1. トップページ
  2. 掃除の妖精

夏川さん

コメディー短編を書くことが多いです。 よろしくお願いします。 ツイッター始めました @natsukapp

性別
将来の夢
座右の銘

投稿済みの作品

3

掃除の妖精

15/06/17 コンテスト(テーマ):第八十六回 時空モノガタリ文学賞 【 掃除 】 コメント:7件 夏川 閲覧数:1439

この作品を評価する

「ねぇ、もう遅いし泊まって行けよ」

 この部屋の主、圭介さんは連れ込んだ女性の肩を抱きながらかすれた声で囁きます。
 圭介さんはとても爽やかな男前で、毎夜様々な女性をこの部屋へ連れ込み、そして毎回この台詞を女性に囁くのです。
 しかし圭介さんは毎回同じ台詞で女性たちに振られてしまいます。今回もそうでした。

「こんな汚い部屋に泊まるなんて真っ平! よくこんなゴミ屋敷みたいな部屋に女の子が呼べたわね」

 女性はもう我慢できないなどと言いながら部屋を出てしまいました。そう、圭介さんの部屋は足の踏み場もないほどのゴミで埋め尽くされている、俗にいう「汚部屋」なのです。いろんな意味でだらしない圭介さんは掃除が大嫌いでした。たまに「部屋を掃除してあげるわ」などと言う殊勝な女性も現れるのですが、この部屋を見るやいろんな言い訳を垂れ流しながら逃げ出してしまうのです。もはや素人にはどうすることもできないほどの部屋でした。
 圭介さんは大きなため息を吐きながら誰に聞かせるでもなく呟きます。

「あーあ、誰か部屋掃除してくんねぇかな。靴屋の妖精みたいにさ」

 そんな事を言いながら圭介さんはゴミに塗れてふて寝してしまいました。

 部屋の主人が大いびきをかき始めた頃、ふいにどこからか小さな同居人たちがわらわらと現れました。彼らは額を突き合わせ、先ほどの圭介さんの言葉について話を始めます。

『ねぇねぇ、靴屋の妖精って何?』
『寝ている間に妖精が靴を作ってくれるお話だよ。圭介さんは自分じゃ掃除したくないんだ』
『そっかぁ。じゃあさじゃあさ、僕らが部屋を掃除してあげるのはどうだろう?』
『それは良い案だね、僕らは掃除の妖精ってわけだ!』

 同居人たちは圭介さんが大好きです。圭介さんの部屋には彼らが隠れる場所がたくさんあり、彼らにとってとても住み心地の良い部屋なのでした。
 でも彼らは人間に姿を見られてはいけません。「部屋の掃除」は姿を見せることなく圭介さんに恩返しができるとても良い機会という事で、彼らは喜び勇んで掃除をすることになりました。

 彼らは部屋に散り散りになり、さっそく掃除を始めていきます。とはいっても、彼らの身体は圭介さんに比べればうんと小さいので、山積みになった漫画を本棚に並べたり、いつの物か定かではない中身の濁ったペットボトルを捨てたりといったことはできません。
 でも彼らはその小さな体を使い、床に落ちた髪の毛やお菓子のカス、腐った弁当の残骸などを一生懸命に処理していきます。

 本当に本当に一生懸命に掃除をしていたので、彼らは圭介さんが体を起こしたことにも気が付きませんでした。
 圭介さんは掃除に励む「妖精」を目にするや、凄い勢いで叫びました。



「うわーッ!! ゴキブリ!!」


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

15/06/19 クナリ

ラストを見た後で本文を読み直すと、まったく違った情景に見えてきますね…。
お見事な仕掛けです。
内容的には、「いい話」のはずなんですけどね(^^;)。

15/06/19 戸松有葉

そうですか、彼らは掃除をしていたんですね。しかし哀れ、これから掃除されることに。

15/06/20 夏川

お二人ともコメントありがとうございます!

クナリさん
やってる事が同じでも、見た目が違えば抱く印象も180度違ってしまいますよね。ヤツラの見た目がもう少し違っていたら、そしてあんなに早く地面を這う事が出来なかったらまだ共存の道があったかもしれませんが・・・


戸松有葉さん
ゴミを食べてくれる、という点では掃除と同じだ!と思い書いてみました。
小さいルンバだと思えば多少は可愛く・・・なりませんね。見つけ次第皆殺しです。

15/07/06 つつい つつ

あ、あれは掃除の妖精だったのか……。
読み進めるうちに、もしやって嫌な予感はしたのですが。
掃除の妖精はすごく苦手ですが、この話はおもしろかったです。

15/07/06 夏川

コメントありがとうございます!

掃除の妖精の助けを借りることのないよう、きちんと自分で掃除をしていかなくてはなりませんよね。
そろそろ奴らが活発になる季節。対策を始めなくては・・・

面白いと言っていただけて嬉しいです、読んでくださってありがとうございました!

15/07/14 光石七

拝読しました。
「何だかいい話……」と、かわいらしい小人の姿を想像しながら読んでいたのですが、オチにやられました。
私も彼らは苦手ですが、彼らが出現するから掃除するという部分も確かにありますね。
面白かったです。

15/07/15 夏川

コメントありがとうございます!

彼らが出現するから掃除する、確かにそうですね。
奴らが食べ物に興味を示さなければ、ゴミを放置したりすることも厭わなかったかもしれません。
掃除をサボった者の元に現れる黒い悪魔・・・掃除の妖精というより掃除の番人と呼んだほうが良いかもしれませんね。

読んでくださってありがとうございました!

ログイン