1. トップページ
  2. 装着パニック! 水泳部男子!

タックさん

何を書いても平凡なのが悲しい。

性別 男性
将来の夢
座右の銘 明日の自分に期待は持たない。

投稿済みの作品

2

装着パニック! 水泳部男子!

14/10/20 コンテスト(テーマ):第六十七回 時空モノガタリ文学賞【 秘密 】  コメント:4件 タック 閲覧数:1398

この作品を評価する

「堺くん、何をしているのだ。早く着替えたまえよ。本番はもう、間近に迫っているのだぞ」
「あ、ああ。分かったよ、部長。今、着替えるから。ちょっとだけ待って」
――僕は、本当に焦っていた。自身の置かれた、比類なき状況にである。

ここは、水泳部のせまい部室。男子水泳部の面々が集まり、熱心に議論している場面である。水泳部は僕以外の全員が水着に着替え、あるイベントの出番を待っていた。そのイベントとは、新入生のための部活動紹介。新入生の前で部をアピールし、入部を誘うという一大イベントのために、我が水泳部は部室に集っていたのである。面々には、非常に気合が入っていた。それもそのはず。水泳部には僕を含めて部員が三人しかおらず、アピールの出来次第では廃部の危険すらあるがゆえに、「僕以外」の部員は、真剣に意見を出しあっていたのだった。そう、「僕以外」の、部員は。

議論に口角泡が飛ばされるなか、僕は部長たちから離れるように、部室の端に陣取っていた。
話し合いに加わるどころか、輪に入ることもない、体たらくだった。
それはなぜか。理由は、僕のTシャツの下にある。正しくは胸に起きた「異常」により、近寄ることさえできなかったのだ。

隠れるようにTシャツの首部分をめくり、胸を見つめ、重く息をはく。
胸に装着された「それ」が、僕の挙動をおかしくさせていた。

――ブラジャーだった。おそらくは姉のものであろう純白のブラジャーが、僕の胸には着けられていたのだ。原因も理由も、分かることはなく。

これは、覚えのない秘密を胸に抱かされた僕の、一つの真実の記録である。



白熱する部室。僕は考えていた。いかにして、この苦境を乗り越えるか。いかにして、正常な男子へと返り咲くか。人生で一番に、脳を使ったほどだった。

そのフル回転により、僕は「危機から脱却するための解決リスト」を構築していた。以下二つは、実用性が低いために廃棄したものである。

1、最後まで部室に留まり、着替える→部長はカギの管理に命を燃やしている→カギを貸してくれない→痴態を晒すはめに。

2、部活動紹介をサボる→残るのは二人になる→見ていて非常に痛々しい→廃部。

そうして取捨選択を行い、僕は最も現実味が高いと判断した「トイレに行くふり」を決行したのだが……。

「ほ、本当にお腹痛いんだって! トイレに行かせてよ!」
「駄目だ駄目だ! 我々の『アッピール』を成功させるには、細密で綿密な準備が必要となるのだ! 排泄は本番が終わり次第、存分に行うがよかろう! さあ、早く服を脱ぎ、『アッピール』の訓練をしたまえ! はっはっは!」

作戦はあえなく失敗。取りあえず羽織ったワイシャツの袖をつかまれ、その場に留まらされたのである。(緊急措置として体前面を押さえたため、ばれることはなかった。賢明な判断である)

次に実行したのは「服を着たままのブラジャーの排除」だった。……しかし、これが失策だった。慣れない行動で動作が大きくなったことで、二人の注目を無闇にあおることになったのだ。その結果、僕には最大の危機が訪れた。しかし、本当の危機はそこになかったのだ。伏兵が、思わぬところから現れたのである。

「おや、堺くん。服を脱ごうとしているのか? ……ふむ。体調の悪いせいか、どうも緩慢に過ぎるな。よし、手伝ってあげよう!」
「い、いや! 大丈夫! 一人で、できるから!」
「はっはっは! 遠慮するな! 僕と君の、仲ではないか!」

そうして、退路を断つ形(両手の鷲のごとく広げた形)で接近してきた部長により、逃げ場は失われた。僕は冷や汗を流し、思わず覚悟を決めたのだが。その際。

僕の耳に届いたのは、部室の外を駆ける足音だった。そしてドタバタと入室してきたのは、部の顧問である恵子先生だったのだ。彼女はドジで名高い、二年目の若手教師だった。その彼女が、突然に入室してきたのである。――両腕になぜか、水を満杯に湛えたボールを抱えて。

「ねえ、みんな! 考えたんだけど、『息止めデモンストレーション』ってどうかな? 結構、いいアイディアだと思う……、キャッ!」

そして、僕には大量の水が降り注ぎ。驚いた僕は、手を放してしまい。

「……堺くん。それは、なんだ? その、透けているものは?」

ブラジャー着用は、明かされたのだった。……だが、事態はそこに収まらなかった。さらなる発展を見せたのである。

「自らの性癖を新入部員に披露するとは! 何と言う、心意気か!」

そう、多大なる勘違いをした部長により、僕はブラジャー姿のまま『鍛えぬかれた体によるポージング』なるものを体育館の壇上で無理やりに行わされ、そしてその行動が、一学年上の姉の耳に届き。

「ブラジャーマン」なる称号と、家族の冷たい視線を、僕はめでたく拝受したのだった。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

14/10/23 夏日 純希

こんなに夢のない透けブラに出くわしたのは初めてですよ(笑)
姉のいたずらかな? いやいや、自分の下着を弟につけるとかないですよねぇ。
となると、二重人格か!? 最後、調子にのってポーズとっている所からして、きっとそうですよね。・・・と僕の中では結論づけられました。
チャン、チャン。

14/10/25 タック

OHIMEさん、コメントありがとうございます。

会社でまでお読みいただけるとは嬉しい限りです! そのわりに、あまりにくだらない話ですいません(笑)
でも、なぜか思い浮かんでしまい……、頭から離れなくなってしまい……、書いてしまった所存です。楽しんでいただけたなら、幸いです。お読みいただき、ありがとうございました。


ちなみに、蛇足ながら裏設定といたしましては、酔っぱらったいとこ(三十才女性)が彼の寝ているうちに彼に装着させ、彼はそのまま気づかずに登校してしまった……、という感じに考えておりました。まさに、後の祭りでありますね。ふふふ。

14/10/25 タック

夏日 純希さん、コメントありがとうございます。

いや、おっしゃる通りですね。一ミリも嬉しくない透けブラであります。男子生徒にブラジャーが着けられ、その理由もわからず、右往左往……、というのがどうしても書きたかったので、こんな感じになってしまいました。読み返すと粗も多く、うーん、といった様相ではありますが、まあ、こんなものかな、と、一種の諦めをもってこの作品を受け止めております。お読みいただき、ありがとうございました。

彼のブラジャーは酔ったいとこ(三十才女性)に就寝中に無理やり、着けられたものではありますが、どうでしょう、彼にも、ちょっとは楽しい部分もあったのではないでしょうかね。強引とはいえ、新入生の前でポーズも決めてますし。「そちら」の素養も、多分あるんでしょうね。幸か不幸か。

ログイン