1. トップページ
  2. 【300文字小説】堪らず吐いた暴言

海見みみみさん

はじめまして。 時空モノガタリで修行させていただいています。 焼き肉が大好物。

性別 男性
将来の夢 プロ小説家になること!
座右の銘 焼肉定食!

投稿済みの作品

3

【300文字小説】堪らず吐いた暴言

15/02/23 コンテスト(テーマ):第七十八回 時空モノガタリ文学賞 【 嫉妬 】 コメント:8件 海見みみみ 閲覧数:1713

この作品を評価する

 俺の彼女はハッキリ言って男グセが悪い。いつも隙さえあれば他の男のところへふらふらと向かうので、その度俺は嫉妬していた。
 今日の飲み会。俺は彼女と参加していたのだが、そこでも悪癖が出た。彼女は酔っ払うと俺以外の男の方に寄りかかり、甘え出したのだ。
「おい、放っておいて大丈夫なのかよ」
 友人が心配して声をかけてくれる。俺は「大丈夫だ」と笑顔を浮かべると、そのままトイレに向かった。
 個室のトイレ。そこで俺は独り嫉妬を爆発させる。堪らず暴言を吐いた。

「Shit!」


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

15/02/24 たま

海見みみみさま、拝読しました。

1分間小説・・・新ジャンルでしょうか?おもしろいですね^^
それで、計測してみました。
25秒でした^^
ぼくの読む速さは普通だと思います。それで、25秒ですから、もう少し文字数が多いといいのにと思いました。
やはり25秒では短いし、500文字ぐらいがいいのではないですか。
新ジャンルを開拓するって素晴らしいです。
小説は実験だといいますから、果敢に描き続けてください♪

15/02/24 海見みみみ

>たま様

ご覧いただき誠にありがとうございます。
実は300文字小説自体は某新聞社さんの企画で、それに送ってボツになったものをなろうやnoteに掲載したものが『1分で読める300文字小説』の始まりでした。
しかし実態は1分どころか、30秒にも満たないとは……。
ちなみにこのシリーズは今でもなろうやnoteで連載しているので、もしよかったらご覧になってみてくださいね。
それでは感想ありがとうございました!

15/02/26 海見みみみ

>青柳金次郎さま
ご覧いただきありがとうございます。
今回はこの地口落ちの一発勝負で挑んでみました。
私もこういう女性に引っかかったことが、あるような、ないような笑
こちらこそ今後共よろしくお願いします。
それでは感想ありがとうございました!

15/03/08 海見みみみ

志水孝敏さま>
ご覧いただきありがとうございます。
まさにこのお話は落語で言うところの地口落ちです。
にやりとしていただけたようで何よりでした。
何事も吐き出す場所があることは大事ですよね。
主人公の彼の場合、それがオチになってしまいましたが笑

15/03/14 浅月庵

海見みみみ様
作品、読ませていただきました。
300文字以内にまとめるの難しそうですね。
2000文字でも足りないと感じるのに・・・(笑)

15/03/14 海見みみみ

浅月庵さま>
ご覧いただきありがとうございます。
300文字小説は一種の頭の体操ですね。
いかにして物語を300文字に収めるか。
それを考えるのが実に楽しいです。
庵さんも一度チャレンジされてみてはいかがでしょうか^_^
それでは感想ありがとうございました!

ログイン