事じゃありませんよ。少子化が進み、恋もなく人工子宮で培養される私達からすれば、素敵だと思います」
 マナの姿がどんどん薄くなっていく。
「でも、このプロジェクトが進めばあるいは……」
「僕は君が好きなんだ!」
 消えゆく彼女は、最後に困ったように俯いた。
「ごめんなさい。あなたの幸せを祈ります……」


 マナ、君は幸せじゃなかったのかい?
 

 そうして彼女がいなくなって、僕の気持もがらんどうになった。
 失恋とは、少し違う。
 空間と時間ごと、彼女の居場所がごっそり失われてしまった。
 マナの好きだった林檎だけが果物カゴに残っていて、僕が食べる事も出来ずにいたが、日が過ぎるうちに何故僕が林檎を買ったのかを忘れ捨ててしまった。
 どういうわけか僕の中から、マナの記憶が抜け落ち始めたある日。
 会社の食堂で、僕はマナを見つけたのだ!
 いや……全然違う……な……。
 そもそも、マナって誰だっけ……。
 彼女は社内でも名うてのチャラ男に話しかけられていて、困ったように俯いている。いつもの僕なら、やはり俯いてやり過ごしてきた光景だ。
 しかし僕の目は彼女に釘づけだった。
 ……どうやら、一目惚れという奴らしい。
 僕は、素直に感動した。
 フィギュアに囲まれながら一生独りで構わない、そう思っていた僕が。
 そうか。僕は幸せになりたかったんだな……。
 そんな想いを抱くのに、足りなかった勇気が何処からかこんこんと湧き上がってくる。
 何故なのか、もう分からなかったけれど。
 そうして、珍しく筋トレを始めていた僕は、即席の腕っ節を信じて、どこかデジャヴを覚える運命の恋に立ち上がったのであった。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

16/03/14 霜月秋介

冬垣ひなたさま、拝読しました。

マナとのトレーニングとマナへの恋心が、主人公を成長させたのですね。この先の展開も読んでみたいですね。面白かったです。

16/03/15 泉 鳴巳

拝読しました。
「けれど人は何かが足りないから、幸せを作っては隙間を埋めようとするのだ」という文が心に響きました。
マナの正体はセワシくん的なあれで、だから終盤の彼女と顔立ちも似ていたのかなー? なんて想像が膨らむお話でした。

16/03/15 冬垣ひなた

≪補足説明≫
・画像は「写真AC」からお借りしたものを加工しました。

16/03/15 冬垣ひなた

霜月秋介さん、コメントありがとうございます。

こういった漫画やアニメチックな話も好きなのですが、私は絶望的に軽妙な文章が書けないので
「ユルい」を目指す所から始めてみました。面白いと言っていただけて感謝します。


泉鳴巳さん、コメントありがとうございます。

文章は何度も自分で読解して練り直しますので、心に留めて頂けたのは嬉しく思います。
そうです、マナはセワシくん的なあれです。字数的に説明することが出来なくて心残りだったのですが、
分かっていただけて良かったです。

16/03/15 そらの珊瑚

冬垣ひなたさん、拝読しました。

ちゃんと恋をして家庭を持って、子を育てる、あたりまえであるかのような
ことが未来では失われているとしたら、悲しいことです。
マナの願いがきっと通じたんでしょうね。
フィギアでは埋めることができなかったもの、本当の幸せを手に入れてほしいなあと願っています!

16/03/18 冬垣ひなた

そらの珊瑚さん、コメントありがとうございます。

物語を楽しんでいただくために、メッセージ性は極力除いたつもりですが、
最近のニュースを見て、こんな未来を望む人もいるんだなと思うと悲しくなります。
マナのいる世界は少し変わったのでしょうか。
主人公には新しい恋を掴んで、幸せになって欲しいと思います。

16/03/21 泡沫恋歌

冬垣ひなた 様、拝読しました。

未来人のマナちゃんがなぜ主人公の僕に筋トレさせてたのか、最後にきてわかったような気がする。
恋することの素晴らしさを知った僕が、リアル世界の女の子と幸せになれる日はそう遠いことではなさそうです。

私も腹筋頑張ろう(笑)

16/03/27 あずみの白馬

マナちゃんが消えていくところの意味を考えるとものすごく深いですね。
恋をすることを諦めている人が増えているのはなぜなのか……なんてことを考えてしまいます。良作だったと思います。

16/03/31 滝沢朱音

タイトル→ 切ない恋のモノガタリの予感!
未来人→ 時空を超えた恋?!
ラブラブな展開→ と思いきや、筋トレ?!
切ない別れと思わぬ再会→ オタクからヒーローへの変身?!
…と、どんでん返しの続く展開に、目をくるくるしながら楽しませてもらいました(^^)
幸せになりたい僕の、運命の恋のストーリー☆とても面白かったです。

16/03/31 冬垣ひなた

泡沫恋歌さん、コメントありがとうございます。

一見実りのない努力でも色んな未来に繋がっているのですが、学校では教えない大事な事の一つですね。
マナの事を忘れてしまっても、「僕」ならその点を理解してくれると願っています。
腹筋私も頑張ります(笑)


あずみの白馬さん、コメントありがとうございます。

マナのいる時代は家族という言葉もないと思います。突き詰めていくともっと色々な社会問題があるでしょう。
しかし自分も正直「僕」と似た立場なので(苦笑)、話が重くなるのを避けました。
マナを含め未来の人たちが幸せになれる事を祈っています。


滝沢朱音さん、コメントありがとうございます。

真面目な作品の多い時空モノガタリでこのカラーを出していいのか?というのは悩みましたが、
予想外に多くの方に受け入れて頂いたようでほっとしました。自分も楽しんで書けたという点では良かったです。皆さんのご意見はこれからの作品作りの参考にさせて頂きます(*^_^*)

ログイン