1. トップページ
  2. ささやかな祭事

光石七さん

光石七(みついしなな)です。 子供の頃から空想(妄想?)が好きでした。 2013年から文章化を始めました。 自分では気付かないことも多いので、ダメ出しを頂けるとありがたいです。

性別 女性
将来の夢 可愛いおばあちゃん
座右の銘

投稿済みの作品

5

ささやかな祭事

15/09/07 コンテスト(テーマ):第九十回 時空モノガタリ文学賞【 祭り 】 コメント:8件 光石七 閲覧数:1286

この作品を評価する

 蓮掛祭名物の山車行列は勇壮できらびやかだった。締めの花火も豪華で美しい。でも……
「純君、どこ見てるの?」
深月さんが女神のような微笑みを僕に向ける。
「え、その……う、うちの田舎のチャチな祭りとは全然違うなあって思って……」
深月さんに見惚れてました、なんて言えず、咄嗟に口から出たのは変な感想もどき。浴衣姿の深月さんはいつもに増して艶やかだ。この美人の先輩が僕の彼女だなんて……。
「純君はプーさんみたいで可愛いし、素直だから好きよ」
ひと月前、誰もいない講義室で深月さんはこう言ってキスしてくれた。薄暗い沼のようだった僕の世界が、鮮やかな色と光を帯びて躍動し始めた。
「純君の地元のお祭りってどんな感じ?」
思いがけず話を広げられ、更にあたふたする。
「え、と……ち、小さい神社で、拝殿がそのままステージになって、奉納舞とか子供のお遊戯とかオバサンの歌とかがあって……。出店は数えるくらいで、最後はショボい花火が上がって終わり……です」
「私のトコは出店も花火もステージも無いわよ。『オノシシ』って祭りで、神様にお供え物をした後みんなでそれを料理して食べるだけなの。山あいにポツンとある小さな村でね。『オノシシ』をしなきゃ村に災いが起こるからって、毎年細々と続いてるけど」
深月さんには田舎臭さが全然無いので、なんだか意外な気がした。出身県は知ってたけど。
 ほどなく花火が終わった。最寄り駅へと向かう行列に僕らも取り込まれる。
「進まないね。電車も混みそうだし、疲れちゃう。こういう時は純君みたく駅の近くのアパートがいいね。……今晩泊まってもいい?」
――え? 心臓が早鐘を打ち、かあっと体が熱くなる。
「み、深月さんさえよければ……」
どうにか口を動かした。深月さんは婉然と微笑み、指を絡ませるように僕の手を握った。

 十日後、深月さんが帰省した。僕は特別講義やらレポートやらで今のところ帰省は見送りだ。毎日LINEすると言ってたのに、実家に着いたという報告を最後に深月さんからの連絡は途絶えた。僕が送ったメッセージも既読にならない。
(どうしたんだろ……)
心配だけど、LINEしか連絡先を知らない。
 音信不通になって四日目、ようやく届いたメッセージに僕は目を疑った。
『助けに来て』
『頼れるのは純君だけ』
『お願い』
何があったのか尋ねても返事が来ない。――レポートどころじゃない。僕は深月さんの村への行き方を調べ、ATMでお金を下ろして電車に飛び乗った。移動中も何度もLINEを送るけど反応は無い。
 高まる不安を抱えながら電車を降りると、改札口の向こうに当の本人がいた。僕に気付き笑顔で手を振る。
「来てくれてありがとう」
無事がわかって安堵したものの、事情が呑み込めず困惑する。
「車があるから乗って。バスは乗り継ぎが複雑だし遠回りよ」
深月さんは歩き出した。
「あ、あの、『助けて』って……」
「話は車の中で、ね」
勧められるままに助手席に乗った。
「道中疲れたでしょ?」
運転席に座った深月さんが栄養ドリンクを手渡してくれた。喉の渇きに気付き、ありがたく飲み干した。深月さんが車を発進させる。
「……心配しました。急に連絡取れなくなったから」
「ごめんね。うちの村、電波が不安定みたいで」
「いえ……今朝いきなりあんなLINEが来たから、びっくりしたけど」
「それで飛んで来てくれたんだ。さすが純君、私が見込んだ通りね」
「え……? どう……いう……」
――おかしい。頭がくらくらする。瞼が異様に重い。
「寝てていいよ。村まで一時間はかかるし。……寝てる間に全部終わっちゃうと思うけど」
深月さん……何て……? 聞き……取れ……な……

