1. トップページ
  2. 不条理を愛した妻たち ── 刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)

鮎風 遊さん

この世で最も面白い物語を見つけ出したい。 そのために、ひとり脳内で化学反応を起こし、投稿させてもらってます。 テーマに沿った個別物語の他に、いくつかのシリーズものをコツコツと書き続けさせてもらってます。 その主なシリーズものを紹介させてもらいます。  ☆❤☆❤☆ 新シリーズ 『ツイスミ不動産』 __ 2017.07.16よりスタートさせてもらいました。 カサリンとクワガタ野郎があなたが求める終の棲家を紹介いたします。  ☆❤☆❤☆ 『刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)』 __ 2017.05.21 ただ今、27話 __ 1話完結の2000文字推理小説です。この少ない文字数の中で、百目鬼刑事と部下の芹凛(せりりん)がいかに事件を解決していくか、その醍醐味を味わって頂ければ、光栄です。 これからも引き続き難しい事件に挑戦して参りますので、よろしくお願いします。  ☆❤☆❤☆ 『漢字一文字の旅』 __2017.04.04 ただ今、連載41__ 漢字にまつわるエッセイです。  ☆❤☆❤☆  『歴詩』 __歴史上の人物になりかわって、その波瀾万丈の生き様の思いを詩に綴らせてもらってます。 本作品については、フォト音(on)小説という形で、you tubeにもUPさせてもらってます。 詳細はこちらHPです。  ☆❤☆❤☆  http://ayukazeyuu.net/index.html  ☆❤☆❤☆                         よろしくお願いします。              

性別 男性
将来の夢 この世で最も面白い物語を見つけ出したい。
座右の銘 Do what you enjoy, enjoy what you do.

投稿済みの作品

5

不条理を愛した妻たち ── 刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)

14/12/06 コンテスト(テーマ):第七十一回 時空モノガタリ文学賞【 不条理 】 コメント:8件 鮎風 遊 閲覧数:1929

この作品を評価する

 神は時として、むご過ぎる夫婦の縁を結ばせてしまうものだ。
 ここに凛太郎と光輝、そしてラリと綾音という男女4人がいた。大手企業に入社し、同期として出会ってしまった。
 凛太郎は体育会系、ガッツがあり、なかなかの好青年だ。ただ野心家で、もちろん社長になることが夢だった。
 一方、光輝は男にしては色白、少しひ弱に見える。だが、その分人を押しのけてという印象はなく、ペットにしてみたいような男だった。
 そしてラリはスラリと背が高い。目がくりっとして、いかにも都会的なセンスを持ち合わせたレディ。何につけても割り切りが早く、とにかく未来に向かって歩き出すことが好みのようだった。
 そんなラリに比べ綾音は、思考もコンサーバティブな女性、何事もじっと待つタイプだった。言い換えれば、この中では一番しぶとい性格だったのかも知れない。
 これほど多彩な男女が同じフロアで一緒に働き始めたのだから、何が起こってもおかしくない。きっと神も、高みの見物と決め込んでいたとしても、興味津々であったことには間違いないだろう。

 Time flies very fast! あっと言う間に30年の時は流れた。その間に同僚という縁は形を変え、辣腕勤め人の凛太郎といつも女性パワー全開のラリは結婚した。そして凛太郎は順風満帆、役員昇進の一歩手前までこぎ着けた。またラリは退社し、アパレル会社を起業し、最近は輝くミセスとしてファション雑誌の表紙を飾っている。
 一方光輝といえば、相変わらず癒やし系。凛太郎の部下となっても別段苦にもせず、まるで春風のようにほんわかと生きている。
 そんな光輝を連れ合いとして手なずけたのは綾音。友人ラリの華々しい活躍とは別に、静かな策略家の綾音は社長秘書に抜擢され、今は権力を背に陰で会社組織を操り始めている。
 幾星霜を重ね、いよいよ4人に何かが起こりそうだ。最近こう予感する神は身を乗り出し、下界の様子をじっと窺う。そんなある日のことだった、新聞紙面に、まことにおぞましい見出しが躍った。『上司と部下、刺し違える!』と。
 その内容とは…
 某一流企業の役員候補、凛太郎とその部下の光輝は、凛太郎のマンションの一室で、凛太郎はナイフで、光輝は包丁で、互いを刺し違え、斬殺し合って死亡した。
 おどろおどろしい真っ赤な血の海、二つの死体のそばで呆然と立っていたのは、出来事すべてを目撃した凛太郎の妻、すなわち今を時めくラリさんだった。
 なぜこんな事態に? 風説によると、ラリさんと光輝とは不倫関係にあった。その現場へと踏み込んだ夫の凛太郎は、部下の光輝に妻を寝取られたと逆上し、男二人は喧嘩となった。その果てに、殺し合う修羅場と化したのだとか。そして現在、夫と愛人を同時に失ったラリさんに、多くの女性から「この災いを乗り越えて!」とエールが送られている。

