1. トップページ
  2. あいうえおの館 ── 刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)

鮎風 遊さん

この世で最も面白い物語を見つけ出したい。 そのために、ひとり脳内で化学反応を起こし、投稿させてもらってます。 テーマに沿った個別物語の他に、いくつかのシリーズものをコツコツと書き続けさせてもらってます。 その主なシリーズものを紹介させてもらいます。  ☆❤☆❤☆ 新シリーズ 『ツイスミ不動産』 __ 2017.07.16よりスタートさせてもらいました。 カサリンとクワガタ野郎があなたが求める終の棲家を紹介いたします。  ☆❤☆❤☆ 『刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)』 __ 2017.05.21 ただ今、27話 __ 1話完結の2000文字推理小説です。この少ない文字数の中で、百目鬼刑事と部下の芹凛(せりりん)がいかに事件を解決していくか、その醍醐味を味わって頂ければ、光栄です。 これからも引き続き難しい事件に挑戦して参りますので、よろしくお願いします。  ☆❤☆❤☆ 『漢字一文字の旅』 __2017.04.04 ただ今、連載41__ 漢字にまつわるエッセイです。  ☆❤☆❤☆  『歴詩』 __歴史上の人物になりかわって、その波瀾万丈の生き様の思いを詩に綴らせてもらってます。 本作品については、フォト音(on)小説という形で、you tubeにもUPさせてもらってます。 詳細はこちらHPです。  ☆❤☆❤☆  http://ayukazeyuu.net/index.html  ☆❤☆❤☆                         よろしくお願いします。              

性別 男性
将来の夢 この世で最も面白い物語を見つけ出したい。
座右の銘 Do what you enjoy, enjoy what you do.

投稿済みの作品

4

あいうえおの館 ── 刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)

15/01/03 コンテスト(テーマ):第七十三回 時空モノガタリ文学賞【 隣室 】 コメント:6件 鮎風 遊 閲覧数:2458

この作品を評価する

 梅の花がちらほらと咲き始めた。時節は春間近、気持ちが少々華やぐ。それは犬とて同じこと。鎖から解き放たれた柴犬が、以前から余程気になる物があったのだろう、『あいうえおの館』と呼ばれる小さなアパートの、裏手にある雑木林に一目散に駆けて行った。
 しばらくして、犬はドヤ顔で、骨一本銜えて戻って来た。鶏にしては太過ぎる。飼い主はびっくりし、交番へと届けた。

『お手柄ワンちゃん、好物の骨をもらってご満悦!』
 三日後、こんな見出しで、骨を口一杯に銜え、やっぱりドヤ顔の柴犬。そんなご褒美記念写真がユーモラスで、世間の喝采を浴びた。
 しかし、報じられたニュースは大事件。犬が持ち帰った骨は、死亡推定時期が半年前の若い女性のものだった。すぐに現場検証が入り、刃物傷が残る骨も発見された。念のため周辺を掘り起こしてみると、さらに白骨化した女性の二遺体が現れた。検死結果、いずれも同時期の死亡だった。まさにこれは連続殺人事件。当然百目鬼刑事も、部下の芹凛(せりりん)こと芹川凛子刑事も捜査に加わった。

「こちらは、あいうえおの館って呼ばれてますよね。皆さん何をなされてるのですか?」
 紅梅がふっくらと蕾を膨らませてる。そんな玄関先で、百目鬼は亜瑠(ある)と名乗る女性と、最近その夫になったという管理人のオサムに質問した。男は愛想笑いをし、「左の部屋から亜瑠、そして伊吹(いぶき)さん、宇砂戯(うさぎ)さん、炎(えん)さん、一番右が私で、その頭文字を並べて、あいうえおの館なんですよ」と的外れに返してきた。それを察してか、亜瑠が補足する。「私たちは文芸仲間です。だけど、それだけじゃ食べて行けませんので、私は家政婦をしてます。また他の三人はレジ打ちとか、デパ地下勤務でした」と。
 その一瞬だった、芹凛の目が獲物を狙う狐のように吊り上がった。
「でした? なら、今は?」
 こんな芹凛の突っ込みに、亜瑠は「みんな、取材旅行に出てますわ」とシレッと切り返す。まさに雌狐と雌狸の一触即発、鬼の百目鬼刑事であってもここは出る幕がない。
 そして女の勘なのだろう、「生存されてることを証明できますか?」と芹凛が怯みなく問い詰める。されど亜瑠は淡々と「彼女たちのブログは更新されてるし、メールも来ます」と話し、「留守のお部屋の掃除代として、毎月10万円ずつの入金はあります。それに家賃も…」と最後をはぐらかす。この一瞬の不遜な間を芹凛は見逃さなかった。今度は真正面にオサムと向き合い、畳み掛ける。
「あら、随分と裕福になられたのですね。三人のお部屋をちょっと見せてくださいませ」
 男は脇が甘い。こんなテンポに乗せられて、「伊吹さんに宝くじが当たりましてね。まっ、どうぞ」と手招きをしてしまう。
 旅行中だという女性たちの部屋にはPCもない。見事に亜瑠によって痕跡は消されていた。それでも本人たちの物だと差し出されたサンプルをDNA鑑定したが、予想通り白骨と合致するものはなかった。

