1. トップページ
  2. 仮想現実上とある出来事

内村うっちーさん

昭和生まれ介護福祉士風雑家です。 面白いお題であれば投稿したいと思いますw

性別 男性
将来の夢 近日中の起業で一定の成功して成り上がり人生 「我が生涯に一片の悔いなし」叫んでの壮絶死
座右の銘 死して屍、拾うものなし

投稿済みの作品

1

仮想現実上とある出来事

16/01/30 コンテスト(テーマ):第100回 時空モノガタリ文学賞 【 純文学 】 コメント:2件 内村うっちー 閲覧数:832

この作品を評価する

表面、


数日前、登録中の小説投稿サイトで突然メッセージが届く。

以前から親交ある女性から「相談です」と意味深タイトル。
自作品に何度も不快な感想を送られて困っているとの内容、
とりあえず特定ユーザブロック機能を使用する助言を行う。

しばらく様子見していたが「自分の活動報告」に当事者現れた模様。
自分は毎日ネタ話を文章練習垂れ流しているが、彼が意味不明内容
コメントを何度も行い「日本語が通じていない」ために運営に相談。

現在も、結果が出ないままサイトの表面では活動ができずにいます。

結果は、神のみぞ知る領域の話なのか


裏面、

自称三十路超えの彼は「中学生だと思われる女性に粘着中」

自分が運営に相談する直前、中学生にリアルで会いたいと
出会い系染みたメッセージを送り彼女は恐怖していました。

自分が運営に相談したタイミングは良かったようですが
現時点まで、サイト表面上は穏やかに時間が流れています。

結果は、犯罪行為を未然に防げたのか


総括、

ネット上は仮想現実空間です。

誰が正しくて誰が間違えているかも自分には分かりません。
運営側はどのような判断を下し、どんな結末を迎えるのか。


果報は寝て待ち、終わり良ければ総て良しなら良いですが。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

16/01/30 梨香

ネットの上での世界だからこそ、人に迷惑をかける行為はいけませんね。

16/01/30 梨香

ネットの上での世界だからこそ、人に迷惑をかける行為はいけませんね。

ログイン