1. トップページ
  2. 女鬼(おんなおに)の罠 ── 刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)

鮎風 遊さん

この世で最も面白い物語を見つけ出したい。 そのために、ひとり脳内で化学反応を起こし、投稿させてもらってます。 テーマに沿った個別物語の他に、いくつかのシリーズものをコツコツと書き続けさせてもらってます。 その主なシリーズものを紹介させてもらいます。  ☆❤☆❤☆ 新シリーズ 『ツイスミ不動産』 __ 2017.07.16よりスタートさせてもらいました。 カサリンとクワガタ野郎があなたが求める終の棲家を紹介いたします。  ☆❤☆❤☆ 『刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)』 __ 2017.05.21 ただ今、27話 __ 1話完結の2000文字推理小説です。この少ない文字数の中で、百目鬼刑事と部下の芹凛(せりりん)がいかに事件を解決していくか、その醍醐味を味わって頂ければ、光栄です。 これからも引き続き難しい事件に挑戦して参りますので、よろしくお願いします。  ☆❤☆❤☆ 『漢字一文字の旅』 __2017.04.04 ただ今、連載41__ 漢字にまつわるエッセイです。  ☆❤☆❤☆  『歴詩』 __歴史上の人物になりかわって、その波瀾万丈の生き様の思いを詩に綴らせてもらってます。 本作品については、フォト音(on)小説という形で、you tubeにもUPさせてもらってます。 詳細はこちらHPです。  ☆❤☆❤☆  http://ayukazeyuu.net/index.html  ☆❤☆❤☆                         よろしくお願いします。              

性別 男性
将来の夢 この世で最も面白い物語を見つけ出したい。
座右の銘 Do what you enjoy, enjoy what you do.

投稿済みの作品

3

女鬼(おんなおに)の罠 ── 刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)

15/07/28 コンテスト(テーマ):第八十八回 時空モノガタリ文学賞【 罠 】 コメント:7件 鮎風 遊 閲覧数:1724

この作品を評価する

『台風直撃下、社長・桐坂一郎氏、公園で刺殺される!』
 夕刊にこんな見出しが躍る。そして記事には…。
 昨夜都心を襲った大型台風、その暴風雨の中、桐坂氏は自宅から3キロメートル離れた公園で、鋭利な刃物により刺し殺された。
 第一発見者は公園の管理人。台風が去り、朝方見回ったところ、倒木の脇で俯せる男を発見。救急車を呼ぶが、すでに死亡していた。
 男性は大企業の社長・桐坂一郎氏で、午前2時頃に殺害されたと判明する。
 また身辺に、三百万円入りのバッグと高価な人形が放置されていた。この意味は金銭目的でなく、怨恨による犯行とも考えられる。
〈台風直下社長刺し殺され事件〉として捜査本部が立ち上げられ、現在犯人を追っている。

 急遽この事件に駆り出された百目鬼刑事と部下の芹凛(せりりん)こと芹川凛子刑事は急ぎ現場へと入った。
 そこにはいくつもの大きな水たまりが残り、木は倒れ、フェンスが45度に傾いている。まさに昨晩いかに風雨が強かったかを物語っている。しかし一方で、この状況を解釈し直すと、血痕も足跡もすべては洗い流されたということだ。そんな状況下、現場検証を終えた芹凛がブツブツと。
「雨風により、犯行の痕跡はすべて消されてる、それを目論んでのこんな殺(や)り方、そう、裏になにか陰謀が隠されてそうで…、プロの狩人だわ」
 こんな呟きを耳にした百目鬼、「殺人者を賞賛するな!」と窘(たしな)めてはみたが、考えてみれば、芹凛が感ずるところは当たってる気もする。そこで一つ突っ込む。
「大企業の社長はセキュリティの観点で絶対に単独行動しない。だがこのケース、一人で出掛けて来た、しかも台風の夜に。それは――なぜだ?」
 芹凛は、犯人を狩人と主張した以上、答えを持っていた。ここは動じず、「罠ですよ。それが何かはわかりませんが、桐坂はどうしてもこの公園に来る必要があったのです」と言い切った。
 百目鬼はこれに女刑事の鋭い嗅覚を感じたが、まだ核心を突いていない。
「ヨッシャー、桐坂は犯人が仕掛けた罠に嵌められた、そしてここで殺された、ならば、その罠は一体何なのか? もしこれがわかれば、捜査はぐんと前進するぞ」
「百目鬼刑事、その通りです」
 こうして方針は決まり、二人は捜査に没頭した。
 しかし、暴風雨の中の殺人事件、目撃者はいない、凶器は見つからない、犯人の足取りはつかめない。まさにないない尽くめ。進展はなく1週間が経過した。

