1. トップページ
  2. 猛スピード『X』

鮎風 遊さん

この世で最も面白い物語を見つけ出したい。 そのために、ひとり脳内で化学反応を起こし、投稿させてもらってます。 テーマに沿った個別物語の他に、いくつかのシリーズものをコツコツと書き続けさせてもらってます。 その主なシリーズものを紹介させてもらいます。  ☆❤☆❤☆ 新シリーズ 『ツイスミ不動産』 __ 2017.07.16よりスタートさせてもらいました。 カサリンとクワガタ野郎があなたが求める終の棲家を紹介いたします。  ☆❤☆❤☆ 『刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)』 __ 2017.05.21 ただ今、27話 __ 1話完結の2000文字推理小説です。この少ない文字数の中で、百目鬼刑事と部下の芹凛(せりりん)がいかに事件を解決していくか、その醍醐味を味わって頂ければ、光栄です。 これからも引き続き難しい事件に挑戦して参りますので、よろしくお願いします。  ☆❤☆❤☆ 『漢字一文字の旅』 __2017.04.04 ただ今、連載41__ 漢字にまつわるエッセイです。  ☆❤☆❤☆  『歴詩』 __歴史上の人物になりかわって、その波瀾万丈の生き様の思いを詩に綴らせてもらってます。 本作品については、フォト音(on)小説という形で、you tubeにもUPさせてもらってます。 詳細はこちらHPです。  ☆❤☆❤☆  http://ayukazeyuu.net/index.html  ☆❤☆❤☆                         よろしくお願いします。              

性別 男性
将来の夢 この世で最も面白い物語を見つけ出したい。
座右の銘 Do what you enjoy, enjoy what you do.

投稿済みの作品

3

猛スピード『X』

14/10/27 コンテスト(テーマ):第六十八回 時空モノガタリ文学賞【猛スピードで】 コメント:7件 鮎風 遊 閲覧数:1779

この作品を評価する

 生物か、否、UFOか?
 その物体は新幹線のぞみ号を猛スピードで追い越して行く!

 帰宅途中の花瀬純一、スマホでニュースをチェックしていたら、こんな見出しが目に飛び込んできた。新幹線より速いヤツって、What?
 指先で記事を拡大させる。

 関西から東へと向かうのぞみ234号、午後4時前に関ヶ原辺りを走行する。最近、その車窓から奇妙な物体が確認されている。目撃者によれば、物体の大きさは3m程度。暗い空から雪原にスーッと現れ、鳥、馬、人間など様々な姿となり、キラキラと七色に輝きながら並行に飛行する。いや走り、新幹線を猛スピードで追い越して行く。その時間はたったの30秒、後は空中へと直線的に上昇し、山の方へと消えて行く。
 一体その物体は生物? それともUFOか?
 現在、撮影された写真等により専門機関で鋭意解析中だが、未だその正体は判明していない。謎はますます深まるばかりだ。
 人たちは、その物体を――猛スピード『X』と呼ぶ。

 以上の記事に読者からのコメントがある。
 捕獲して、動物園で手懐けたら?
 スーパーマンの突然変異か?
 地球滅亡の前触れかもよ。
 等々

 スッゲーなあ、俺も一度猛スピード『X』にお目に掛かりたいよ。
 純一は興味津々、もういても立ってもいられない。早速電車から降りて、「明日のデート、予定を変更させて欲しいのだけど」と陽子に電話する。
 純一と陽子、付き合い出してもう5年。しかし、未だプロポーズに至っていない。陽子はこんな煮え切らない純一に、そろそろ二人の恋を終わりにしようかと考え始めてる。そんなこともあり、明日食事後に切り出すつもりだ、もう会わずにおこう、と。
 だが、こんな重大な決意を伝えるためにはそれなりの場の流れもあるし、心の準備も必要。そのため「どこへ行くの?」と陽子が問うと、「うーん、それはね」と純一が口籠もる。長年の付き合いだ、陽子にはわかる、こういう時の純一はその後突飛もないことを口にするものだと。そこで「言いなさいよ」と陽子が母親のようにせかすと、純一は案の定言葉を詰まらせながら「猛スピード『X』というヤツを…見に行きたいんだよ」と。
 陽子は一応ニュースで『X』を知っていた。しかし、わざわざ見に行くなんて、そんな少年のような純一が可愛くもあり、その後に別れ話しをするなんて、ちょっと可哀想かもと心が揺れる。そこで思わず「いいわよ」と返してしまうが、後は「新幹線はグリーンでね」としっかりとオファーする。誘ったのは純一だ、致し方なく「うん、そうするよ」と答えざるを得なかった。

