1. トップページ
  2. きっかけから生まれしもの

霜月秋介さん

しもつきしゅうすけです。 日々の暮らしの中からモノガタリを見つけ出し、テーマに沿って書いていきます。

性別 男性
将来の夢
座右の銘 不言実行

投稿済みの作品

1

きっかけから生まれしもの

15/08/21 コンテスト(テーマ):第八十九回 時空モノガタリ文学賞【きっかけ】〜松山椋君の足跡 コメント:2件 霜月秋介 閲覧数:1531

この作品を評価する

 私がこの『時空モノガタリ』に出会ったきっかけは、一年ほど前に長編小説を書こうと意気込んで見事に挫折した時だ。掌編を募集しているサイトがないかとネット検索してみたところ、このサイトを見つけたのだ。二千文字以内。これなら自分にも出来るかもしれない。そう思った。掌編を書いて、その掌編を誰かに評価してもらえる。はじめてコメントを貰ったときの感動は今でも忘れない。私が掌編を書く楽しみを知ったのはこの『時空モノガタリ』と出会ったおかげである。
 私が小説を書こうと思ったきっかけは、高校の頃に初めて映画館で映画を観たときだ。映画のクライマックスになると、まわりの観客の鼻をすする音が聞こえてくる。実際私も鼻をすすっていた。私もいつか、こうやって人に鼻をすすらせるものを創ってやる。そういう決意をした。漫画もしくは小説を書いて、それを映画化させてやろうと意気込んだ。
 もともと私は、小学生の頃から漫画家になりたいと思っていた。小学校の国語の授業で、手塚治虫先生と私の誕生日が同じであることを知った。そこで運命的なものを感じ、漫画家になろうと意気込んだのである。しかし結局は挫折した。忙しさを理由に絵の鍛錬をロクにしなかったのである。次第に自分の絵に自信を無くした。そして今度は、小説を書いてみようと思ったのである。
 私ができたきっかけは、両親の気まぐれだったのだろう。両親が出会ったきっかけは、ほんの些細なことだったのかもしれない。両親が各々生まれたきっかけも、そのまた両親が生まれたきっかけも…
『時空モノガタリ』が出来たきっかけも、最初はほんの些細な出来事だったのかもしれない。いろんなきっかけが積み重なって、いろんなものが生まれていくのだ。
 今生きているこの世にも、無数のきっかけが潜んでいる。そしてそのきっかけから、これから何が生まれるのだろうか。
 


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

15/08/22 松山

霜月 秋介さん、拝読致しました。
そうですね、世の中には色々な所に色々な『きっかけ』があります。
その『きっかけ』は些細な事から始まるんですね。
ただ、今は、その些細なきっかけを見逃しがちだと思います?
夢に向けて些細なきっかけを一つ一つ集めていきたいでね。

15/08/28 光石七

拝読しました。
ご自分のことや“きっかけ”について思うことを素直に書かれていて、好感が持てました。
確かにこの世界のすべての物事はいろんなきっかけが積み重なった結果であり、今この時もたくさんのきっかけが潜んでいるのでしょう。
今生きていることや今まで得た出会いに感謝したくなりました。

ログイン