1. トップページ
  2. 上司に気に入られるための3つの心得 プラス1

鮎風 遊さん

この世で最も面白い物語を見つけ出したい。 そのために、ひとり脳内で化学反応を起こし、投稿させてもらってます。 テーマに沿った個別物語の他に、いくつかのシリーズものをコツコツと書き続けさせてもらってます。 その主なシリーズものを紹介させてもらいます。  ☆❤☆❤☆ 新シリーズ 『ツイスミ不動産』 __ 2017.07.16よりスタートさせてもらいました。 カサリンとクワガタ野郎があなたが求める終の棲家を紹介いたします。  ☆❤☆❤☆ 『刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)』 __ 2017.05.21 ただ今、27話 __ 1話完結の2000文字推理小説です。この少ない文字数の中で、百目鬼刑事と部下の芹凛(せりりん)がいかに事件を解決していくか、その醍醐味を味わって頂ければ、光栄です。 これからも引き続き難しい事件に挑戦して参りますので、よろしくお願いします。  ☆❤☆❤☆ 『漢字一文字の旅』 __2017.04.04 ただ今、連載41__ 漢字にまつわるエッセイです。  ☆❤☆❤☆  『歴詩』 __歴史上の人物になりかわって、その波瀾万丈の生き様の思いを詩に綴らせてもらってます。 本作品については、フォト音(on)小説という形で、you tubeにもUPさせてもらってます。 詳細はこちらHPです。  ☆❤☆❤☆  http://ayukazeyuu.net/index.html  ☆❤☆❤☆                         よろしくお願いします。              

性別 男性
将来の夢 この世で最も面白い物語を見つけ出したい。
座右の銘 Do what you enjoy, enjoy what you do.

投稿済みの作品

6

上司に気に入られるための3つの心得 プラス1

15/02/19 コンテスト(テーマ):第七十六回 時空モノガタリ文学賞 【 戦国武将 】 コメント:11件 鮎風 遊 閲覧数:2315

この作品を評価する

 サラリーマンの皆様、毎日滅私奉公のお勤めご苦労様です。さて今日は、満身創痍で頑張ってるのに評価されない、そんな不満を持つ貴方への特別講習、テーマ『上司に気に入られるための3つの心得 プラス1』です。

 花井吉男は最前列の席で、必死の形相をして司会者の開会挨拶に耳を傾けてる。なぜなら、上司とは反りが合わず、昇進も遅れ、もうボロボロなのだ。そこで一念発起、ライバルたちをキャッチアップするため本講習会に参加した。
 もちろん吉男は認識している。
 会社では部長の勢力拡大の野望が絡み合い、4つの『ミ』(うらミ/つらミ/ねたミ/そねミ)が渦巻く。出る釘は打たれるどころか、スコンと抜かれ、ワラをも摑む者は溺死させられてしまう。裏切りと蹴落としは常態化し、まるで応仁の乱後の戦国時代。
 しかし、こんな戦場にあっても、同僚たちは上司に気に入られ、昇進の階段を上って行く。それに比べ吉男は、いつも同期の勇姿を下から眺めているだけ。情けないことだ!

 今日ここに集まった勤め人たち、全員似たり寄ったりの口惜しさで藻掻いてきた。もちろん司会者は承知済み。そのためかちょっと眉間に皺を寄せ、憐れんだ目で…。
 あなた方のサラリーマン人生、その命運はボスに握られてます。とにかく気に入られないと、未来はありませんよね。
 そこで本日は、500年の時を超え、細川幽斎先生にお出まし頂きました。
 先生は日本史上最も文武両道に秀でた戦国武将であらせられまして、剣術は塚原卜伝に学ばれ、突進してきた牛を投げ倒されたこともあります。また古代からの秘伝、古今伝授の伝承者でもあります。
 さらに現代人の我々が最も驚愕することは、日本史上3傑の織田信長、豊臣秀吉、徳川家康が上司であり、この飛び切り個性あるビッグスリーに順繰り部下として勤められ、見事争乱の戦国の世を生き抜かれました。
 それでは幽斎先生の登壇です、拍手を!

 えっ、信長、秀吉、家康がボスって? よくぞ殺されずに!
 会場がざわつく中、背丈六尺のイケメンサムライが颯爽と現れた。そしてキリリと立ち、張りのある声で…
 拙者は幽斎と申す。皆の者は上役に気に入られる術を知らぬと聞いた。癇癪持ちの信長殿、特段に色を好んだ秀吉殿、思い付きでは一切行動せぬ家康殿、それでも天下取りのためには手段を選ばなかった。そんな親方様に仕えた経験から、凡俗の徒が人並みに出世し、一生を全うするためにはまず信頼を得ることが肝要。そのための『3つの心得 プラス1』を伝授致そう。
 まず心得は…
  一つ、己に大志があろうとも、上司の野望を超えてはならぬ
  二つ、上司の好まざることを、ゆめゆめ口にすべからず
  三つ、時に身命を賭して事に当たるべし
 されど、これらの継続は難しい。そこで心の拠り所『プラス1』が必要なのじゃ。皆の者、わかり申したか?

