1. トップページ
  2. 漢字一文字の旅 連載37

鮎風 遊さん

この世で最も面白い物語を見つけ出したい。 そのために、ひとり脳内で化学反応を起こし、投稿させてもらってます。 テーマに沿った個別物語の他に、いくつかのシリーズものをコツコツと書き続けさせてもらってます。 その主なシリーズものを紹介させてもらいます。  ☆❤☆❤☆ 新シリーズ 『ツイスミ不動産』 __ 2017.07.16よりスタートさせてもらいました。 カサリンとクワガタ野郎があなたが求める終の棲家を紹介いたします。  ☆❤☆❤☆ 『刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)』 __ 2017.05.21 ただ今、27話 __ 1話完結の2000文字推理小説です。この少ない文字数の中で、百目鬼刑事と部下の芹凛(せりりん)がいかに事件を解決していくか、その醍醐味を味わって頂ければ、光栄です。 これからも引き続き難しい事件に挑戦して参りますので、よろしくお願いします。  ☆❤☆❤☆ 『漢字一文字の旅』 __2017.04.04 ただ今、連載41__ 漢字にまつわるエッセイです。  ☆❤☆❤☆  『歴詩』 __歴史上の人物になりかわって、その波瀾万丈の生き様の思いを詩に綴らせてもらってます。 本作品については、フォト音(on)小説という形で、you tubeにもUPさせてもらってます。 詳細はこちらHPです。  ☆❤☆❤☆  http://ayukazeyuu.net/index.html  ☆❤☆❤☆                         よろしくお願いします。              

性別 男性
将来の夢 この世で最も面白い物語を見つけ出したい。
座右の銘 Do what you enjoy, enjoy what you do.

投稿済みの作品

3

漢字一文字の旅 連載37

15/01/01 コンテスト(テーマ):第四十七回 【 自由投稿スペース 】 コメント:4件 鮎風 遊 閲覧数:1891

この作品を評価する


 旅はなにも距離を彷徨(さまよ)うものではない。
 脳の中でも歩ける。

 旅は道連れ、世は情け。 
 皆さまからの熱い情けを受けて、連載10で煩悩の数108漢字を終えました。
 そして、連載11より再スタートさせてもらいました。
 これからも御一緒に、果てることがない旅が続けられたら嬉しいです。 

 この〈自由投稿スペース〉で、お付き合いのほどをよろしくお願いします。

 また、本エッセイは平凡社出版、著・白川静先生の「常用字解」、並びに著・白川静先生/津崎幸博先生の「人名字解」から、漢字解釈について引用させてもらってます。



連載37 羊 詳 葛 恐 胡 光

37−(1) 【羊】

 【羊】は象形、ヒツジを正面から見た形だとか。
 うーん、確かに角がある。
 そして「美」という漢字、ヒツジを角から後ろ足までを見た形だそうな。

 そっかぁ、「美」は【羊】の全体像なんだ!
 そう言えば、美人は【羊】みたいな人ばかり、と思えてくるから不思議だ。

 こんな解釈って、どやさ! と声を上げられる、ちょっと【熟羊】の方もおられるかと思いますが……、
 あくまでも鮎風の勝手思考ですので、ご容赦を。

 さてさて、十二支(じゅうにし)は
 子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥
 ね・うし・とら・う・たつ・み・うま・ひつじ・さる・とり・いぬ・い

 2015年の干支は【羊】。しかし、「未」と書く。
 なぜ?
 となるが、無知な庶民が十二支を覚えるために、「未」に動物のヒツジを当てたとか、と言われてる。
 しかし、本当のところ、よくわからないのだ。
 そもそも「未」という字は象形で、枝が茂ってる木の形だそうな。
 だが、そこには熟した果実はない。
 そのようなことから「いまだ」の意になった。

 こんなくだらない思考に脳が興奮し、
 眠れね夜は、一匹二匹三匹……、柵を跳び越える【羊】を数える。そして1000匹ほど数えれば、もうクタクタ、結局疲れて眠りに落ちる。

 世間では未辛抱(ひつじしんぼう)と言われ、まさに辛抱の年。要は【羊】の数を数えるような年なのかも知れないなあ。

 しかし、これじゃやってられない。
 一方で、未年は変化が始まる年だ、とも言われてる。
 だから、1000匹の【羊】を数えた後には、光り輝く朝が来る、と信じることにしましょう。

 追記です。
 多分【羊】(ヒツジ)と「山羊」(ヤギ)の違いがわからない方もおられますよね。
 この際、ハッキリさせましょう。
 鮎風の動物学分類では……、
 1万円札を食べて、ウメェーと鳴く、不届きなヤツが「山羊」(ヤギ)。
 そして、1万円札に見向きもせず、野っ原の草しか食べない偏食野郎が――【羊】(ヒツジ)です。
 ご参考に。


37−(2) 【詳】

 【詳】、言偏に「羊」で、詳しいという意味になる。

 かって「羊神判」(ようしんぱん)という裁判があった。それは争う当事者が獣の「羊」を差し出すことで執り行われたようだ。
 もちろん審理に当たって、裁判官は当事者の主張を十分に聞き、調べた。つまり、それが【詳】だそうな。

 そんな【詳】、「詳しく教えてください」や「詳細は?」などの言葉は日常的に使われている。
 それではここで問題を。
 【詳らか】――これはどう読むのでしょうか?

