1. トップページ
  2. 夜と朝の狭間から

石蕗亮さん

占師。および魔術師。 WEB幽にて怪談投稿してました。 弟子育成の経験や実体験を基にした不思議な話を中心に書いていきたいです。 沢山の方に読んで頂き、反論含めコメント頂けると幸いです。

性別 男性
将来の夢 作家、起業
座右の銘 人は言葉に置き換えれるものしか理解できない。置き換えた言葉でしか理解できない。

投稿済みの作品

11

夜と朝の狭間から

15/01/24 コンテスト(テーマ):第四十九回 【 自由投稿スペース 】 コメント:2件 石蕗亮 閲覧数:1235

この作品を評価する

彼方の人を想い
遅い夜を抜け
朧な朝に出る

別れて来た夜は戻れない過去で
空を染める白光(しかり)は今で
カフェに入り頼んだコーヒーの温もりが
幽かに未来を示す

変わる風景
戻らない想い人
混ざらない存在
閉じない環

平行線の交わる場所から
私は今日も傍観する


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

15/01/24 

拝読しました。
2周目の魔術師でしょうか。
石蕗さんらしい朝の捉え方だと思いました。

15/01/24 石蕗亮

榊さん
コメントありがとうございます。
何気なく書いてましたが、言われるとそうですね。
ご理解ありがとうございます(。-_-。)
読まれるの早いですね!さっきアップしたばかりなのに。

ログイン