 翌朝、新幹線に飛び乗った純一と陽子、寝てる内に京都へと着いた。駅近くで時間を潰し、午後3時26分発ののぞみ234号に乗車する。
 満席だ。この盛況は猛スピード『X』のせい。純一は昨夜ネットで予約しておいたため、グリーン車の席で悠々と一眼レフカメラをセットし、すでに準備万端となる。横に座る陽子はもう開いた口が塞がらない状態。それでも駅弁を食べながら気分は上々のようだ。
 のぞみ234号は時刻通りに発車し、米原を通過した。そして一面銀世界の中を走り行く。そんな時、きっと猛スピード『X』が現れたという運転手からの合図なのだろう、ピーと警笛が鳴る。それと同時に車窓から二人が目を凝らすと、キラキラ光る物体がスーッと舞い降りてきた。
 パシャパシャパシャ、軽快音を伴わせ、純一がシャッターを切る。だが間に合わない。ヤツはそんな速さで、形を変化させながらのぞみ号を瞬く間に追い越して行った。
「ふう、速いなあ」と唸る純一に陽子が耳元で囁く。「私、あれが何なの知ってるわ」と。
 えっと驚く純一に、陽子はさらに…。
「お爺ちゃんから聞いたことあるわ、きっと、時の神のクロノスよ。時の流れがいかに速いかを人間に知らしめるために、時々現れるんだって」
 確かに、光陰矢のごとし。あれよあれよと言う間に、1日、1年、そして一生が終わってしまう。猛スピード『X』は宇宙の時を司る神だったのかと純一はどことなく納得できる。
 そんな時に陽子が寂しそうに、「私たちが過ごした時間も、一瞬だったね」と呟いた。この嘆きを耳にした純一、もう堪らない。
「俺たちの縁を永遠にしよう、だから陽子…結婚して欲しい」
 ついに純一からのプロポーズ。これに陽子は無言で深く頷くのだった。

 二人が乗車したのぞみ234号、その後、東京へと順調に快走を続けるはずだった。
 しかし、その途中――忽然と、丸ごと消えてしまった。
 一体どこへ?
 猛スピード『X』、つまり時の神は二人の願いを叶えてやろうと、宇宙の果てへと線路のポイントを切り換えたのだ。
 今も二人はのぞみ234号で、決して終着駅に辿り着かない旅を楽しんでいるとか。そんな噂が世間では最近囁かれてるようだ。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

14/10/27 鮎風 遊

みな様へ

表紙の写真は
GATAG|フリー画像・写真素材集 4.0
著作者: theodore moniodis
ライセンス: クリエイティブ・コモンズ
表示 - 継承
ID: 201311272200
からお借りしてきました。

よろしく。

14/10/29 草愛やし美

えっ!? このラストですか、旅が終わっていないまま二人は宇宙の果てまで行ってしまたままなのですね。「なかなか、着かないね」「いいじゃない、ゆっくりできて」などと会話しているのでしょうか。笑

鮎風游さんの摩訶不思議な世界に紛れ込んだ純一と陽子さん、それに読者たち、時の神は早すぎて時間を忘れさせてしまう力があるのでしょうか。ぜひ一度、お会いしてみたいものです。

14/10/31 そらの珊瑚

鮎風 遊さん、拝読しました。

猛スピードX、都市伝説の類かと思いきや…
二人の時間は永遠になったのですね。
今頃どこの星めぐりをしているのでしょう。

14/11/03 泡沫恋歌

鮎風 遊 様、拝読しました。

なんだか不思議な猛スピードXですが、純一と陽子の恋のキューピットになったようですね。
しかし、宇宙の果てにポイント切り替えられたら、戻って来れないでしょう?
その後、二人がどうなったのか、気になるところです。

14/11/09 鮎風 遊

草藍さん

コメントありがとうございます。

二人は宇宙の果てまで、終わることのない旅にでました。
こういうのにも憧れてます。
ずっと新幹線で寝泊まだから、ちょっとしんどいけどね。

14/11/09 鮎風 遊

そらの珊瑚さん

コメントありがとうございます。

まあ都市伝説の一つでもありますが。
今頃はさそり座辺りかな。

14/11/09 鮎風 遊

泡沫恋歌さん

コメントありがとうございます。

心配ご無用です。
二人駅弁食べながら、果てしない旅を楽しんでおります。
こんなツアーがあればいいのですが。

ログイン