1. トップページ
  2. フォト奇人、増殖中!

鮎風 遊さん

この世で最も面白い物語を見つけ出したい。 そのために、ひとり脳内で化学反応を起こし、投稿させてもらってます。 テーマに沿った個別物語の他に、いくつかのシリーズものをコツコツと書き続けさせてもらってます。 その主なシリーズものを紹介させてもらいます。  ☆❤☆❤☆ 新シリーズ 『ツイスミ不動産』 __ 2017.07.16よりスタートさせてもらいました。 カサリンとクワガタ野郎があなたが求める終の棲家を紹介いたします。  ☆❤☆❤☆ 『刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)』 __ 2017.05.21 ただ今、27話 __ 1話完結の2000文字推理小説です。この少ない文字数の中で、百目鬼刑事と部下の芹凛(せりりん)がいかに事件を解決していくか、その醍醐味を味わって頂ければ、光栄です。 これからも引き続き難しい事件に挑戦して参りますので、よろしくお願いします。  ☆❤☆❤☆ 『漢字一文字の旅』 __2017.04.04 ただ今、連載41__ 漢字にまつわるエッセイです。  ☆❤☆❤☆  『歴詩』 __歴史上の人物になりかわって、その波瀾万丈の生き様の思いを詩に綴らせてもらってます。 本作品については、フォト音(on)小説という形で、you tubeにもUPさせてもらってます。 詳細はこちらHPです。  ☆❤☆❤☆  http://ayukazeyuu.net/index.html  ☆❤☆❤☆                         よろしくお願いします。              

性別 男性
将来の夢 この世で最も面白い物語を見つけ出したい。
座右の銘 Do what you enjoy, enjoy what you do.

投稿済みの作品

2

フォト奇人、増殖中!

15/11/29 コンテスト(テーマ):第九十六回 時空モノガタリ文学賞 【 奇人 】 コメント:4件 鮎風 遊 閲覧数:1535

この作品を評価する

 フォト奇人、シルバー世代に増殖中!
 電車内の中吊り広告、その週刊誌の見出しを見た達也、うーん確かに、と深く頷く。なぜなら最近身の回りの同世代に起こってる状況、それが映像となり、次から次へと浮かんで来たからだ。
 例えば斜め前に住む奥さん、お茶の先生だけあって、いつもシャキッとしている。だけど最近身の振る舞いがちょっとおかしい。
 半年前に退職したダンナと今は気楽な二人暮らし。だけれども近頃、多分朝ドラを観た後なのだろう、上品なご婦人が一人フラフラと近所をうろついているのを見掛ける。
 まさか徘徊? いや、身なりはきちっとされてるようだから、そうではなさそうだ。
 だけれどもこの間なんて、近くの公園で紅い山茶花にスマホを近づけて、何回も何回も写真を撮ってらっしゃった。髪を振り乱してのご様子に、達也は思わず声を掛けてしまった。
「奥さん、そんな花、この時期どこにでも咲いてますよ。撮る値打ちなんてあるのですか?」
 こんな藪から棒の質問に、奥さんはゆるりと振り返り、達也を鋭く睨み付けてきた。それからやっと隣人であることに気付き、ホホホと作り笑いをなされ、「あら、達也さん、ご存知ないの、このありきたりの花でもアプリで盛ったらね、それはそれは美しくなるのよ」とちょっと甲高く仰られたのだ。
 それにしても「盛る」って意味不明。達也が「はぁ?」と首を傾げるのを見て、今度はフフフと含み笑いをし、「これ、メイフェアでどうかしら?」と言い放たれた。
 えっ、メイ…、何のこっちゃ! どうも達也の知らない世界で遊んでられるようだ。この会話、あとどう繋いだら良いのだろうか?
 達也は固まったままま、一秒、二秒、三秒、そして十秒が経過した。そしてやっとこさレスする。「奥さん、やっぱ盛るのは、蕎麦でっせ」と。
 今度は奥さんが、ポカン。この回復に達也以上の十五秒の刻みが必要だった。奥さんはフーと息を吐き、憐れみの眼差しで最後通牒、それは「ご縁あれば、アイフォン内でお会いしましょ」だった。