 それから2週間が経ち、この二人の刑事は焦ってる。その息抜きにと、珍しく百目鬼がコーヒーを沸かし、芹凛にカップを手渡した。芹凛は一旦香りを嗅ぐが、目を閉じたままでいる。仕方ないヤツだなあ、と百目鬼は呟き、芹凛の耳元で、「薄い壁一枚の隣室、それがキーだよ」と推理の呼び水を試みる。これにハッと目を覚まされたのか、芹凛の仮説が吹き出す。
 その内容とは… 
 宇砂戯は伊吹の当選金を横取りしようと、自分の部屋に誘い、毒殺。後は雑木林に埋める。それを隣室から窺っていた炎、宇砂戯を部屋に呼び、絞殺。炎は隣室のオサムと共に宇砂戯を埋葬する。だが、欲に目が眩んだオサムに刺殺されてしまう。
 この悪魔の所業を全部見ていたのが、亜瑠だった。彼女は目立つことなく、大金を手にする方法を考えた。それは、まず伊吹の当選金を、各自のPC内にメモられていたパスワード等を使い、ネットバンキングで殺された女三人に振り分ける。そして掃除代として、三人から月10万円ずつ自動振り込みさせる、また結婚したオサムにも、家賃代を振り込む。これを生涯の利得とするためには、三人にはずっと生存していてもらう必要がある。そのため亜瑠はネット内で殺された三人になりすました。

 ここまで一気に語った芹凛、それは未だ想像の域を超えられず、自信がない。そんな芹凛に百目鬼が吐く。「小説には、作者が見聞きしたことが…必ず書かれてるものだよ」と。
 それと同時に、芹凛は席を蹴っていた。その30分後、亜瑠の投稿作品から一文を見つけ出してきた。
「ありました! 男は女を刺し、そのナイフを紅梅の下に埋めた、と」
 これを耳にした百目鬼刑事、鬼の目をギョロッと剥いた。
「ヨッシャ、あいうえおの館の紅梅、今が見頃だ。最後にオサムを殺し、亜瑠に総盗りされる前に、さっ、芹凛、行くぞ!」


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

15/01/05 草愛やし美

鮎風游さん、明けましておめでとうございます。

絶好調ですね、百目鬼刑事シリーズ、今回の作品も面白かったです。せりりんさん、年初から推理が冴えていますね。
壁が薄いと聞こえますから、当選なんてことはどうしても歓喜の声漏らしてしまいますもの、当然の成り行きだったのかもですね。
文芸仲間なら、創作で勝負すべきなのに、それが当選という突発的な出来事で乱れてしまったのでしょう、悲しい結末でした。

15/01/07 泡沫恋歌

鮎風 遊 様、拝読しました。

百目鬼刑事シリーズ、毎回楽しみに読んでます。

犬が骨を咥えてくる、最初の描写で興味を惹きましたね。
『あいうえおの館』で、文芸仲間たちが暮らしているのって羨ましいけど、
こんな末路は怖ろしいです。

お金に眼が眩んだ犯罪って、やっぱり一番多いんだろうね。
なんか文芸仲間で、こんな風になっちゃうのって悲しいです。

15/01/11 石蕗亮

お久しぶりです。
よくこの文字数で完成できますね!作品の面白さも合わせて驚きです!
これを読んでから1話にいきますが、期待して読みにいきます。
俺もこんな風に書きたいです。羨ましいです。

15/01/12 鮎風 遊

草藍さん

コメント、ありがとうございます。

そうですよ、壁が薄いということは筒抜け。
そこから欲が絡み合い、こんなことに。

隣人は悪人だったということでしょうか。

今年も百目鬼と芹凛、頑張りますので、よろしく。

15/01/12 鮎風 遊

泡沫恋歌さん

コメントありがとうございます。

文芸仲間もいろいろです。
一番不幸なケースですね。

犬が骨を咥えてくる、
この取っ掛かりが自分でも気に入ってます。

今年も百目鬼と芹凛のコンビ、
頑張って事件解決いて行きますので、よろしく。

15/01/12 鮎風 遊

石蕗亮さん

おめでとうございます。
本年もよろしく。

百目鬼シリーズ、コツコツと続けています。
もっと難問に挑戦しますので、
これからも可愛がってやってください。

よろしく。

ログイン