1. トップページ
  2. 『 賭ける 』

myuzurinさん

20代の頃、フリーター&小説家志望で過ごし、今現在はアラフォー世代となりました。職場を転々とする中での実話か妄想か、生活する中での色々な境界線みたいなものがどこにあるのかに興味があります。投稿小説は10年ぶりですが、宜しくお願いします。

性別 女性
将来の夢 昔あったが今は無し。
座右の銘 石の上にも三年

投稿済みの作品

0

『 賭ける 』

16/02/08 コンテスト(テーマ):第102回 時空モノガタリ文学賞 【 ギャンブル 】 コメント:0件 myuzurin 閲覧数:863

この作品を評価する

ギャンブルが好きな奴に真面目な奴はいない。
そんなことはない。
では、金がない奴に真面目な奴はいない。
それは解らない。

俺は今日も、ふて腐れて蹴り散らかす石ころを探したが無かった。
何しろ、ため息をついても賭け事をしても、運命は好転しない時には何も起こらないのだ。だけど、ギャンブルっていう奴で、一発当ててみたいと思わない奴もいないだろ。

で、平仮名しか出ないのはなぜ?

あと、カ行が・・・いまおれはギャンブル的な人生を歩まされている。
つまり、時代がデジタルなので、俺の考えも変換して生きなくてはならない訳だ。
変換ミスが起こるだけで、俺は全く使えない奴として葬り去られる訳だから。

22:19気付いたことだが、ぎゃんぶるをするためにうまれているひとたちのしゅうだんがしゅうだんなのだ。また、ひらがなしあでないし、あぎょうがでないぞ。

あえるっていったじゃん。
つまりは、ただひとつのいーがおわれただえで、ぜんぶのおとがでないがいなんだって。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

ログイン