1. トップページ
  2. 自転車でいこう!

そらの珊瑚さん

🌼初めての詩集【うず】を上梓しました。  (土曜美術出版販売・現代詩の新鋭シリーズ30) 🌼小説や詩、短歌などを創作しております。 🌼作品を置いています。よろしかったらお立ち寄りくださいませ。 「珊瑚の櫂」http://sanngo.exblog.jp/14233561/ 🌼ツイッター@sangosorano 時々つぶやきます。 🌼詩の季刊誌(年4回発行)「きらる」(太陽書房)に参加しています。私を含めて10人の詩人によるアンソロジー集です。アマゾンでお買い上げいただけます。      ✿御礼✿「馬」のオーナーコンテストにご参加いただきました皆様、ありがとうございました。

性別 女性
将来の夢 星座になること
座右の銘 珊瑚の夢は夜ひらく

投稿済みの作品

2

自転車でいこう!

12/07/10 コンテスト(テーマ):第十回 時空モノガタリ文学賞【 自転車 】 コメント:9件 そらの珊瑚 閲覧数:2132

この作品を評価する

赤信号で
一台の自転車が止まる
重そうなブレーキ音
それはそのはす
後ろの荷台には
補助シートに乗せた幼子
お母さんはハンドルを
ぎゅっと握って
足をつく
背中におぶわれた赤ちゃんは寝ていて
首がガクリと折れて
天を向いている
前かごには
買い物袋
白ネギが飛び出している

ハンドルには
トイレットペーパーと
ティッシュペーパーが
ぶら下がり
もうこれ以上は
無理ですと
自転車のタイヤの
悲鳴が聴こえるよう

それでも
彼女は
非情にも
さらに荷物を載せるつもりだろう
この先の薬局で
特売のオムツを買って
ペダルをこぐのは
私なのよと
いわんばかりに

その荷物は
望んで得たもの
行けるとこまで
行ってやろうじゃないの

背中に
追い風を吹かせるように
壊れないようにと願う
自転車も
彼女も

青信号になって
飛び出していった
彼女のポニーテールが
左右に揺れた
まぶしくて
わたしは日傘をかしげる
帽子を
被ることさえしない彼女は
いつかのわたしかもしれない


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

12/07/10 ドーナツ

自転車に載ってる時の 風を感じます。白ネギとかトイレットペーパーとか、下町っぽい庶民的な言葉を使っているのに、そういう雰囲気ではなくもっと、軽やかで爽やかな雰囲気が漂ってますよ。
このお母さんが自転車をこいでる姿,微笑ましいです。うん、とってもさわやか。

12/07/11 そらの珊瑚

どーなつさん
コメントありがとうございます。

子育てにあけくれていた頃、大変さが増すと闘志が増したのを覚えています。(笑い)若かったのですね〜

今でも自転車に子どもと荷物満載しているお母さんを見ると
あの頃のことを思い出し、心の中で応援してしまいます。

12/07/11 泡沫恋歌

珊瑚さん、拝読しました。

自転車の躍動感が伝わる作品だね。
すっごく風を感じました。

毎日、自転車乗ってるけど自転車が大好きです。

12/07/11 汐月夜空

珊瑚さん、拝読しました。
日常的な自転車の情景が、詩のように表現されていたのが印象的でした。
>その荷物は 望んで得たもの 行けるとこまで 行ってやろうじゃないの
自転車に乗る人なら一度は感じたことがある感覚ですよね。通りがかる人を見て、あれは昔の自分、と感じるのも分かります。自転車って妙に記憶を動かす力があるような気がします。

12/07/13 そらの珊瑚

恋歌さん
ありがとうございます。

自転車のいいところは
基本、自力で動かす(充電式というのもありますが)
おっしゃられるように
風を感じられるというところでは
ないかと思います。

事故にはくれぐれもお気を付けくださいね。
(さすがにこんなに荷物載せたら、アブナイよね)

12/07/13 そらの珊瑚

夜空さん
ありがとうございます。

もともと詩として書いた過去作です。
>その荷物は 望んで得たもの 行けるとこまで 行ってやろうじゃないの
もしかしたら、その荷物のなかで最大のものは
自分かもしれない。
いただいたコメント読ませていただいて、ふとそんな思いが沸き上がりました。
自分ではない人が自分の書いたものをどう感じたか
それを知ること
コメントのありがたさが身にしみました。

12/07/29 くまちゃん

生きること 育てることに夢中だった時代を思い出しました。
今はバドミントンの道具だけが かごに入り往復2時間近く自転車を漕ぎのんびりと人生を楽しんでいます。
でも ここは住宅地 いらっしゃいますよ^^
前かごにと背中に子を背負い後ろは満載の生活品。自転車は任せなさ〜〜〜い!と。どちらにも逞しさを感じます。

12/07/30 そらの珊瑚

くまちゃん、ありがとうございます。

子育て中は無我夢中でしたね。
過ぎ去ってみれば、幸せな時間を過ごさせてもらっていたようなきがします。

私も子どもをのせて自転車を漕ぐ若いお母さんの姿をみかけます。
つい頑張ってと声、かけたくなりますね。

往復2時間、それはすごい!

12/12/18 笹峰霧子

こんにちは

ピックアップされた作品たくさんありますね。
まだ全体の作者を探す場所が分からないので、右側に表示された作品だけ読むことができます。
珊瑚さんの作品を少しずつ読ませていただきたいと思っています。
どうぞよろしくお願いします。

ログイン