1. トップページ
  2. 罠にかからないためには?

贋作師さん

数年前からさまざまなサイトに小説を投稿しています 多くの人に読んで頂ければ幸いです

性別 男性
将来の夢
座右の銘 やりたいこともやるべきことも全部やる

投稿済みの作品

1

罠にかからないためには?

15/07/30 コンテスト(テーマ):第八十八回 時空モノガタリ文学賞【 罠 】 コメント:1件 贋作師 閲覧数:1008

この作品を評価する

『ある時、1人の男性が「罠にかからないためにはどうすればいい?」と聞かれた。
 男性は「誠実に生きることに決まっている」とネクタイを直した。
 そう言った男性は上司の出世争いに巻き込まれ、競争相手にその上司もろとも首を切られた。
 
 誠実であったって、罠からは逃げられやしない。
 
 
 ある時、1人の女性が「罠にかからないためにはどうすればいい?」と聞かれた。
 女性は「うーんそうね、男の人に全ておまかせするのがいいんじゃないかしら」と男の肩にしなだれた。
 そう言った女性は周りの女性の恨みを買い、彼女らに雇われた男に騙され全てを失った。
 
 お任せしたって、罠からは逃げられやしない。
 
 
 ある時、1人の青年が「罠にかからないためにはどうすればいい?」と聞かれた。
 青年は「家から出なければいいのさ」とディスプレイから濁った目を離さなかった。
 そう言った青年はFXの詐欺商材に手を出して、数百万の借金を作った。
 
 家から出なくたって、罠からは逃げられやしない。
 
 
 ある時、1人の少女が「罠にかからないためにはどうすればいい?」と聞かれた。
 少女は「罠にかかったって友達がいれば何も怖くないわ」と皆を凄んで同意を求めた。
 そう言った少女は罠なんか恐れなかったけれど、身代りになる人なんてどこにもいなかった。
 
 友達がいたって、罠からは逃げられやしない。
 
 
 罠からは逃げられやしない。騙し騙され罠にかけ、そして罠にかかるのが人間だから
 
 
 ある時、1人の少年が「罠にかからないためにはどうすればいい?」と聞かれた。
 少年は「罠にかかったって気付かなければいいんじゃね?」とお気楽な笑顔を浮かべた。
 そう言った少年は罠にかかってもヘラヘラ笑い、誰かを騙すこともなくのうのうと生きていった。
 
 罠からは逃げられない。でも罠なんて知らないで、な〜んにも知らずに生きていくことは出来る。そしてそれが1番幸せなのです』
 
 けれどもし騙し騙され罠にかけ、そして罠にかかるのが人間ならば
 
 騙さず騙され罠にかけず、そして罠にかかるのは、一体何だというのでしょう?

 それも人間だと言えるのでしょうか?


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

15/08/12 光石七

拝読しました。
一種の寓話・問いかけですが、深いですね……
人間は所詮騙し騙され生きていくものなのでしょうか?
考えさせられました。

ログイン