「百目鬼刑事、私、どうも腑に落ちないわ」
 現場でラリに、さらに光輝の妻の綾音を訪ね、任意の聴取を終えて本署へと戻ってきた芹凛(せりりん)こと芹川凛子刑事がポツリと漏らした。これに百目鬼は「熱いコーヒーでも入れてくれ」と頼んだ。
 百目鬼はわかってる、コーヒーの香りで、部下の芹凛は推理をより深化させる不思議な女刑事だと。そして、それは的中した。湯気が立つマグカップを差し出す芹凛、香気を押しのけて熱く語り始める。
「綾音が同期の凛太郎に、光輝を、妻のラリさんから返して欲しい、とお願いしたことを話してたでしょ。これって、凛太郎のプライドを傷つけるためよ。凛太郎は腹を立て、あわよくば刃傷沙汰になることを望んでいた。つまり自分の手を汚さず、夫を殺してもらうための謀略だわ」
 こんな凄まじい推理に百目鬼はただなるほどと感心するしかなかった。さらに芹凛は続けて、
「光輝が使用したという、現場の包丁には血痕がなかったわ。確かにナイフで、光輝は凛太郎に刺された、だけど包丁で、光輝は凛太郎を刺してない。ということは、凛太郎が光輝を殺害後、ラリがそのナイフを取り上げ、愛人を殺された恨みで、夫の凛太郎を刺殺したことにならないかしら。その後ラリが床に包丁を置き、刺し違えの偽装を図ったってことだわ」

 この推理には、凛太郎の傷が包丁でなく、ナイフによるもの、その証明が必要。だが、それを待たずとも綾音には多額の保険金が振り込まれる。
 またラリの場合、夫たちは互いに斬殺した、これがもし工作できれば、多額の遺産は舞い込み、かつ世間からは不幸な妻として同情が集まる。まさに将来は盤石なのだ。
 こんな動機だが、充分あり得る事件。百目鬼は芹凛の鋭利な推理に目を覚まし、鬼の目をギョロッと剥いた。
「あまりにも不条理、遂に神は辛抱堪らず、芹凛に舞い降りたようだな。夫婦の縁を血祭で終わらせて、生き延びようとする妻たち、さっ、暴きに行くぞ!」


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

14/12/09 泡沫恋歌

鮎風 遊 様、拝読しました。

いやこれは壮絶な愛憎ドラマ風のサスペンスですね。
結局、男たちは女たちの意図するように動かされて命を喪ったのでしょうか?

だとしたら、死人にとっては何んとも不条理な結末だと思いました。

14/12/09 草愛やし美

鮎風游さん、拝読しました。

世の中に男女が一組なら問題ないのですが、二組もいては、もういけません。ああ、男女ってどうしてステディで、ずっと過ごせないのかしら。やっぱり、男女間の友情はないのかも……、せりりんさん、今回も冴えてましたね。

毎回、2千文字で推理小説、掌編でおさめてしまうのは、もったいないと思います。ぜひ、長編にして、せりりんさんと百目鬼さん活躍させて欲しいものです。

14/12/13 そらの珊瑚

鮎風 遊さん、拝読しました。

殺人事件の多くは男女のもつれとお金がらみとか?
そのふたつが巧妙にからまったこの事件を鮮やかにといてみせた
芹凛、またしてもお手柄です♪

14/12/14 霜月秋介

コーヒーを飲みながら読ませていただきました。
女とは恐ろしい生き物なのかもしれませんね。

14/12/19 鮎風 遊

泡沫恋歌さん

コメント、ありがとうございます。

ドロドロの愛憎ドラマ的に読んで頂ければ嬉しいです。
そして男は殺される。

百目鬼も芹凛も案外こういう事件が好きなようでして。
解決できそうで、良かったです。

14/12/19 鮎風 遊

草藍さん

コメントありがとうございます。

芹凛、今回も冴えてました。
2000文字内でなんとか解決するのではと。

この一話完結連載、今回で十五話となりました。
これからも続けさせてもらいますので、よろしく。

百話くらいまで行かないかなあ、…、これ、独り言です。

14/12/19 鮎風 遊

そらの珊瑚さん

コメントありがとうございます。

お陰で、芹凛がなんとか、です。
百目鬼、お前も活躍せ! と声が飛んでおりますが、
ちょっとドロドロものは芹凛の方がお得意のようでして。

よろしく。

14/12/19 鮎風 遊

霜月 秋介さん

光栄です。
コーヒー飲みながら、ぞっとして頂ければ、嬉しいです。

これからも続けさせてもらいますので、よろしく。

ログイン