1. トップページ
  2. ABOUT A GUNMA

林のりおさん

よろしくお願いいたします

性別 男性
将来の夢 喫茶店経営
座右の銘 石の上にも三年

投稿済みの作品

1

ABOUT A GUNMA

12/07/18 コンテスト(テーマ):第九回 時空モノガタリ文学賞【 群馬 】 コメント:0件 林のりお 閲覧数:1640

この作品を評価する

「出身はどこなの?」
「群馬です」
「へー、群馬なんだ!サファリパークあるよねー!」
「そうですね」
「やっぱり群馬の人はみんな行ったことあるの?」
「どうなんでしょうね」
「みんな行くんだろうねー!ライオンとかいるんでしょ?」
「いると思いますよ」
「やっぱかみ殺されたりするの?」
「しないんじゃないですか」
「すげー」
「そうですね」

そんな会話をしている二人組。私とは全く無関係。無視無視。

私?私の名前は由美子。すごくいい女よ。いい匂いするでしょう?香水って知ってる?いい匂いのする水のことよ。知らないでしょうね。田舎には売ってないんじゃないかしら。私は東京生まれ東京育ちだから知ってるけど、田舎じゃまず知らないわよね。

私?私はこれから美容室に行くの。さらにいい女になるのよ。美容室って知ってる?知らないでしょうね。田舎には床屋しかないんでしょう?かわいそうね。私はまず床屋には行かないわね。だってダサいじゃない。美容室はいけてるけど床屋はダサいわよ。床屋と美容室の違いはね、いろんなハサミで切るところらしいわよ。種類が多いの。まあ田舎には美容室もないでしょうから知らないでしょうね。

そうそう、美容室が終わったらネイルをしに行くの。ネイルって爪のことよ。知ってる?爪に色をぬったりすんのよ。すごくいい女になるんだから。田舎じゃ爪はかまわないんでしょうね。だって、かまったところで田舎じゃ爪の隙間に泥がはいるしネイルも意味ないわよね。

そしてね、ネイルが終わったら私は街を歩くの。いい女が、いい女ウォークをするのよ。そしたらみんななんて言うと思う?

「わ!いい女だ!」って言うわよ。どうせそういうに決まってるわよ。

ところでさっきの二人組みはなんなのよ。サファリパークとか言っちゃってさ。どこよそれ。群馬だって。しらなーい。

群馬くらい東京にもあるわよ。いい女がいうんだから間違いないわよ。サファリパークにはライオンがいるらしいけどなによそれ!自慢?

あたしに自慢しないでちょうだい!なによ!なによ群馬って!!


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

ログイン