松山椋さん

地獄からやってきた文学青年です。結局名前元に戻しました。

性別 男性
将来の夢 涙を流さないようにする
座右の銘 お前の背中はまるででたらめやぞ

投稿済みの作品

5

聖餐

15/03/23 コンテスト(テーマ):第八十回 時空モノガタリ文学賞 【 テーブルの上 】 コメント:7件 松山椋 閲覧数:6309

この作品を評価する

 あ、どうも、あなたが○○文藝の記者さんですか?いやはや、今日は遠方よりお越しいただきありがとうございます。はじめまして、私が松山です。私のような駆け出しの小説家にインタビューしていただけるとは、誠に光栄です。なんでも聞いてくださいね。むさくるしい所ですが、どうか固くならず。足崩してください。
さっそく本題ですか。どうぞなんでも聞いてください。え?私が生き甲斐としている事は何か?よくぞ聞いてくれました。私の小説家としてのバックボーンはなにか、という大変本質を突いた質問ですね。えーとそうですね、世の小説家たちはいい作品を書くために大変な努力をしています。フルマラソンを走る、ムッキムキに身体を鍛える、シルクロードを徒歩で横断しちゃう・・・。そんな大切な習慣が私にもあります。なんといいますか、いや別に言いづらい訳じゃないですよ。ただ誤解されないかどうか。ええ、私の生き甲斐は、うん、まあ、便所飯。便所飯です。あなたのような一般人が使うような言葉で表現するとね、便所飯になります。どうしても惨めなイメージがつきまといますが、私は便所飯に誇りを持っています。・・・なんでそんな冷たい目をするんですか。いいですか、個室に入って便座に座り、猫背気味に弁当を食う姿、これ何かに似ていませんか。そう、『祈り』の姿です。教会の祭壇前で一心不乱に神に祈る敬虔な信者の姿にそっくりです。そういえばオーギュスト・ロダンの彫刻『考える人』にも似ている・・・。失礼、ついエキサイトしてしまいました。とにかく、個室に入って便座に座れば私の膝の上は一瞬にしてフランス三ツ星レストランのテーブルの上と化すんです。
 私が便所飯を始めたのは女子高生のときからです。ある日ふと天啓に打たれまして、もうその次の瞬間には弁当持って個室トイレにブースインしてました。その日から365日、学校が休みの日でも便所で飯食ってましたね。え?いじめられてたんじゃないかって?なーに言ってるんですか、いじめられるわけがないじゃないですか。私みたいに人当たりがいい模範生徒は他にいませんでしたよ。まあ、上履きを隠されたりクラスメイトに近づくとバリア張られたり、大学病院勤務エリート医師30名によって書かれた私の死亡診断書を京都市役所にファクシミリ送信されたり、タモさんから葬式用の豪華な花輪が送られてきたりはしてました。まあこの程度の事なら誰でも経験ありますよ。他に何かされたか?うーん、強いて挙げるとすれば、体育の時間、野球の試合の時に私めがけて飛んできましたね。いえ、野球ボールじゃなくて、はい、劣化ウラン弾が。幸い爆発はしませんでした。誰が投げたのかはわかりません。
 今でも便所飯は続けています。今朝も近所の大学に侵入してプレイしましたよ。K大学法学部校舎5階のトイレで。メニューはカップラーメンとしました。どうやって作るのかって?お湯は簡単に手に入ります。洗面台で汲んだ水を入れたペットボトルを両手で強く握り、マントラを唱えながら念を込めると沸騰し始めるのでそれをカップに注いで3分待つだけです。待ち時間にはトイレに学生が入ってこないようにじっと監視していました。個室に入ってても監視できますよ。便器から立ち上がり足を踏ん張って力を入れるとびよーんと足が2メートルくらい伸びるので、個室ドアの上部スキマから外を覗いていました。そうして3分経過。音を立てずに上品っぽく麺をすすり無事完食。ミッション成功です。ちなみに昼飯も便所飯です。近所の牛丼屋で。トイレに丼を持ち込んで。こんな感じですかね、今日の食事は。
 はい、今までで一番印象に残っている便所飯?そうですねえ、やっぱり浦安の某テーマパークでやったときです。その日は12月24日、雪の降るクリスマスイブでした。カップルがいっぱいいましたね。別に気になりませんが。中央レストランでフルコース頼んで食器全部トイレに持ち込みました。誰にもバレませんでしたよ。カップルなんかどうせこの後のホテルの事で頭いっぱいですからね。まず気づかれません。もちろん飯食った後はめいっぱい遊びましたよ。ハメ外してミニーちゃんの耳なんかもつけちゃって。ジェットコースター乗りながら滝の水にも触りましたし、『カリブの海賊』で一緒の船に乗ったカップルを実弾入り手製拳銃で脅したりして遊びました。お土産もいっぱい買いましたよ。全部ご自宅用ですが。帰りの舞浜駅のホームで全部開封しました。



 まあこんなところですかね。え?全部使えない?インタビューは無かったことにしてくれ?・・・わかりました。そういえばキビヤックってご存知ですか?エスキモーの伝統料理なんですが。これとにかく臭い。便所で食ったら一発で使用不能になりますねえ。まあ、今夜からおうちの便所に気をつけてください。世の中物騒ですから。それじゃ。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

15/03/23 海見みみみ

松山 椋さん、拝読させていただきました。
独特の文体で語られる話に大笑いさせていただきました。
どことなく森見登美彦を思い出しますね。
本当に面白かったです。
それにしてもオチで使われたキビヤックなる伝統料理が非常に気になります。
そんなにも臭いのでしょうか。
試してみたくはありませんが、興味はありますね笑

15/03/23 松山椋

海見みみみさま
おお!迅速なコメント、ありがとうございます!頭が下がります。本当にありがとうございます。
森見さんは僕の目指すポジションです。いつかあんな小説が書けたらなあ・・・。精進します。
キビヤックは海鳥をアザラシの腹の中で発酵させた漬物です・・・非常に臭いです。こんなものトイレで食べたら失神します。
いつも感謝しております。これからもよろしくお願いします!

15/04/18 滝沢朱音

松山節(そう呼びたくなります)、あいかわらず絶好調ですね〜!
便座がテーブルの上ってこと…(;゚Д゚)━━?!
聖餐というタイトル。そして、個室トイレにブースイン!笑

15/04/20 光石七

拝読しました。
随所に散りばめられたツッコミどころ、笑いどころにお腹がよじれそうです(笑)
マントラで水が沸騰とか、足が2メートル伸びるとか、手製拳銃とか、この人は一体何者!?(笑)
楽しませていただきました。ありがとうございます。

15/05/29 松山椋

滝沢朱音さま
いつもコメントありがとうございます。
松山節!そういっていただけると本当に嬉しいです。
タイトルはいつも直感でつけてます。いやはやいいのか悪いのか・・・。
いつもありがとうございます。

15/05/29 松山椋

光石七さま
いつもコメントありがとうございます。
水が沸騰、足が伸びる・・・。いやはや僕お得意のくだらないギャグです。
こういうくだらないギャグだけではなく、いいものが書きたいです。
いつもありがとうございます!

ログイン