1. トップページ
  2. 村おこし、第一回UFO祭り

海見みみみさん

はじめまして。 時空モノガタリで修行させていただいています。 焼き肉が大好物。

性別 男性
将来の夢
座右の銘

投稿済みの作品

1

村おこし、第一回UFO祭り

15/08/10 コンテスト(テーマ):第九十回 時空モノガタリ文学賞【 祭り 】 コメント:4件 海見みみみ 閲覧数:1430

この作品を評価する

『当村ではこのままでは過疎化の進行により、村そのものの消滅もありえる。そこで、村おこしとして第一回UFO祭りを執り行う』
 村役場の職員に配られた資料。それを見て僕は思わずため息をついた。

 八月某日。夜。村には普段見られないような大勢の人々が詰めかけていた。なぜこんなにも人がたくさん集まったのか。それはこの村で『第一回UFO祭り』が開催されているからだ。
 四月の始め、村人が一枚の写真をネットにアップし、話題になった。農作業中に取ったというその写真には、なんとUFOの姿がくっきり写っていたのだ。
 ちょうどその頃、僕は村役場に就職したのだけれども、早速UFO写真の対応に追われる事になった。あれはどこで撮ったのか。そもそもあれは本物なのか。村に行きたい、宿泊施設を教えてくれ。そんな問い合わせが山程来た。
 この村では過疎化が進んでいた。村役場はこの流れを逃してはならないと奮起し『第一回UFO祭り』が企画された訳である。僕も案内係として祭りに駆り出された。
 村の広場では大勢の人々が輪になって呪文を唱えている。その光景はまるで宗教の儀式のようだ。人々が手をつなぎ、ぐるぐる回りながら声をあげる。
「ベントラー、ベントラー。UFOよ、現われたまえ!」
 なんとも奇妙な光景だ。かつてあったと言うUFOブームの時もこんな感じだったのだろうかと、ふと考える。まさかここまでUFO好きの人間がいるとは思いもしなかった。
「あ、あれ!」
 すると一人の少年が声をあげた。少年が指差した方向、それを見た瞬間、輪の中にいた一人が声をあげる。
「UFOだ……!」
 そこには確かにUFOらしき光が見えた。いくつかの光が瞬き、ジクザクに動いたかと思うと、ふっと消える。
 その姿を目撃した人々は歓声をあげた。
「あれ、UFOだよな!」
「私、初めて本物見ちゃった!」
「遂にUFOをこの目で見たぞ!」
 人々が感嘆の声を上げる。そんな中、僕は一人引きつった笑みを浮かべていた。

 それから僕は車に乗り込み、三分程したところにある茂みに訪れた。
「お疲れ様です」
「お疲れ様」
 そこには村役場の先輩達の姿があった。彼らは一体何をやっているのか、答えは簡単。
 UFOを映写しているのだ。
 どういう事かと言うと、この中央に設置されたスポットライト。これを使い空に向け光を照射したわけだ。つまりこの『第一回UFO祭り』とは村役場主導による完全なヤラセイベントだったのだ。
「まったく、暑くて早くビールが飲みたいよ」
「もうちょっとで終わりですから。それより先輩、さすがですね! UFOの姿に観客も大興奮ですよ」
 先輩に向け労いの言葉をかける。すると先輩は不思議そうに首を傾げた。
「何の話だ」
「だから、UFOですよ。もうスポットライトで照射したんですよね?」
 すると先輩の顔色が変わる。まさか。スポットライトに目をやると、まだコンセントが繋がれていなかった。
「てっきりお前が電源を運んできてくれたのかと」
「それでは、先程の光は」
「……本物のUFOだ」
 誰かがポツリとつぶやく。あまりの事態に、僕達はただ唖然とする事しか出来なかった。

 その日、僕は帰宅すると即効で床に倒れた。そのまま深くため息をつく。
「はあ、本当に今日は疲れた」
 それから残った仕事を終わらせるべく、携帯でとある場所へ電話をかける。
「こちらアースワン。サービスが過ぎたようだ。しばらく地球には近づかないように」
「了解」
 すると通話はそこで途切れた。

 実は僕、この星の人間ではない。遥か彼方の星からやってきた宇宙人なのだ。
 最初地球にやって来た時、僕はこの村の住人にその姿を写真で撮られてしまった。そこで急遽村役場の職員に紛れ込み、事態の火消しに奔走していたわけだ。
 ところが話は大きくなり、気づけば『第一回UFO祭り』なるヤラセイベントが開催される事になってしまった。
 それならいっそ、本物のUFOも紛れ込ませてサービスしてあげるか。そう考え、それで現れたのが先程のUFOである。
(まあ、色々あったけど、この村に人が集まるようになるならそれでいいかな)
『第一回UFO祭り』はヤラセイベントではあったけど、それはこの村の人達がそれだけ過疎化に危機感を抱いていたという事だ。この数ヶ月で僕はこの村の人々が大好きになった。少しでも役に立てたのなら、それで満足だ。

 その後、村を訪れる観光客は更に増え続けている。こうして『第一回UFO祭り』は無事成功を迎えたのだった。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

15/08/10 メラ

海見みみみさん、拝読しました。
なんだかタイトルにつられてしまい、さくっと読ませていただきました。

宇宙人が村役場。いいですね。なんとサービス精神旺盛な。
僕が今住んでいる地域もよくUFO騒ぎがありますが、そんなサービスしてほしいものです。

15/08/10 海見みみみ

メラ様

ご覧いただきありがとうございます!
こんなサービス精神旺盛な宇宙人がいたら良いですよね。
タイトルがご覧になるキッカケになったと聞いて、とても嬉しいです。
それでは感想ありがとうございました。

15/09/07 光石七

拝読しました。
村おこしのためのヤラセというのは予想していましたが、更なるオチにやられました。
でも、人の良い宇宙人でよかった。
面白かったです。

15/09/08 海見みみみ

光石七さん

ご覧いただきありがとうございます。
どれだけオチを重ねられるかチャレンジした作品なので、オチにハマってくれたみたいで良かったです!
こんな気さくな宇宙人となら友達になりたいです。
それでは感想ありがとうございました!

ログイン