1. トップページ
  2. かりかりかりんとう

みるこさん

文章を書く勉強をしていこうと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

性別 女性
将来の夢
座右の銘

投稿済みの作品

1

かりかりかりんとう

16/02/29 コンテスト(テーマ):第102回 時空モノガタリ文学賞 【 ギャンブル 】 コメント:0件 みるこ 閲覧数:809

この作品を評価する

誘惑のかりんとう。

最近よく食べている。
昔から好きなわけではなく、健康を意識するようになってからなぜかとても魅力的に見えてきた。
洋菓子よりは素材がシンプルで体に良さそう。
それなりの甘さもある。
とても優秀な和菓子だと思う。

私が好きなかりんとうはオーソドックスなやつだ。
ゴツゴツとしていて粗い、親指くらいの大きさの太いやつ。
黒糖の甘さが身にしみてたまらない。
パッケージにごそごそと手を入れ、指で摘まんだ瞬間から香ばしいにおいがする。
口に入れるとポロリポロリとこぼれ落ちていく。
まわりに絡んだこげ茶色がほっぺたをだるんとさせる。
小さくて細いやつ、ちょっと変わり種の味より、これが一番大好きなのだ。

しばらく前から胃腸を悪くしてしまった私は、食べるものや食べる時間に気をつけている。
大きな病気ではないのだけれど、お腹は体の中でも一番敏感というから、日頃から気をつけなければと思っている。
だけど、今日は誘惑に負けてしまった。
妹がお茶のお供に持ってきたかりんとう。
かりんとうにお茶とは両手に花の気分。
というか、ただの食い意地。
夜9時以降は食べないことにしているのに。
現在の時刻、深夜0時。
好きなテレビ番組。
炬燵。
あたたかいお茶にかりんとう。

今この時間に、どれだけの人が何を食べているのだろうか。

たいしたギャンブルなんてしたことない。
ギャンブル映画なら見たことあるけれど...ラスベガスをなんちゃらとか。

私にとってのギャンブルとは、こんな小さなこと。
かりんとうを食べるか食べないか。
小さいけれど、長い目で見ると大きいかもね。
おそろしやおそろしや。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

ログイン