 奇人増殖中の次の事例、近頃隣のオヤジがちょっと変!
 退職後小説を書いていると聞いていたが、最近そそくさと朝早くからカメラと三脚担いでどこかへ出掛けて行く。
 だいたい引きこもりのはずだった。だが何てこった。町内会主催の公園掃除にも出て来ないオヤジが急にマメになって、突然変異でもしたのだろうか?
 その裏付けとして、染色体が変わってしまったオヤジを達也は目撃した。それは近場の川縁をウォーキングしている時だった。あのオタク老人がカメラを覗き込んでいるではないか。それにしても真剣そのもの。鬼気迫る様相で声も掛けられない。
 一体オヤジが狙ってる被写体は何なのだろうか? 達也は興味が湧き、レンズの先を確認し納得できた。それはコバルトブルーの美しい鳥、そう、男なら誰しも自分のカメラに一度は収めたいカワセミだ。達也のテンションは上がり、「お隣のご主人、撮られた写真、ちょっと見せてくださいよ」と声を掛けた。
 このいきなりの要望に、オヤジは目玉をギョロッと剥いて、「ああ、達也さん、ここじゃなくって、ハッシュ・カワセミで覗きに来てください。くれぐれも、いいね! をよろしく」と宣われた。

 いやはやあっちもこっちもの同朋が、つまりシルバー世代が奇人になってしまった。これは一体どういうこと? それにしても何か楽しそう! 達也は取り残され感を覚えた。
 そして一ヶ月後、妻が「あなた、インスタで何か発信しないと、孫たちからも忘れ去られてしまうわよ」と神に成り代わり救いの手を差し伸べてくれた。
 しかし達也は理解できない。「何なの、それ?」と聞き返すと、「写真SNSよ。斜め前の奥さんも隣のご主人も、今、定年後の生きる糧はインスタなのよ。あなたも老人から早く奇人に進化しないとダメね」と諭された。
 この妻の誘導に、達也は一念発起、ハッシュタグきらめく世界への移住を果たしたのだった。

 ああ、それにしても嵌まってしまった!
 そのワールドとは――#macro_pradise(接写天国)。
 とにかく花や蝶、それに虫、これらをマクロレンズで微細写真を撮る。掲載言語は英語とし、世界中からのフォロワー数10Kを目指している。
 しかし、事はそう簡単ではない。写真はまるっきりの素人。インスタグラムに投稿されてくるプロのような写真には遠く及ばない。
 それでも腕を磨かなきゃと、今日も今日とてちっちゃな虫にカメラを近づけて接写に無我夢中。その結果、町内で最近噂になっている。
「あそこのオッチャン、この間公園の地べたに這いつくばって…。可哀想にあの年齢でね、奇人になってしまうなんて、ホント人生何がどうなるかわからないものだわね」と。
 かくの如く、フォト奇人、ただ今シルバー世代に――増殖中! なのだ。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

15/12/03 泡沫恋歌

鮎風 遊 様、拝読しました。

うわっ! これは自分のことかと思いましたよ。
たしかにこういうシルバー世代が周りに増えてきています。
スマホで花や食事を写して、それをブログにあげてるのは、まさにこの私です。

昔から天然だったけれど、最近は奇人の域に達したかもしれない(笑)

16/01/11 そらの珊瑚

鮎風 遊さん、拝読しました。

SNS流行りが世代を超えている今、昔だったらオタクと言われていたのかもしれない人が主流になれば、
そういう世界に踏み入れない人の方が奇人と呼ばれる日も近いのかも?
私もデジカメにはまった時もありましたが、なにせ飽きやすい性格なので
続きませんでした。

16/02/14 鮎風 遊

泡沫恋歌さん

コメントありがとうございます。

そうなんですよね、ホント最近、
老いも若きも奇人増殖中です。

16/02/14 鮎風 遊

そらの珊瑚さん

コメントありがとうございます。

写真SNSは楽ですね。
貼り付けとけばよいので。
なるほど、その内どっちが奇人かわからなくなる日がやってくるかも、
ですね。

ログイン