1. トップページ
  2. 漢字一文字の旅 連載36

鮎風 遊さん

この世で最も面白い物語を見つけ出したい。 そのために、ひとり脳内で化学反応を起こし、投稿させてもらってます。 テーマに沿った個別物語の他に、いくつかのシリーズものをコツコツと書き続けさせてもらってます。 その主なシリーズものを紹介させてもらいます。  ☆❤☆❤☆ 新シリーズ 『ツイスミ不動産』 __ 2017.07.16よりスタートさせてもらいました。 カサリンとクワガタ野郎があなたが求める終の棲家を紹介いたします。  ☆❤☆❤☆ 『刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)』 __ 2017.05.21 ただ今、27話 __ 1話完結の2000文字推理小説です。この少ない文字数の中で、百目鬼刑事と部下の芹凛(せりりん)がいかに事件を解決していくか、その醍醐味を味わって頂ければ、光栄です。 これからも引き続き難しい事件に挑戦して参りますので、よろしくお願いします。  ☆❤☆❤☆ 『漢字一文字の旅』 __2017.04.04 ただ今、連載41__ 漢字にまつわるエッセイです。  ☆❤☆❤☆  『歴詩』 __歴史上の人物になりかわって、その波瀾万丈の生き様の思いを詩に綴らせてもらってます。 本作品については、フォト音(on)小説という形で、you tubeにもUPさせてもらってます。 詳細はこちらHPです。  ☆❤☆❤☆  http://ayukazeyuu.net/index.html  ☆❤☆❤☆                         よろしくお願いします。              

性別 男性
将来の夢 この世で最も面白い物語を見つけ出したい。
座右の銘 Do what you enjoy, enjoy what you do.

投稿済みの作品

2

漢字一文字の旅 連載36

14/11/14 コンテスト(テーマ):第四十四回 【自由投稿スペース】 コメント:4件 鮎風 遊 閲覧数:1574

この作品を評価する

 旅はなにも距離を彷徨(さまよ)うものではない。
 脳の中でも歩ける。

 旅は道連れ、世は情け。 
 皆さまからの熱い情けを受けて、連載10で煩悩の数108漢字を終えました。
 そして、連載11より再スタートさせてもらいました。
 これからも御一緒に、果てることがない旅が続けられたら嬉しいです。 

 この〈自由投稿スペース〉で、お付き合いのほどをよろしくお願いします。

 また、本エッセイは平凡社出版、著・白川静先生の「常用字解」、並びに著・白川静先生/津崎幸博先生の「人名字解」から、漢字解釈について引用させてもらってます。



連載36 睡 富 兎 味 切 鮨

36−(1) 【睡】

 【睡】、右部の「垂」は草木の花や葉が垂れ下がる形だそうな。それに目偏が付き、【睡】は瞼(まぶた)が垂れることだとか。
 そこから睡(ねむ)る意味になったようだ。

 話は変わるが、「笑」の前に「微」がつけば、「微笑み」(ほほえみ)。
 ならば【睡】の前に「微」、これは微かな睡眠で、「微睡み」(まどろみ)となる。
 女性からの「微笑み」は心をほんわかさせてくれる。一方春うらら、縁側の陽だまりで、本を読む。
 そしていつの間にかコクリコクリと微かな睡眠、つまり微睡(まどろ)む。これぞ最高の幸せ気分ということではないだろうか。

 その時、手からポトリと。
 その落とした本は、なに?
 皮肉にも、眠りを醒ましてしまうほど笑える本、「醒睡笑」(せいすいしょう)……だったら面白いだろうなあ。

 この「醒睡笑」なる本は、江戸時代初期、京の僧侶、安楽庵策伝が集めた笑話集。
 たとえばこんな話しがある。

「亀はいかほど生くる物ぞ」
「万年生くるといふ」
 分別あり顔の人、亀の子をとらへて、「今から飼うて見んものを」と言ふ。
 かたはらの者あざわらって、
「命は槿花(きんか:朝開き、夕方にしぼむムクゲの花)の露のごとし。たとひ長寿をたもつとも百歳をいでず。万年の命を、なんとして試みんや」といへば、「げにも、わるう思案したよ」と。

 要は、人の命は百歳を超えない、亀が万年生きるのをどうやって確かめるのだ、と分別あり顔の人に問い詰めると、確かにそうだなと納得した。そんなホンワカ小話なのだ。

 他に
 小僧あり、小夜ふけて長竿をもち、庭をあなたこなたに振りまはる。
 坊主これを見付け、それは何事をするぞと問ふ。
 空の星がほしさに、打落さんとすれども落ちぬと。