 聞き込みから戻った芹凛、デスクでボーと天井を見詰める百目鬼に「今日も成果なしです」と報告する。「ご苦労さん」と百目鬼は一言だけ返す。このレスにムカッと来た芹凛、だがそれを無視して百目鬼が…。
「現場に現金と高価な人形が残されていたな。これらを軸に、社長が公園に出掛けなければならなかった理由、それをもう一度推理してくれ」
 疲れてるのに、追い打ちを掛ける要求、このくそオヤジがと思ったが…、それにしても人形? あらためて考えてみれば可笑しな話しだ。芹凛は今までの思考を整理をする。
 そして15分後、芹凛が「コーヒーでも?」と訊く。百目鬼はわかってる、芹凛がストーリーを組み立て終えたのだと。
 間もなくカップが差し出され、百目鬼が「さっ、話してくれ」と目で合図を飛ばすと、芹凛が滔々と語り始める。その要点とは。

 桐坂の孫娘、藍月は誘拐された。警察に通報すると孫を殺すぞと脅され、犯人の指図通り、桐坂一人で身代金と孫が喜ぶ人形を持って公園へと出掛けて行った。
 しかし、誘拐は藍月の母、紫月の狂言。その深意は暴風雨の中桐坂を一人にさせるため。桐坂はこの罠にまんまと嵌まり、計画通り刺し殺された。
 桐坂家の嫁、紫月は御狩場(みかりば)の女一族の娘。血肉(けつにく)に母の朱月と妹の幽月がいる。
 目的は桐坂家の乗っ取り。そのために紫月が計画し、朱月が孫を預かり、幽月が桐坂を刺す。このような御狩場の血の結託よる犯行。もちろん次に狙われるのは紫月の夫となる。

 こんなおどろおどろしい仮説を立てた芹凛、フーと一息吐く。それに百目鬼は「事実は小説より奇なり、ってことか。そこで女鬼、芹凛の登場だ。極悪狩人の連中に必殺の罠を仕掛けろ」とニッと笑う。こんな焚き付けに目を輝かせた芹凛、しばしの黙考、そして鬼神のごとく発す。
「桐坂持参の隠しビデオとICレコーダーには犯行の一部始終が記録されている。それらは現在第一発見者の手元にある。近々に捜査本部に引き渡される予定。こんなウソ情報を流しましょう。きっと紫月、朱月、幽月は慌て、尻尾を出しますよ」
 これに親指を立てた百目鬼、あとは狩人より恐い鬼の目をぎらつかせ、吠えるのだった。
「罠は漠然でなく、高級人形に内蔵された隠しビデオとICレコーダーとせよ。さっ芹凛、御狩場一族の陰謀、俺たち鬼が暴いてやるぞ!」


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

15/07/28 鮎風 遊

皆さまへ
表紙絵の写真は下記から借りてきました。

GATAG|フリー画像・写真素材集 4.0
著作者: jeronimoooooooo
ID: 201408270600
ライセンス: creative commons

よろしくご理解ください。

15/07/29 泡沫恋歌

鮎風 遊 様、拝読しました。

久々の百目鬼 学シリーズに興奮しましたよ!
怖ろしい鬼女の一族に魅入られた、被害者ですが百目鬼刑事と芹凛がいれば、
きっと逮捕してくれると思ってました。

これからも二人の活躍を楽しみにしていますから。

15/07/29 草愛やし美

鮎風遊さん、拝読しました。

久しぶりの投稿ですが、さすが鮎風さん、というか百目鬼刑事とセリリンさん推理が冴えていますね。

大企業の社長さんも大変ですね、孫のために頑張ったのに罠にかかり殺されてしまったのですか……、御狩場の鬼嫁もらっちゃ駄目ですねえ。

15/08/01 そらの珊瑚

鮎風遊さん、拝読しました。

それにしても御狩場ってすごい名前ですね。
今度の事件もせりりんの推理が冴えてました!

15/08/03 鮎風 遊

泡沫恋歌さん

2000文字で、もしドキドキして頂けたのなら、光栄です。

百目鬼と芹凛の名コンビ、これからも活躍してくれるでしょう。
よろしく。

15/08/03 鮎風 遊

草藍やし美さん

はい、ちょっと放浪の旅に出てまして、
ご無沙汰しておりました。

またボチボチと百目鬼と芹凛が顔を出しますので、
よろしく。

15/08/03 鮎風 遊

そらの珊瑚さん

御狩場、私も気に入ってます。
百目鬼、芹凛、御狩場と、
ボチボチながらも役者が揃ってきました。

よろしく。

ログイン