 幽斎先生のあまりの迫力に、道理でござる、はっはー! あちこちから声が上がり、先生は恐悦至極の様。
 しかれど矢庭に吉男を指差して、「おい、そこの足軽、お主の『プラス1』、言い換えれば生きる糧は、何ぞか?」と。
 そんなこと突然訊かれても…、それでも吉男は脳みそを絞って、自信満々に「お金です」と。
 シーン。
 この凜然とした武士に対し、なんとKYな回答なんだろうか。会場が凍り付く。それにしてもこんなレス、戦国武将にとっては他愛もないこと。だが吉男は、ここで止せばよいのに調子に乗って、「俗人の先生も、プラス1はやっぱり小判でしょ」と。
 心得の2番は、好まざることを口にすべからず、と学んだはず。それなのに誇り高き武将に対し、俗人に小判とは。
 会場はより長くて嫌な静寂に包まれる。あ〜あ、一刀両断にされるかも?
 だが意外に、幽斎先生は少しにやけた表情で一言、「かぐわしき香りだ」と。
 しかし、誰も理解できない。ポカンと口を開けた受講者に、先生は続ける。
「我が妻は麝香姫(じゃこうひめ)と申しての、いつも良い香りを発しておって…、これが愛を深め、戦国の世を生き抜く力を与えてくれたのじゃ」
 愛、な〜るへそ、だけど生きる糧がカミさんの麝香の香りって、オッオー、羨ましい限りだよ!
 満席の会場に、4つの『ミ』の1つ、「ねたミ」がぐるぐると渦巻く。されどさすが細川幽斎、カッカッカと高笑いし、びしっと締め括る。
「戦国サラリーマンの皆の者、生き抜くための心の拠り所、プラス1は他にも創作や武道、音楽に菜園と何でもあるぞ。大事なことは、己にとって、かぐわしきものをまず見つけることじゃ。さっ皆の者、今からでも遅くはない、よって一歩を踏み出されよ」
 これに一同、御意!

 さて、吉男君はその後どうしたのだろうか?
 噂では、3つの心得よりまず『プラス1』、麝香姫との出会いを求め、旅に出たとか?


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

15/02/21 海見みみみ

拝読しました。
戦国武将というテーマからこのような話を作り上げるとは、その独創性が素晴らしいと思います。
何より実際にビジネスの役に立ちそうですしね。
戦国武将のビジネス本なんて出したら売れそうな気がします笑

15/02/22 草愛やし美

鮎風游さん、拝読しました。

戦国の世を生き抜いた先人のおっしゃることを今の世のリーマンも肝に命じて欲しいものです。とりわけ、妻の文字に強く反応している主婦の私めがおります。いいじゃないですk、奥さま大事は世界の平和。愛人、不倫などはもってのほか。不倫は風林火山の御旗に誓い、決して陥らないように。そこは絶対落とし穴と心得よ。なんて、言ってくだされば、より嬉しいです。

私感を持って読み終えました。大汗 なぜか、この方向に行ってしまいました。面白かったです。ところで、余談ですが、麝香って凄い香りですよね、流行りの柔軟剤で代用できますでしょうか? 苦笑

15/02/22 草愛やし美

鮎風游さん、拝読しました。

戦国の世を生き抜いた先人のおっしゃることを今の世のリーマンも肝に命じて欲しいものです。とりわけ、妻の文字に強く反応している主婦の私めがおります。いいじゃないですk、奥さま大事は世界の平和。愛人、不倫などはもってのほか。不倫は風林火山の御旗に誓い、決して陥らないように。そこは絶対落とし穴と心得よ。なんて、言ってくだされば、より嬉しいです。

私感を持って読み終えました。大汗 なぜか、この方向に行ってしまいました。面白かったです。ところで、余談ですが、麝香って凄い香りですよね、流行りの柔軟剤で代用できますでしょうか? 苦笑

15/02/24 泡沫恋歌

鮎風 遊 様、拝読しました。

下剋上という意味では戦国時代も、サラリーマンたちの会社生活も変らないかもしれませんね。
やっぱり、『プラス1』を持って、心の支えがないと生き抜けない気がします。

創作の世界も下剋上、ブレない自分で在りたいです。

15/02/24 光石七

拝読しました。
細川藤孝は波乱の戦国時代を生き延び、三人の天下人に仕えた稀有な存在ですよね。細川家は今も続いてますし。
その彼の言葉、重みがあります。
『プラス1』はサラリーマンでなくても大切だと思います。
面白かったです。

15/03/03 鮎風 遊

OHIMEさん

コメントありがとうございます。

実は細川幽斎とその妻、麝香姫について
なんらかの物語で書いてみたいと思ってました。

それが書いてみれば、こんな現代版になって、
まっ、これでお許しくださいと投稿させてもらいました。

お二人は怒ってるでしょうね。

15/03/03 鮎風 遊

海見みみみさん

コメントありがとうございました。

3つの心得うんぬんは私が考えたものなのですが、
現役時代、これが守れず、蹴飛ばされました。
特に二つ目が。

今だったら、このようにするだろうなあという反省心得です。
よろしく。

15/03/03 鮎風 遊

草藍さん

コメントありがとうございます。

麝香は中央アジアにいるジャコウジカの分泌物を香料にしたものです。
甘い香りがして、今では六神丸、救心に調合されているとか。

幽斎に嫁いだ麝香姫は若狭国熊川の城主・沼田光兼の娘です。
姫はよほど甘い香りがしたのでしょうね、麝香姫と呼ばれ、
その香りのせいで、幽斎は生涯側室をもうけなかったようです。

確かにそうですね、麝香は我々現代人はその匂いをちょっときつく感じますが。

15/03/03 鮎風 遊

泡沫恋歌さん

コメントありがとうございます。

仰る通りです。
やっぱりプラス1がないと、味気ないですね。

15/03/03 鮎風 遊

光石七さん

コメントありがとうございます。

そうなのです、私は細川幽斎という人物を思うたびに、不思議なのです。
信長、秀吉、家康に仕えたのですから。

信長と同い年の1534年生まれ、徳川幕府が1603年に開かれて、
それからまだ7年も生き、1610年に没。

とにかく凄い人です。

ログイン