 さてさて鈍なるやつや。
 それほど作が無うてなる物か。
 そこには竿がとゞくまい。
 屋根へあがれと。

 こんな小話、小学生の頃に聞いた覚えがある。
 それにしても、それは約400年前の「醒睡笑」だったのか、と驚いている内に……。
 眠りを醒ましてしまうほど笑える本なのに、いつの間にかコックリコックリと、ほのかな「笑」で微かな【睡】に落ちて行く。

 こんな心地よい微【睡】みに憧れてま〜す。


36−(2) 【富】

 【富】、ウ冠の下にある字は「畐」(フク)。それは酒樽のように腹がふくらんだ器のことだとか。
 そこから「みちる」、「みたす」の意味になったそうな。

 そしてウ冠は祖先を祭る廟(みたまや)の屋根の形。
 そのウ冠と「畐」とが組み合わさった【富】、それは神への供え物が多いことを表す漢字で、豊かな意味になったとか。
 なるほど、【富】は神が関わっていたのか……と納得。

 しかし、このウ冠の【富】の兄弟にワ冠の「冨」がある。
 【富】と「冨」、どこがどう違うのだろうか?
 【富】は当用漢字。
 一方「冨」も古くから使われてきた。だが当用漢字ではなく、人名用漢字にだけに採用されている。

 とは言っても「冨」、現代でも多く使われている。
 しかし、ワ冠は単に覆う意味だとか。
 それに比べ、ウ冠は立派な屋根。
 そのため【富】の方がワ冠の「冨」より裕福だという変な説まで囁かれてるようだ。

 そうならば、富士山は?
 ワ冠の冨士山もあるぞ!
 その違いをハッキリさせろと叫ぶ輩もいることだろう。

 そこでこんな都市伝説がある。
 【富】の上の点は太陽。
 したがって太陽がある南側の静岡県側が――ウ冠の【富】士山。
 そして点がない、つまり太陽のない北側の山梨県側が――ワ冠の「冨」士山だとか。

 富士山にあまり縁のない関西人にとっては、ほんまかいなとなるが、されども、ここで……えらいこっちゃ!
 愛媛県大洲市に、正真正銘のワ冠の「冨士山」があるのだ。
 標高はたったの320m。だがツツジの名所で、別名は大洲【富】士と呼ばれている。
 そして、そのワ冠の「冨士山」の正式名は「ふじさん」にあらず。
 「とみすやま」――だそうな。

 ホッホー、日本一の「ふじさん」と呼ばないんだ!
 それにしても、ウ冠の【富】士山に迎合せず、あくまでもワ冠の「とみすやま」だぞ!
 立派、立派……、立派だ!

 いずれにしても、【富】も「冨」も、金銭的な豊かさだけでなく、そこに漢字一文字ずつが持つ意地を感じさせてくれるから、嬉しいものだ。


36−(3) 【兎】

 【兎】は、うさぎの形だとか。
 うーん、なるほど、じっとこの【兎】を眺めているとうさぎに見えてくるから不思議だ。

 さて、瀬戸内海に周囲4.3キロの小さな島がある。
 戦争中は毒ガスを製造していため、当時地図から消された島であり、密かに毒ガス島と呼ばれていた。
 そんな島に、1971年、8羽のうさぎが放たれた。その後それらは野生化し、今は700羽以上に繁殖し、生息しているとか。

 こんな話しを耳にすると……、
 終戦から烏【兎】匆々(うとそうそう)、時間の経つのは早いものだと思う。
 そして、うさぎは月を見てはらむという伝説があるが、島から月を眺め、どんどん増えて行ったのだろうなあと変に納得してしまう。

 そんな毒ガス島は今は【兎】の楽園となっている。そして年間10万人の観光客が訪れているとか。
 こういう状況を亀と【兎】の取り合わせで、「亀毛兎角」(きもうとかく)と言う。 つまり亀に毛、兎に角が生えるような、あり得ないことだった。

 このように【兎】という漢字、他の動物と組み合わさって……、例えば他に「烏」(う)と組んで、月日の意味の金烏玉【兎】(きんうぎょくう)。
 さらに鳶(とび)と組み、よく見える目とよく聞こえる耳の鳶目兎耳(えんもくとじ)となる。