「今年の供え物は若くて肥えてて美味しそうだねえ」
老女が舌なめずりしながら、祭壇の上の意識の無い男をみつめる。
「いいぽっちゃり具合でしょ? ちゃんと自分の体で肉付きの最終確認をしたからね」
深月が得意げに言う。
「深月に『選り女(よりめ)』役を任せて正解だった。『清内純太』、名前も良いねえ。清く純粋な供え物ってね」
「私も名前に目を付けて観察し始めたの。友達いないっぽいし、話してみたら家族とも滅多に連絡取ってないってわかって。女に免疫無くて純情だし、簡単に落とせたわ。何も疑わず、純粋に私を心配してここまで来てくれたし。――スマホは市街地で電源切っといた。ここで処分するね。荷物は私があっちに戻る途中で捨てたらいい?」
「ああ。――これで今年も無事『オノシシ』が出来る。安らかに一年過ごせるよ」
「今年の肉は上等だって、『カツエメ』様も喜んでるかしら?」
深月がフフッと笑った。
「きっとね。……ああ、儀式の後の味噌煮込みが楽しみだねえ。みんなも喜ぶだろうよ」
 ほどなく村人達が集まり、『オノシシ』の祭事が始まった。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

15/09/07 こぐまじゅんこ

拝読しました。

うわぁ、こわー。って思いました。
でも、おもしろい。
単なる恋愛ものじゃなくて、意外な結末がおもしろかったです。

15/09/10 草愛やし美

光石七さん、拝読しました。

やはり……巧い話には裏があるんですね、それにつけても恐ろしい習慣の祭り。昔から生贄の話は世界各地にありましたが、美味しくって怖すぎます。でも、こんな風に今も密かに残っているかもしれません。クワバラクワバラ、甘い話に乗っちゃいけない。気の毒な彼、名前が綺麗すぎたなんて……。

15/09/11 光石七

>こぐまじゅんこさん
コメントありがとうございます。
怖さを感じてくださり、面白いとおっしゃっていただけて、ホッとしました。
二人のキャラクターも書き込み不足ですし話運びもイマイチですが、少しでも楽しんでいただければ幸いです。

>草藍さん
コメントありがとうございます。
何故こういう話になってしまったのか…… オチに関することを調べながら、書きながら、自分で気持ち悪くなってました(苦笑)
祭りは地域により様々ですし、取材は絶対NGの秘祭もあるらしいですね。
全く主人公は気の毒です。
いろいろ書き込みが足りませんが、楽しんでいただけたのでしたらうれしいです。

15/09/11 冬垣ひなた

光石七さん、拝読しました。

カニバリズムの伝統を守る村……八百万の神の中にこんな神がいるかもと思ったら怖すぎです。
彼はお気の毒です。似た名前の方は改名するかダイエットしないと危険ですね。
凄惨な儀式と対比した、淡々としたラストが上手いと思いました。

15/09/13 光石七

>冬垣ひなたさん
コメントありがとうございます。
村の人たちは狂人ではなく、この祭りに関してのみ通常の道徳観念が薄れている感じです。
『カツエメ』様は八百万の神というより土着信仰的なイメージですね。『オノシシ』もそうですが、漢字を当てるとより怖いかもしれません(というか、漢字からのネーミングです)。
主人公は気の毒としか言いようがありませんね…… ごめんよ、純君。
ラストはさらりと書かないと、自分が耐えられないグロテスクな描写になってしまうので(苦笑)
怖さを感じて頂けたのでしたら、うれしいです。

15/09/16 霜月秋介

光石七様、拝読しました。
え、えええ!?まさかの展開にゾッとしました。お見事です(笑)
女の誘惑には気を付けろという教訓とも思えます。
面白かったです。

15/09/17 そらの珊瑚

光石七さん、拝読しました。

おどろきの結末でした!
ぽっちゃりくん、とんだ受難でしたね。
同じぽっちゃり仲間としては気をつけなければ…。(笑い)

15/09/18 光石七

>霜月 秋介さん
コメントありがとうございます。
ゾッとしていただけてよかったです。
この目的のために主人公に近づき、今後の偽装工作の算段もすでについている深月は怖いですね……
楽しんでいただけたようで、うれしいです。

>そらの珊瑚さん
コメントありがとうございます。
あまりひねりの無いオチのような気がしていましたが、驚いていただけたようでよかったです。
『オノシシ』の供え物は男性と決まっています(『オノシシ』の「オ」は「男・雄」)。狙われてまんまと罠に掛かった主人公は気の毒ですが、毎年似たようなことが起こっていると考えると……
少しでも楽しんでいただければ、幸いです。

ログイン