1. トップページ
  2. 勝者には月を与えよう

魔女さん

魔女ワールドへ、ようこそ

性別 女性
将来の夢 世界平和
座右の銘 一切は空也。 なせばなる なさねばならぬ なにごとも ならぬは人の なさぬなりけり 『笑』

投稿済みの作品

0

勝者には月を与えよう

12/08/23 コンテスト(テーマ):第十二回 時空モノガタリ文学賞【 オリンピック 】 コメント:0件 魔女 閲覧数:1720

この作品を評価する

 恐竜が絶滅してから、数千万年の時が流れた。
 地球上には、新たな種属の出現が途絶えていた。
 そこで神々がキリマンジャロの山頂に集まって酒宴を開いた時に、満丸で美しくも妖しく輝く月を愛でながら、ある提案をしたのである。
 《最も多くの生き物を幸せに出来た種属を創造した神とその種属には、優勝者として月を与えよう。期限は二千万年》

 三十億年近く繁栄してきたバクテリア属の神は、そのままの形態を維持していくことにした。数百度の熱水の中でも氷点下数十度の中でも、水があろうとなかろうと、はては空気がなくても生きていける者たちに分化していった。
 三億年命を繋いできたゴキブリ属の神や、その他の多くの種属の神はひたすら繁殖力を高めて、地上のどこででも生きていけるようにした。
 全く新しい種属も次々と創られていき、その中でもひときわ目を引いたのはヒト属である。サルから始まり、チンパンジー、ゴリラやボノボ、そしてついには二足歩行を始めると、器用な作業が出来る “手” を手に入れ、その手でいろいろな物を作り出していくことが出来た。神々はその創造性に驚嘆し、勝負に負けた、と思っていた。
 器用な手を手に入れたのは他にタコ属がいたが、物を作り出すまでには至っていない。

 期限があと千年となった時、いつの間にか争いばかりしているヒト属を見て、これでは最下位となってしまう、とあせったヒト属の神は正々堂々と争う方法を考案し、器用な手を思う存分使える、スポーツの祭典へと発展させた。四年に一度のそれは、準備期間も含めて多くの人々の気分を高揚させ、勝っても負けても、幸せな時間を共有することが出来る。だが、共有できる幸せな時間を持続させることはできなかった。
 器用な手が産んだ知能により、欲望はどこまでも果てしなく高まり、もう止めることが出来なくなっていたのである。個々の欲望により、争い事も絶えなくなっていた。
 自己と、己の領域に存在する者の幸せしか眼中にない。

 いよいよ終盤となった現在、
 ヒト属はたかだか七十億の同種属の中においても、いつも幸せである、といえる者はわずかしかいない。幸せに見えても、欲望がさらに高まるからである。ましてや他の種属の役に立っているとはいえない。せいぜい、植物や動物を強制的に移動させて、繁殖できる領域を増やしてやったぐらいのものである。
 ゴキブリ属などは一兆五千億もの数が存在している。他の生き物の食べ物となったり肥料となったり、ヒト属との関係でいえば漢方薬や食用、実験動物、ペットにまでなり、他種属の幸せに貢献している。
 バクテリア属は多種類に分化し、数え切れないほどの数が存在している。食べ物や薬やエネルギーとなって、それはそれは数え切れないほどの幸福を、それはそれは数え切れないほどの生き物に与えていた。
 

 月は、このままではどうしても手に入らないだろうと悟ったヒト属は、自らの手で強引に手に入れる方法を考え出し・・・そして足跡を残した(つばを付けた)のである。
 それはさておき、満月の夜になると、
 ある種属たちは一斉に卵を放出し、種属の繁栄と幸福を誇った。
 ある種属たちは手に入れることを誓って、月に向かって吠えた。
 そしてヒト属は満月を見ると、どの種属にも渡さぬぞ、と気分が高揚するのである。
 そういった行動は、二千万年前の神々の約束事を、すべての者たちが知らぬ間に、受け継いできているからである。

 あとわずか制限時間が残っており、まだ勝負はついていない。
 多くの生き物を幸せにすることが出来ない、役立たずの最下位の種属は消してしまおう、という約束事があったのかなかったのか・・・それは、知らない。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

ログイン