 ことほど左様に、【兎】は他の動物を前に置き、毒ガス島であっても生き延びて行く、なかなかしぶとい漢字なのだ。


36−(4) 【味】

 【味】、右部の「未」は枝が茂ってる木の形だとか。
 その新芽の味が良いため、口偏に「未」が付いて、旨(うま)い味わいの意味になったそうな。

 えっ、新芽がうまいって?
 確かに柔らかいが、カイワレに空心菜など決して腹がふくれるものではないぞ。

 そんな【味】には甘味、酸味、塩味、苦味、旨味(うまみ)の5つがある。
 その中の旨味は、1908年東京帝国大学の池田菊苗教授によって昆布からグルタミン酸を抽出することにより解明された。
 他に鰹節にはイノシン酸、干し椎茸にはグアニル酸、これらも旨味とわかった。

 そして、それらには相乗効果がある。
 例えば、精進料理は昆布だしに椎茸だし、これら二つの組み合わせ。
 また日本料理では昆布だしの後、鰹節だしをとる。要はグルタミン酸とイノシン酸の合体だ。
 これで旨味は100倍増すと言われてる。

 ならば手っ取り早く、「旨味三兄弟」(グルタミン酸、イノシン酸、イノシン酸)が入った調味料はないものか?
 味の素はグルタミン酸が主のようだが、いの一番の成分はどうも「旨味三兄弟」のようだ。

 ホッホー、今度一度使ってみようかな、と思うが、得意料理は電子レンジのチン料理。
 それでも「旨味三兄弟」は活躍してくれるかな? とちょっと心配だ。

 いずれにしても【味】、元は新芽の味だったが、今はチン料理まで広がりを持った漢字で……、あって欲しいと願いたい。


36−(5) 【切】

 【切】、「七」と「刀」の組み合わせた形。
 「七」は切断した骨の形であり、これに「刀」が加わって「きる」となったようだ。

 そんな【切】に「親」が前に付いて――「親切」。
 「親」を【切】って、なぜ親切なのだろうか?
 痛いだけだろう、と言いたくもなるが。

 調べてみれば、どうも親を切る意味ではないようだ。
 「親」は「親しい」、「身近に接する」意味。
 そして、ちょっと恐いが、刃物が肌身にピタッと当てるように寄り添い、行き届くようにすること、これが「親切」だそうな。

 さて、「情けは人の為ならず」という言葉がある。
 最近は、情けをかけると、その人のためにならない、という解釈で使われている。
 しかし、原義は他人のためだけでなく、自分のために返ってくるのだから、他人には親切にしなさいという意味だ。

 そんな親切、小さな親切運動があったりするが、親切な人が多いと思う都道府県はどこか? こんな調査が2014年になされた。
 少し不愉快になる方もおられると思うが、gooランキング編集部の調査結果を思い切って転載紹介してみよう。

 親切ランキング
  1位 沖縄
  2位 北海道
  3位 青森
  4位 山形
  5位 大阪

 えっ、大阪が5位? ウッソーとなるが、大阪のオバチャンはすぐにアメちゃんくれるしね。

 それでは東京、京都は? 
 東京は10位、京都は14位。
 うん、ちょっと納得。

 それではワーストは?
  42位 鳥取、佐賀が同列。
  44位 三重と奈良が一番不親切だという。

 三重、奈良の人たち、こんな不名誉なことを勝手に報じられて怒ってるだろうなあ、とちょっと心配してま〜す。

 いずれにしても【切】、「骨」と「刀」だけに、いつも切迫してる漢字なのだ。


36−(6) 【鮨】

 【鮨】、右部の「旨」は「氏」と「日」の組み合わせ。
 「氏」は氏族が集まって食事する時の共餐(きょうさん)、この時氏族長が肉を切り分ける時の刀だそうな。
 そして、ここでの「日」はその器だとか。
 そこから器の中のものを切って食べると味が良い、そこから「旨い」(うまい)となった。

 うーん、なるほど、切り分けてもらって食べりゃ、そりゃあ嬉しいっすよね。
 そんな「旨」に魚偏がつけば、日本人が一番好む食べ物の【鮨】(すし)となる。
 まことに旨い。
 そんな【鮨】、元々中国では塩辛のこと。これが日本では「旨い魚」だから【鮨】(すし)になったとか。

 一方、同じ(すし)の漢字でも、魚を作ると書く「鮓」。
 これは魚介類に飯を加えて発酵させたもの。いわゆる「作る」であり、鮒鮓(ふなずし)、鮎鮓、鯖鮓等の「なれずし」のことだ。

 他に(すし)は「寿司」と書く。
 今はこれが一般的な字。だが、元々は祝いの目出度い席で出された(すし)、その当て字だったそうな。
 そして現代、庶民が一番お世話になってるのが回転寿司だ。

