1. トップページ
  2. 失恋は時に ── 刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく) ── 第21話

鮎風 遊さん

この世で最も面白い物語を見つけ出したい。 そのために、ひとり脳内で化学反応を起こし、投稿させてもらってます。 テーマに沿った個別物語の他に、いくつかのシリーズものをコツコツと書き続けさせてもらってます。 その主なシリーズものを紹介させてもらいます。  ☆❤☆❤☆ 新シリーズ 『ツイスミ不動産』 __ 2017.07.16よりスタートさせてもらいました。 カサリンとクワガタ野郎があなたが求める終の棲家を紹介いたします。  ☆❤☆❤☆ 『刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)』 __ 2017.05.21 ただ今、27話 __ 1話完結の2000文字推理小説です。この少ない文字数の中で、百目鬼刑事と部下の芹凛(せりりん)がいかに事件を解決していくか、その醍醐味を味わって頂ければ、光栄です。 これからも引き続き難しい事件に挑戦して参りますので、よろしくお願いします。  ☆❤☆❤☆ 『漢字一文字の旅』 __2017.04.04 ただ今、連載41__ 漢字にまつわるエッセイです。  ☆❤☆❤☆  『歴詩』 __歴史上の人物になりかわって、その波瀾万丈の生き様の思いを詩に綴らせてもらってます。 本作品については、フォト音(on)小説という形で、you tubeにもUPさせてもらってます。 詳細はこちらHPです。  ☆❤☆❤☆  http://ayukazeyuu.net/index.html  ☆❤☆❤☆                         よろしくお願いします。              

性別 男性
将来の夢 この世で最も面白い物語を見つけ出したい。
座右の銘 Do what you enjoy, enjoy what you do.

投稿済みの作品

2

失恋は時に ── 刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく) ── 第21話

16/01/17 コンテスト(テーマ):第九十九回 時空モノガタリ文学賞 【 失恋 】 コメント:4件 鮎風 遊 閲覧数:1250

この作品を評価する

 高台にある公園の桜が、朝の鋭角に射し来る光に、意外にも淡いピンクの輪郭をぼんやりと浮き上がらせてる。そんな逆光の先で、女が一人フェンスに指を絡ませて、血みどろになり息絶えていた。
 第一発見者は近所のご老人、いや愛犬だ。毎朝のこと、爺さんはこの公園まで散歩に来て、犬と戯れる。しかし、今朝は違っていた。リードから解き放たれた犬が一目散にフェンスに向かって駈けて行く。そして、こちらに来てくれと激しく吠え立てたのだ。

 殺人事件、だが犯人の痕跡は何も残されていない。また被害者の夫は海外出張中であり、この背景が摑み切れない。
 このような事情で、モ−ニングニュースでは…、
 『花咲き狂う東雲(しののめ)に、部長夫人──刺し殺される!』
   東の空が紅く染まり始める早朝に、桜花を愛でる時間でもないのに、
   なんのために夫人は、その時間に、この場所に出向き、
   背後から刺されなければならなかったのだろうか?
   なぜ? と、まことにミステリアスに報道された。
 こんな世間の騒ぎと興味に呼応するかのように、百目鬼刑事と部下の芹凛(せりりん)こと芹川凛子刑事は急ぎ現場へと入った。
 つまるところスマホだけが被害者のそばに転がっていただけだ。他に犯人に繋がる手掛かりは何もない。そのためかいつになく百目鬼刑事が「うーん、すべては藪の中だな」と手応えなく吐く。しかれども芹凛にはピーンと来るものがあった。
「これはきっと写真投稿のSNS絡みだわ」
 第六感だけの芹凛の言葉に、「何じゃ、それ?」と百目鬼が顔を覗き込む。というのも百目鬼は未だガラパゴス・ケータイを愛用し、ラインやインスタなどに馴染みがない。要はちんぷんかんぷんなのだ。
 だが、このコンビはうまく組み合わさってる。百目鬼の古典的な知識や思考を部下が充分補完してくれるのだ。
「今流行ってますよ。だから、このスマホの中に、犯人に繋がる手掛かりがありそうだわ」
 芹凛の目がキラリと光る。百目鬼は、まだ若いが、この女鬼の勘に一目置いている。
「よっしゃ、そのSNSをとことん調べてみてくれ」
 百目鬼は現場でこう指示し、そそくさと署へと引き上げたのだった。