 答えは平安時代から使われていた(つまびらか)。美しい響きがある言葉だ。
 だが、「内容をつまびらかにしてください」なんて迫られたら、なにか真綿で首絞められるようなもの、かな?

 また「不詳」と「不明」の違いがよく話題になる。
 例えば、「年齢不詳」。
 これは現段階ではわからないが、詳しく調べればわかる状況をいう。
 そして「年齢不明」はまったくわからないこと。

 とにかく【詳】は、「羊神判」にかけられ、【詳らか】(つまびらか)にされてる事態ということなのだろう。


37−(3) 【葛】

 【葛】、草冠の下の「曷」は死者の骨を呪霊(じゅれい)とし、激しく祈ることをいうらしい。
 そこから喉が渇く意味に派生したそうな。

 そんな【葛】、音読みで(カツ)、訓読みで(くず・かずら)と読み、山野に自生する蔓草(つるくさ)のことだ。
 当然、渇いてるせいで、蔓(つる)を切っても水分が出ない。
 そのためか、古くから茎の繊維で布が織られ、根からはくず粉が作られてきた。

 眩しい太陽、夏の大地は日照る。
 そして辺り一面【葛】が覆い尽くす。
 ふと目を遣ると、古い住居が緑一色に覆われてる。
 それは人が住まなくなって【葛】が巻き付いたものなのか……?
 いや、そうではない、呪われたのだろう。
 【葛】が人間が造った建造物に襲い掛かり、廃墟と化せたと言える。

 その【葛の葉】の表側は緑だが、裏側は異様に白い。
 昔、安倍保名という男が傷を負った美しい女を助けた。
 この女は【葛の葉】(くずのは)と名乗り、やがて安倍晴明を産み落とす。
 しかし、女の正体は白狐だった。
 それが保名にバレて、女は歌を残して、信太(しのだ)の森へと帰って行ってしまった。
  恋しくば 尋ね来て見よ 和泉(いずみ)なる
  信太の森の 恨み葛の葉

 この「恨み」が「裏見」とも解釈され、
 夏から秋に吹く風を、葛の葉の白い裏が見えることから【葛の裏風】(くずのうらかぜ)と呼ばれている。
 そして、「裏見の風」 − 「恨み風」とも言われてるそうな。

 ひょっとすると、今も、夏が終わる時節に、
 安倍晴明の母の白狐・【葛の葉】が信太の森から【葛の裏風】、いや、「恨み風」を吹かす……、のかも知れないなあ。


37−(4) 【恐】

 【恐】、「心」の上にある文字は、神に仕える人が呪具を両手で高く持ち上げ、神を迎える仕草。
 その時、神をおそれ、かしこまるその「心」が【恐】だとか。

 こんな【恐】と「竜」で、熟語「恐竜」となる。
 英語では「dinosaur 」。この言語はギリシア語で「恐いトカゲ」の意味だとか。
 やっぱり【恐】なのかと感心する恐竜、毎年新発見で話題に事欠かない。

 日本で化石発見された最大恐竜は、かって三重県鳥羽市で発見されたトバリュウ。 体長は約16〜18mと推定されている。

 これが世界となれば、驚愕だ。
 2014年アルゼンチンで、約9000万年前の草食恐竜が発見された。
 体重は約100トン、体長は40メートルで、アフリカ象14頭に相当するとか。

 うーん、アフリカ象ね。これではちょっとイメージが湧かない。
 そこで大型バス、ざっくり1台10トン、長さで10メートルだ。
 要は重さでバス10台、体長でバス4台の長さなのだ!
 これって、どないなヤツなんだ! と叫んでしまう。

 しかし、こんな恐竜が地球を歩いてたと思うと、その自然のダイナニズムに【恐】悦至極とならざるを得ないのだ。


37−(5) 【胡】

 【胡】、古い月と書く。中国の遊牧民族を【胡】(こ)と卑しんで呼んだそうな。

 そんな【胡】は熟語となり、胡瓜(きゅうり)のように異民族由来のものを示す。
 他に胡麻(ごま)や胡桃(くるみ)があるが、胡蜂と胡座となると、ちょっと読みが難しくなる。
 答えは、胡蜂は(すずめばち)、中国から飛んできたのかな。また、胡座は(あぐら)、異民族から伝わってきたのだろう。
 さらに馴染み深いのが胡椒、英語で香辛料の「Pepper」だ。

 だが、ここへ来て、ソフトバンクが「Pepper」と言うロボットを発売するらしい。
 元々「タロウ」と名付けられていたが、孫正義氏が世界中の人が覚えやすくて発音しやすい名前にしたかったとかで、変更された。
 そして、このロボットはなかなかの優れものらしく、胡椒はピリピリとするが、どうもこのヒューマノイド「Pepper」は人の心にそっと寄り添ってくれるらしい。

 なるほど、「Pepper」は胡椒で、異民族の分類になるが、
 一緒に暮らした〜い!