 かって大阪に立ち食い寿司店があった。
 そこのオヤジ・白石義明さんが、もっと効率的に客に寿司を摘まんでもらいたい。 そして、売上を伸ばしたいと常々思っていた。
 そんなある日、ハッと思い浮かんだ。ビール工場のベルトコンベアが。

 あっ、そうだ、これだ! とサアーと流れるコンベアをヒントに――「コンベヤ旋廻食事台」なるものを考案した。
 こうして、1958年東大阪市の布施駅北口にオープンしたのが、回転寿司第1号店の「元禄寿司」だった。

 それから12年の歳月は流れ、1970年に大阪で日本万国博覧会が開催された。
 もちろん「元禄寿司」は出店された。
 苦節ウン十年、これが大好評で、一気に回転寿司が日本中に広まって行ったのだった。

 それでは現代、多くの回転寿司店があるが、その勢力具合は?
 プチ市民として気になるところだ。
 そこで調べてみた。その結果、2014年の全国出店数調査によると、TOP5は以下のようになっている。

  1位 スシロー    377店
  2位 はま寿司    346
  3位 無添くら寿司  342
  4位 かっぱ寿司   338
  5位 元気寿司    136

 元禄寿司の1号店から約半世紀を経て、まさに群雄割拠の下克上だ。
 吾輩は函館寿司が好みなのだが、まだまだ広まっていないようだ。

 されども……、まさに【鮨】、いろいろな「魚」が「旨さ」を競ってるようだ。




コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

14/11/16 草愛やし美

鮎風游さん、今回も楽しく勉強しながら拝読しました。ありがとうございます。

微睡むなんて素敵な表現でしょう。乙女チックな微睡みは遠かりしこととなりました私です。今年の春には、リビングの椅子で転寝をして文字通り転がりまして、肋骨にひびが入り治るまで痛くて困りました、などと、笑い話にもならないことしました。大汗

富といえば、さすが富山県、資産が全国1位でしたよね、持ち家率が多いので固定資産税が凄いことらしいです。富がつくお方はきっと大金持ちかしらと考えてしまいました。富士山と冨士山、どちらもあるんですかあ、片身狭そうです冨の山……でも「とみす」って言い方素敵ですね。

兎年の私……しぶといのかも。(。-∀-)ニヒ♪

味わえるって幸せなことと感謝しています。私も人として味があるようになりたいですが、修行が足らずまだまだのまま年だけ食ってます。立派な昆布や鰹節が無理でも、小さくても味の旨みになる煮干しになれればと願って、小魚チップを食べています。(しかし、身につくのは旨みでなく脂肪ばかりですわ)

切る、骨と刀だったんですか、びっくりしました。切るのに一番やっかいなのは縁かも。ストーカー殺人とか見ると思いますね。離婚なども半端なく労力がいるって聞いています。きゅうりならすぐ切れるのになあ。←意味不明

スシローはやはり美味しいです。くら寿司も好きですが近くにないんです。かっぱはこないだ、何とかいう外食産業に吸収されましたよね、コロワイドだっけ、違った? コロガルワイドだった、それともコロコロワイルド、すぎちゃんか。←阿呆なつっこみとボケやってます。汗 コロワイドさんは「牛角」ですから、牛の角に河童がやられちゃったってこと? ですよねえ。( ̄皿 ̄)うしし♪?

14/11/19 泡沫恋歌

鮎風 遊 様、拝読しました。

回転寿司で一番旨いのは絶対にスシローですよ。
あそこの鮪は絶品ですって! 函館寿司も食べたことあるけど美味しいけど値段が高い。
スシローは安くて、旨くて、接客も良いと思う。
別にスシローの回し物ではないし、知り合いが働いてるとかないから〜(笑)

14/12/07 鮎風 遊

草藍さん

コメントありがとうございます。

なるほど、冨はちょっと片身狭そうですね。
やっぱりスシローが人気のようですね。

コロワイドね、テーブルの上にある端末から注文する居酒屋やね。
牛角もコロワイドグループになりましたね。

頑張ってはりますわ。

14/12/07 鮎風 遊

泡沫恋歌さん

コメントありがとうございます。

スシロー、近くにないんですよね。
あれば行くのですが。
スシローがない町、どんだけ田舎やねんと言われそうですが、
事実田舎なんですわ。

さあて、回転寿司食べて、まだまだこの旅は続きますので、
よろしく。

ログイン