1. トップページ
  2. ニーチェの茶会

左足の小指さん

性別 女性
将来の夢
座右の銘

投稿済みの作品

0

ニーチェの茶会

12/08/19 コンテスト(テーマ):【 プール 】 コメント:2件 左足の小指 閲覧数:1746

この作品を評価する

「本日は、亜麻宮様のご婚礼の前夜祭が無事に終わりました。明日も今日の様に針の穴程の失敗も無く終わらせなければなりません。バブル期以来の我が帝都ホテルの命運が掛かった一大プロジェクトですから、各自気を引き締めてお願いします」
総支配人の話が終わり、スタッフ会議は解散になった。
僕は、明日の本番に向け、準備に追われた。
何と言っても総額10億円の結婚式だ。
ヘリポートにVIPゲストを迎えに行き、花火ディレクターと打ち合わせ。
午前2時、小腹が空いてきた。厨房に行けば、もうご馳走が並びはじめているだろうから、つまみに行こう。
しかし、厨房手前の廊下でクリーンスタッフの班長、葉山さんに声を掛けられた。
「総支配人は、どちらですか」
「9時にならないと来られませんよ」
葉山さんは、少し考えてからこう言った。
「支配人、プールにごみがあるので見ていただけませんか」
「分かりました」
平静を装うとしたが、自分でも顔が引きつったのが分かった。プールにごみがあるだけで総支配人を探したりしない。ましてや相手は、葉山さんである。大抵のトラブルなどはマルチにこなす人で、僕などよりホテル側の評価も高く、委託している清掃会社に葉山さんの引き抜きの話が数回あった・・という噂がある程だ。
「新人のコンシェルジュがKに電話を掛け様としたので止めました」
「研修では優秀でしたが・・」
Kとは、警察の事であり、このホテルでは直接Kに電話をする事を禁じている。主任、支配人など上司を通しての通報をする事を研修でも教えている。物品の紛失、お客様の思い違い、連れが行方不明、実は観光に出かけていただけなどという事がよくあるからだ。Kと呼ぶのは、お客様を不快にさせたり、不安にさせない配慮であるが、プールのごみと言うのは、法律にふれる物なのか?いや、実は、大した事では無いのだ・・新人というのはパニックになりやすいものなのだ。やっと自分を納得させた頃、プールに着いた。
大きなハート型のプールに下からピンクのライトが当たって、それはハッキリ見えたのだが、僕の頭が理解する事を拒否したので、葉山さんに聞いてみた。
「プールに浮かんでいるのは何ですか?」
「どう見ても人間の男の死体ですよ」
バブルがはじけ地味婚、リーマンショックでフォト婚、その上、今日の式が中止になったら、今入っている予約もキャンセル、縁起が悪いと2〜3年は予約が入らない・・そんな事になったら、このホテルはどうなるだろう?いや、まだ、何とかなる!
「心臓発作とか、病気の可能性は?」
「派手に頭に中華包丁が刺さってますよ」
何ともならないか・・あまりの事に体が震えた・・と思ったら、マナーモードにしている携帯だった。
「バルーンアートのスタッフが・・ああ・・到着、分かった、もう少ししたら行くから」
片付けないといけないことが山積みだ・・
ここも片付けたい!思わず、言葉が口をついて出た。
「片付けて下さい」
「はい」
「えっ!出来るんですか?」
「それが仕事ですから」
葉山さんは、腰のトランシバーを取ると「プールの2、5,6のライトを消せ、ブルーシート2枚と箱付き荷台を一つプールに持って来い、裏にトラック一台用意だ」
見とれてる場合じゃない、僕も自分の仕事しないと、僕はロビーに走った。

帝都ホテルから少し離れた所にあるホテルガマナルの厨房では、常務とフロアマネジャーが祝杯をあげていた。
「帝都ホテルはこれでおしまいだな。式は、うちのホテルで挙げる事になるぞ。奴らの式場は立ち入り禁止で使えないからな。うちに泣きついて来るぞ。料理もスタッフも機材も奴らのを使えばいい。そして、料金はこちらでもらう」
「常務は、アイディアマンですね。俺なんか、中華コック二人が包丁振り回して、喧嘩の挙句、一人は逃げ出し、一人が床に転がった時は、ただ、びっくりするだけで、どうしていいか分かりませんでしたよ。帝都に捨てに行こう!なんて、頭がいいですよ」
「君の協力のお陰だよ。もうしばらくしたら、うちの支配人が「大変です」とか言って来るぞ。帝都から、うちに亜麻宮の式を挙げさせてくれと電話があって、慌てて来るぞ」
ライバルのホテルは潰れるは、10億円の仕事は舞い込むは二人は、笑いが止まらない。
そこに支配人が「大変です」と入って来たものだから、腹を抱えて笑い出した。
「何を笑ってるんです!本当に大変なんですよ!!馬鹿笑い止めて下さい。うちのプールに死体が浮いているんです!」
二人は、笑うのをピタッと止めた。
外からは、パトカーのサイレンの音、従業員や客の叫び声が聞こえて来た。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

12/08/20 草愛やし美

拝読しました。面白かったです。
わくわくしながら(ちょっと悪趣味?)読み進みました。結末ににんまりと笑ってしまいました。

12/08/22 かめかめ

ホテルガマナルの話がないほうが私は好きです。
個人の好みですけどね

ログイン