37−(6) 【光】

 【光】、これは「火」と「人」の組み合わせだとか。
 つまり「人」の頭上に「火」をかざしている形だそうな。

 他に同じような組み合わせがある。「見」とか「先」とかだ。
 「見」は「人」の上に「目」、これで「見る」。
 「先」は「人」の上に足跡の形の「止」をおいて「先」。
 いろいろあるものだ。

 そして最近話題になったのが――LED(light emitting diode)、つまり光を放射する半導体素子。
 赤崎勇教授、天野浩教授、中村修二教授の三氏が2014年のノーベル物理学賞を受賞した。
 理由は、明るくエネルギー消費の少ない白色光源を可能にした高効率な青色LEDの発明。そして、20世紀は白熱灯が照らし、21世紀はLEDが照らす。
 スウェーデン王立科学アカデミーはこう締め括った。

 光の色は赤・緑・青の3原色が混じり、あらゆる色が現出する。そして全部混ぜ合わせば白色となる。
 この中の赤色と緑色の開発はすでに終わっていた。
 しかし、青色は20世紀中は不可能とされていて、このため白色は作れないことになっていた。
 しかし、三氏による努力により、それは可能となった。

 素晴らしいことだ。
 このようにして、最近のイルミネーションはほとんどLEDが使われるようになった。

 しかし、ここで、待った! がかかったのだ。
 冬の風物詩の神戸ルミナリエは東日本大震災以降LEDに切り替わってきた。
 だが、声が上がった。光が冷たい、と。
 この評判に応え、2014年からすべて白熱電球と白熱灯に戻されたのだ。

 この事実を知り、人間の感性とはなんと奥深いものかと感銘せざるを得ない。
 世の中がノーベル賞で盛り上がる中、LEDにノーを突き付けたのだから、こんな凄いことはない。

 ひょっとすれば、我々人間は【光】に対し、「ぬくもり」や「ゆらぎ」のような曖昧な要素も求めているのだろう。
 とにかく【光】は、「火」と「人」が組み合わさった漢字だから、と一応ここでは結論しておこう。



コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

15/01/03 泡沫恋歌

鮎風 遊 様、拝読しました。

始めに、「漢字一文字の旅」2014年紫式部市民文化特別賞おめでとうございます。
重ねて、「漢字一文字の旅」の書籍化をお祝い致します。
鮎風様の快挙を、私たち創作仲間として、とても誇らしく、心から嬉しく思っています。

いつも「漢字一文字の旅」で、勉強させて貰ってます。
今回の【 羊 】楽しく読ませていただきました。ずっと続けていかれることをファンとして切望しています。

どうか、今年もよろしくO┓ペコリ

15/01/05 草愛やし美

鮎風游さん、拝読しました。

ひつじ年ですね、羊の執事がとだじゃれしか思いつかない草藍です。汗
羊と山羊の違いは、私は羊毛を取ることができるのが羊、ミルクを取ることができるのが山羊だと思っていました。でも、毛を刈られたら山羊っぽいかあと、ですが、鮎風流見極めは実践できそうもありません。涙

つまびらか──聞かなくなった言葉ですね、でも、紫式部を取り上げている宇治の辺りでは飛び交っていたりするのでしょうねえ。苦笑

吉野葛ってめちゃお高いんですよねえ、全く内容に外れますが、葛と聞けば一番にそう思ってしまった私。主婦のサガか、それとも、今年もボンビーの予兆か。泣き 裏見はしない人ですので、まだ救われるかも? 自己防御?

胡散臭いは、異国人?とつっこむ私。先日、心斎橋商店街で例のpepper君に会いましたよ。大きさも日本家屋向きか小柄で可愛かったですよ、お勧めします。結構お安いそうですが、誰か買ったのかしら? スズメバチが胡蜂だなんて知りませんでした、異国の蜂なのねえ。

光、そうだったんですか、リミナリエ白熱球と白熱灯に変えたんですか、何だか、複雑な心境になりますね。震災のシンボルなのにエコしないだなんて……、良いのかしら、感性では地球は救えないと思うのは私だけ? 人間あっての地球だから、それも可なのかなあ。勉強になりました。

今年も、漢字一文字の旅、楽しみにしています、頑張ってください。連載待っています。

15/01/12 鮎風 遊

泡沫恋歌さん

ありがとうございます。

今年は【 羊 】、辛抱強く創作頑張って行きましょう。
本年もよろしく。

15/01/12 鮎風 遊

草藍さん

そうですか、心斎橋にpepper君デビューしてましたか。
どんなヤツか早く会ってみたいものです。

本年もコツコツと続けて参ります。
よろしくお願いします。

ログイン