1. トップページ
  2. お茶を一服!

梨香さん

ぼちぼち書いてます。

性別 女性
将来の夢
座右の銘 終わりよければ全てよし

投稿済みの作品

1

お茶を一服!

16/01/30 コンテスト(テーマ):第101回 時空モノガタリ文学賞 【 お茶 】 コメント:2件 梨香 閲覧数:891

この作品を評価する

「未依ちゃん、お正月やから、華やかな着物を着たらええのに……ほんまにこれを着るの?」
 母の小言を聞き流し、祖母の紬をそっと撫でた。何度も水をくぐった紬は柔かで指にほんのりと暖かみを感じる。藍色に白い星が飛んでいる地味な紬は、きっと私に似合うだろう。
「せめて、帯だけでも赤いのを締めたら?」
 派手好みの母が出してきた帯を一応合わせてみる。私を子どもだと思っているのだ。
「あっちの白い帯の方が似合うわ」
 白い地にほんのりと一輪梅の花が描いてある名古屋帯は、娘が締めるにはこうと過ぎると眉を顰めたが、お正月は他にも用事が一杯あるので、母は諦めた。
「お姉ちゃん達が来るまでに、着替えなあかんで」
 そう言い捨てて、嫁いだ娘夫婦をもてなす用意をする。今年の主役は、姉夫婦なのだ。
 姉妹というのは、厄介な存在だ。特に、華やかで、明るく、母親のお気に入りの姉は、常に私のコンプレックスを刺激する。
「もてもてなのに、何も私の好みにピッタリの人と結婚しなくても良いのに……」
 そう! 美人の姉には、医者や弁護士などの見合いの話も引きも切らず舞い込んでいた。なのに、落ちついた学者を何処かで見つけて来たのだ。少し年上の義兄に、私はほのかな恋心を抱いている。しかし、姉の旦那さんに手を出すような恥知らずではない。このジレンマが、祖母の紬を選ばせたのかもしれない。
「明けましておめでとうございます」
 玄関から高く澄んだ姉の声が聞こえる。母がテンション高く姉夫婦を出迎えている。私は、鏡に写った地味な着物姿にあかんべーして、玄関へと向かった。
 やはり姉はお正月らしい華やかな着物で、隣の紬姿の旦那さんに寄り添っていた。背が高く、猫背気味な義兄は着物を着ると昔の文豪に見える。
「明けましておめでとうございます」声も渋くて好みだ! と身悶えしたくなるが、この人は姉の旦那さんなのだ。今日は、家に居ない方が良いかもしれない。
 お酒やお節を取り分ける皿などを座敷に運び終えると、こそっと幼馴染みの芳樹と連絡をとった。目の前に好みの義兄がいては、私の精神衛生に良くない。
「ちょっと、よっちゃんと初詣に行ってくるわ。お姉ちゃん達はゆっくりしていってね」
「あんた、また芳樹くんを振り回して! あそのこお母ちゃんに文句を言われるの困るわ。それに、折角のお正月やのに……」
 母に睨みつけられたが、無視して家を出る。私が、母の気に入らない行動をすることより、義兄に邪な思いを育てる方がマズイに決まっている。

「よっちゃん、遅い!」世間では立派な会社に勤めていると評判の高い芳樹だが、私には幼稚園に連れて行ってあげたよっちゃんだ。
「明けましておめでとう! みぃちゃん、きれいやなぁ」などとおべんちゃらを言う可愛い奴だ。
「なぁ、お姉ちゃん帰って来てるんやろ? 家におらんでええんか?」などと余計な事を言うから、睨み付けてやる。二重のお姉ちゃんと違い、一重の私の目はキツい。ブルルと震えて、黙って神社へ向かう。
「やっぱり、お正月は着物やなぁ。俺も着てくれば良かったわ」
 神社には、初詣のカップルが溢れていた。男の着物姿は少ないが、ちらほら見えるのが羨ましいようだ。
「別に着物やのうてもかまへんやん。私かて地味な着物やし」
 お姉ちゃんがお嬢様なら、私はお付きの女中のようなものだと自嘲する。
「ええっ! みぃちゃんが一番似合ってるわ。他の女の子は身についてないもん」
 ドキンとした! よっちゃんのくせに格好よい事を言うやん。
「なぁ、みぃちゃん。俺と付き合わへん?」
 おぃおぃ! 幼稚園に行くのを泣いて嫌がって、私が手を引いて連れて行ってやったのを忘れたんか? 
「こんな冗談、言うて! 正月そうそう怒るで!」そう言って見た芳樹の顔がマジなのに焦る。
「ほんまに、みぃちゃんは鈍感やなぁ。絶対に恋愛音痴や! 俺で手を打っときや」
 確かに恋愛音痴で、彼氏居ない歴を更新している。告白されるのも初めてで、よっちゃん相手なのにドキドキが止まらない。
「先ずは、お茶でも飲みに行こう!」
 付き合うと返事もしていないのに、芳樹に手を握られて境内の茶店へと向かう。
「これは初デートやなぁ」などと浮かれている芳樹に、違うわ! と言ってみるが、ニマニマが止まらない。辛気くさい義兄の顔など何処かへ飛んでいった。
「なんか、美味しゅうないお茶やなぁ」バイトの女の子がたてた抹茶は、薄いのにダマが残っていた。ごめんなと謝るよっちゃんに「家でお茶を一服たててあげるわ」お抹茶を飲みながら、これなら私のたてたお茶の方が美味しいと誘った。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

16/01/30 内村うっちー

こんにちは(笑)初めましてですねw←大嘘
こちらでもよろしくお願い致します。

同級生の幼馴染(田中)芳樹くんですか?年下かな?
なるほど金髪の長髪か赤髪のツンツン頭か(笑)

猪突猛進の突撃野郎かもしれませんね(謎)

16/01/30 梨香

うっちー様、こちらでも宜しくお願いしますm(__)m

ログイン