 三日の時が流れた。百目鬼が聞き込みから戻ると芹凛が天井を見上げてる。
「おい、お前の言う写真投稿から目星は付いたのか?」
 百目鬼が訊くと、芹凛は赤く腫らした目で、「殺害された夫人はhappysachikoと名乗っていて、毎月一日に、多分好きだったのでしょうね、あの公園のフェンスの隙間から御来光を撮って載せてるのですが…」と、もう一つ進展がなさそうだ。
「ほー、いい趣味じゃないか、それが未明に公園に行った理由なんだな。それで?」
 百目鬼が突っ込むと、「それが、あとはダンナとの仲睦まじい写真ばかりで、フォロワー数が千を超える人気者ですが、犯人に繋がるような写真はまだ見付かってません」と芹凛が唇を噛み締める。
 ここは上司の出番、「ちょっと写真を見せてみろよ」と百目鬼は要求し、さあっとチェックしてみる。そして突拍子もない質問を投げ付ける。
「3:6:1の法則って知ってるか?」
 芹凛はこれにキョトン。この反応を確認した百目鬼、あとは先輩らしくオヤジの講釈を。
「こんな幸せそうな写真ばっかり見せ付けられたら堪ったものじゃないよな。だから素晴らしいと思うヤツが3、どうでもいいねが6、こん畜生、殺してやりたいと思うヤツが1、いわゆる3:6:1の割合でいるってことだよ」
 これに「そうなんだ」と漏らした芹凛に、「お前、ホントに刑事なのか」と今度は百目鬼がポカンと口を開けてしまう。

 それでも1時間後に、芹凛が熱いコーヒーを百目鬼のデスクにどんと置いた。百目鬼にはわかる、芹凛が推理を組み立て終えたのだ。話してみろと目配せすると、芹凛は頬を染めて…。
「happysachikoのフォロワーの中に、ダンナと道ならぬ恋に破れた女がいます。もちろん部長夫人はそれに気付いていて、これでもかこれでもかとダンナとの幸せフォトを載せ、当て付けしてたようです。これに失恋女は我慢出来なくなり、月初めにhappysachikoが御来光に願を掛けに行くのを写真で知り、ここぞと犯行に及んだのではないでしょうか。犯人は、happysachikoに最近『Good bye my love in deepest sympathy.』とコメントした女です」
 こう言い切った芹凛が、断崖に立ち、自撮りされた女性の写真を示す。百目鬼はその画面を見て、鬼の目をギョロッと剥いて天に向かって吠えるのだった。
「これは結愛(ゆうあい)という女性、聞き込みから割り出し、行方を追っていたところだ。残酷なことだが、失恋は時に死の連鎖を生む。さっ、芹凛、急がなければ!」


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

16/01/25 泡沫恋歌

鮎風 遊 様、拝読しました。

写真投稿のSNSはたくさんあって、いろいろな人が写真を見ていくので、誰に見られているか分からない。
自分でプライバシーを晒すときは注意しないと怖い、そこから犯罪につながることもなきにしもあらずです。
そういう現代の世相をうまく絡めたミステリーだと感心させられました。
面白かったです。

16/02/02 そらの珊瑚

鮎風 遊さん、拝読しました。

3:6:1の法則、なるほどと思いました。
「どうでもいいね」が6、に笑ってしまいましたが。(SNSの世界はいいネボタンの花ざかりなので)
今回も見事な推理でした♪

16/02/14 鮎風 遊

泡沫恋歌さん

コメントありがとうございます。

最近嵌まってしまった写真投稿SNS。
しかし考えてみれば、結構ヤバイかもと書いてみました。
今どきの話題でした。

16/02/14 鮎風 遊

そらの珊瑚さん

コメントありがとうございます。

何年か前に、3:6:1の法則を発見しました。
これ、何にでも当てはまりますよ。
お試しあれ。

ログイン